茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

公開セミナーに参加しました

何度か申し込んで、ようやく当たった公開セミナーに参加しました。

「6羽のかもめ」
ゲスト 淡島千景 倉本聡 嶋田親一
司会  石橋冠

フジテレビ 1974年(昭和49年)26回連続ドラマ 
団員の脱会で6人に減ってしまった劇団かもめ座のメンバー達が、
芸能界で苦労しながらも生き残っていこうとする姿や、
テレビ業界や芸能界の内幕を描いた衝撃の作品。
最終回の《さらばテレビジョン》では、
国民の白痴化を防ぐために政府がテレビ禁止令を出すという劇中劇が中心になり、
クライマックスで、山崎努演じる放送作家がカメラに向かってテレビへの愛情と失望を叫ぶ。
圧巻!

大宅壮一の一億総白痴化の言葉は、この頃だったでしょうか。
第2話と最終回が上映されたのですが、
テレビ業界の裏側を、時には実名で実際の出来事が描かれているそうです。
喜劇風に始まり、やがてじわじわと涙が滲んで来る倉本ワールドに
どっぷりと浸かった3時間30分の長い時間でした。
e0143690_17562622.jpg
e0143690_17563498.jpg
e0143690_17564563.jpg

出演者の懐かしい名前がずらりと並んでいます。
加東大介 中条静夫 淡島千景 大滝秀治 桜むつ子 斉藤晴彦 柳生博 等々。
俳優時代の蜷川幸雄を始めて見ましたが、それぞれに37年の月日が過ぎたことを感じます。

時間を30分もオーバーして外へ出ると、日本大通りは美しい夕暮れの街になっていました。
e0143690_187171.jpg
e0143690_1872774.jpg

e0143690_1881141.jpg
e0143690_1882216.jpg







10年近く前に買った厚紙が出てきました。
手製のハガキにしてみましたが、さて誰に出す便りになるのでしょう。
e0143690_18182341.jpg

[PR]
Commented by MOM at 2011-02-27 20:37 x
淡島千影さん大好きです。
少しかすれたような声と優しい瞳。
とても上品な方ですね。

加藤大介さんも好きです。
鬼平犯科帳に出ていらした時の加藤さんが一番好きでした。

夕暮れの写真どれも好きですが、絵葉書の上の写真がとても好きです。
切り絵のようですね。

こんな素敵なはがきが届いたら嬉しいでしょうね。
Commented by 松風 at 2011-02-27 20:56 x
MOMさん、こんばんは~。
宝塚から映画界に入ってころの淡島千景さんは、
輝いてスターの名がぴったりの人でした。
今は上品に落ち着かれていますが、
さすが女優さん、とてもお歳には見えませんでした。
加東大介さんは、このドラマが最後の作品になったそうです。
あの丸くふくよかな顔が精悍な顔つきになって、
裏側では苦痛をこらて演技していたようです。

この時間に横浜を歩くことはありませんが、
とてもきれいに見えて驚きました。
まだ薄明るい通りに、街灯の緑がうっすらと素敵でした。
Commented by reiko-pink-rose at 2011-02-27 21:47
こんばんは☆
思いがかなって良かったですね(^^♪
いろいろドラマの裏側や作品についての奥深いお話が
聞けたのでしょう・・・(^^♪
タイトル見ていたら、ほとんど見ていたドラマで
懐かしいです~
夢千代日記、阿修羅のごとく、北の国からなど
好きでした。松風さんならずとも何度もハガキ出したく
なりますよね。阿修羅のテーマ曲・トルコ軍楽も思い出し
ました。
素敵なお花のハガキ作られましたね。ポストに見つけたら
心踊りますね♪
Commented by dream at 2011-02-27 21:49 x
3時間30分、見応え充分なセミナーよかったですね。
外へ出ても余韻を引きずりながら素敵な夕暮れとともに
家路に・・・。写真、素敵ですね!絵はがきも。
Commented by 松風 at 2011-02-27 22:56 x
reikoさん、こんばんは。
数年前に一度当たったのですが、それ以来いつもボツ。
今回は倉本さんの作品がテーマでしたから、嬉しかったですね。
若干39歳で書かれたドラマだそうですが、
よくもまあ、テレビ局が放映したものと、
感心するほど衝撃的な作品です。
私は、2,3回見た記憶があるのですが、殆ど覚えていません。
倉本聡という男性、大したものです。

Commented by 松風 at 2011-02-27 23:03 x
dreamさん、こんばんは。
話も面白く楽しいセミナーでしたが、
時間が長いことは、腰が痛くなって苦痛でもありました。
夕暮れの横浜は思いのほかきれいで、
帰るのが惜しいほどでした。

ハガキは古い紙の整理で作ってみました。
Commented by yamabousi801 at 2011-02-27 23:17
松風さん、こんばんは~♪

なかなか良いセミナーに参加されましたね~
私も他のことでここには行ったことがあります。
どっぷり日が暮れた写真は素敵です。
それにしても俳優さんの若かりし頃のお姿、懐かしく拝見しました。(^o^)丿
Commented by fuchan_k at 2011-02-28 12:43
こんにちは。
いつも、何かを学ばれようとされていることに
ただただ、頭が下がります。

少し暖かくなると、夕暮れの中を歩かれるのも、いいですね。

昨日はお出で頂いたのに、タイトルだけのUPをお見せして
大変 失礼いたしました。
Commented by 松風 at 2011-02-28 16:24 x
yamabousi801 さん、
こんにちは。
情文センターはご存じだったのですね。
とても気楽なセミナーでしたから楽しめましたが、
時間が長すぎて腰が痛くなりました。

俳優さんたちの若かい頃の写真は懐かしですが、37年前は私も若かった~。(笑)
Commented by 松風 at 2011-02-28 16:43 x
fuchan_kさん、こんにちは。
今日の冷たさは、一体何でしょうね。
朝からストーブをつけたままですが、
灯油代が嵩んで頭が痛くなります。

偉そうにセミナーに参加などと書きましたが、
昔の映画を見たさと、倉本さんを見たさ一心のミーハーですよ。
私などのために頭を下げるなど、
得なことは何一つありませんから。
大スター淡島千景さん、お若くしていましたが、
大正の生まれとか。
倉本さんも体調が悪いのか杖を使っていましたね。
神奈川県は禁煙で、本当は来たくなかったと笑っていました。
ヘビースモカーらしいですね。
37年、わが身を振り返ると、
今の娘よりいくつか若かったとに愕然としました。

昨夜は大変失礼しました。
Commented by suirenn2 at 2011-03-01 10:43
おはようございます。
中々面白そうなセミナーですね。
考えてみるとテレビとも長~い付き合いになりますね。
テレビがなかった時代があったのが嘘みたいです。
3時間以上も・・・・・かなりの内容の濃さだったでしょうか。

夕暮れの情景が素晴らしいですね。
横浜も暫く行っていないので気持ちがそそられます。
Commented by kawazukiyoshi at 2011-03-01 20:54
懐かしい名前が、ずらーっと。
いい時代でしたね。
今日もスマイル
Commented by 松風 at 2011-03-02 09:03 x
suirenn2 さん、おはようございます。 
テレビ局の裏側の事情もちょっぴり覗くことが出来て、
ミーハー根性で申し込んだ私には楽しい時間でした。
倉本聡さんは想像した通りの方ですが、
このドラマを演出した嶋田親一さんが、
なかなか味のある面白い方で、退屈しない3時間半でした。
ドラマの中の淡島千景さんと、目の前のご本人を見ながら、
37年の時間が過ぎたことを感じましたね。

この時間に歩くことがない横浜は、
どこか知らない街のように思われました。


Commented by 松風 at 2011-03-02 09:10 x
kawazukiyoshi さん、おはようございます。
懐かしい役者さんの名前を見ながら、
この中の何人かが、あちらの世界へ行かれて、
長い年月がたったことを思いました。

私もまだ若く、子育てに奮闘中でした。
Commented by chiyoko-mimi at 2011-03-02 21:19
懐かしい役者さんの名前が^^
最近、時代の過ぎ去る速さを感じています

紙の再利用素敵です
Commented by andante61 at 2011-03-02 22:15
s49年のドラマなのですね。
3時間30分、見応えがあったことでしょうね。
夕暮れのお写真、きれいですね~。
葉を落とした木々も本当にきれいです。
あっという間に素敵な桜のハガキの出来上がり。
私には、マジックみたいです!!
Commented by 松風 at 2011-03-03 07:48 x
chiyoko-mimi さん
おはようございます。
懐かしい名前も、何人かは見られなくなりましたね。
当日は2本だけ見ましたが、
37年前はみんな若かった~と感じました。

10年前の紙も、何かしら出来るものですね。
Commented by 松風 at 2011-03-03 07:58 x
andante61 さん
おはようございます。
昭和49年ごろは子育ての最中で、
テレビをゆっくり見ることもなかったように思います。
内容の濃いドラマを見て、その後のゲストの話が弾んで
3時間半、座っていることは、かなりきついものですね。
夕暮れ間近い横浜の街は、ロマンチックなものでした。

古い厚紙は何のために買ったのか解らないのですが、
捨てるには惜しいとハガキにしましたが、
決して難しいものではないのですよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by slowlifek | 2011-02-27 18:23 | 言葉 | Comments(18)