茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

春 遠からじ

先日、歳下の友人から「年寄の冷や水」とからかわれ、

一寸むっとしながら ことわざの本をめくりました。

  
   
   
   

   【ことわざの知恵】   岩波書店辞典編集部によると

「年寄のくせに生水なぞ飲むと腹をこわすぞ」 と。


ついでにめくった他のページで

今の季節にぴったりの言葉が外国産だったのです。

  ≪冬来たりなば春遠からじ≫

キーツ、バイロン、シェリーなど、

さすがにかっての旧制高校の生徒ほどに好む人は少なく古めかしい感じがする。

いずれも十八~十九世紀のイギリスロマン派詩人。

このことわざは、そのシェリーの「西風に寄せる頌歌」(「西風の賦)とも)の結びの句。

winter comes, can spring be far behind? の翻訳。

厳しい冬が来れば春はすぐその隣、人生の厳しい冬もいつまでも続くわけではなく、

希望に満ちた未来がすぐ後ろに控えているというわけ。

「夜明け前が一番暗い」という。

やはりイギリスの十七世紀のことわざとも一脈通じるところがある。


日本の古いことわざにも

「夜まさに明けなんとして益々暗し」 があり、

どちらにも朝が必ず来ることを踏まえたうえで、夜の暗さを言っている。

すなわち「朝の来ない夜はない」。

e0143690_7332615.jpg

こんな川べりを歩きますと
e0143690_7361186.jpg

偶然にカワセミが
e0143690_7372952.jpg

e0143690_7383170.jpg
e0143690_7383941.jpg

e0143690_839277.jpg




 
  
[PR]
Commented by MOM at 2013-02-25 09:01 x
今朝は庭にうっすら雪が積もっていました。
すぐに溶けそうな雪ですが、とても寒いです。

カワセミはとても綺麗な鳥ですね。
慌てん坊の私は白い大きな鳥が先に目につき”ん?”と思いました。

私はみすゞ飴よりお皿が気になりましたよ(*^笑^*)
Commented by takisann2000 at 2013-02-25 10:13
こんにちは
茅ヶ崎にも探せば自然が沢山残っているんですね。
此処はゴルフ場に隣接する水路でしょうか?

今頃は早咲きの桜がチラホラしているのですが、今年は遅いですね。
≪冬来たりなば春遠からじ≫
ストーブの前で体をかがめながら春の訪れを心待ちにしている今日この頃です。
Commented by EPOM at 2013-02-25 14:02 x
松風さん
カワセミとサギ? とっても良い具合にポーズをとってくれましたね~
水面に映る姿もまたすこぶる美しいです。
さて はい記憶にあります
「おお風よ 冬来りなば 続かん春も 遠からじ」

Commented by 松風 at 2013-02-25 14:35 x
MOMさん、
日本列島はほんとに長いですね。
北国は猛吹雪で荒れ狂ってているのに、
こちらは快晴でお布団がよく乾きました。
中ほどの御地はまばらな雪模様とか、、、

人気のない川に遊ぶシラサギを撮って来ましたら、
パソコンの中にカワセミが映っていました。
近くならば良く撮れたはずなのにと、残念です。

お皿? 何かのお返しだったと思いますが、
軽くて扱いやすいので重宝しています。
みすずあめは昔から大好物なのですよ。
Commented by 松風 at 2013-02-25 14:47 x
takisann2000さん
今はご自宅ですか。
茅ヶ崎はまだまだ開発が遅れて自然いっぱい、
それがいいのか、悪いのか解りませんけど。
海側からさかのぼってゴルフ場の上でした。

今年のサクラは遅いようですが、
去年の今頃大雪が降ったのですよ。
まだ当分、灯油を切らせませんね。
Commented by 松風 at 2013-02-25 14:52 x
EPOMさん、
水面に写るシラサギを撮っていたのですが、
偶然カワセミが入ってくれラッキーでした。

さすがEPOMさん、
シェリーの詩はご存知でしたのね。
私は、万葉の時代からある諺とばかり思っていました。
これからシェリーを検索してみましょう。
Commented by hohsi at 2013-02-25 16:02
春の日差しを思わせる景色の中でサギもカワセミも
喜んでいる風に見えて・・・嬉しくなります、
青森の酸ヶ湯温泉地では建物の3階ほどにも達する積雪とか !
でも時季が来れば解けるのです、
諺って大好き・・・春はそこまで (^_^)/
Commented by すいれん at 2013-02-26 09:29 x
おはようございます。
2月ももう終わり・・・・・
3月、弥生の声をきくと気分的ながら春を感じますね。
まだまだ寒い日もありますけどね。

お写真の様子から春めいた長閑さが感じられます。
水鳥も寒そうではなくのんびり寛いでいるように見えますね。
カワセミ、ゲット、凄いじゃありませんか。
偶然でもないと撮れない鳥ですよね。

PCでの大仕事はもう済まされのですか?
Commented by 湘南ジージ at 2013-02-26 11:04 x
湘南シーサイドCCの近所かな?
時々この辺りをチャリンキングしています
春遠からじ・・・とは云うもの 低温注意報が発令の毎日です。
Commented by 松風 at 2013-02-26 11:21 x
hohsiさん
お日様の顔が見えれば少々の冷たさは我慢できるものです。
大雪で苦しんでいる地方の方には申し訳ないような
快晴が続いています。
おかげで加湿器とマスクが離せませんけど。

来ない春はない、、、ですね。
Commented by 松風 at 2013-02-26 11:27 x
すいれんさん
なんだかだと言いながら、もう2月もおしまいですね。
梅が薫はずです。
やはりお彼岸までは寒さがぶり返すのでしょうか。

このカワセミにはまったく気がつかなかったのですよ。
偶然の産物でした。

はい、ようやく私の責任は終わりましたが、
神経を使う仕事は、もう駄目ですね。
Commented by 松風 at 2013-02-26 11:32 x
湘南ジージさん、
はい、その近く小出川沿いを上流目指して歩きました。
水鳥を探しながらの歩きにはよい所ですね。

昨年の2月29日、こちらでは大雪でしたね。
嬉しくて外へ飛び出しましたが、
今年はどうなりますか、、、、

Commented by fuchan_k at 2013-02-26 15:02
こんにちは〜!
諺の使い方も、難しいですね。^^*

シラサギさんに負けじとカワセミさんまで。
美しいですね〜。
ウォーキングのご褒美にしては、豪華すぎます。
Commented by 松風 at 2013-02-27 03:50 x
fuchan_k さん、おはようございます。
年寄の冷や水などと本当のことを言われると、むっとする私は
>憎まれっ子、世に憚る< ことになりそうですね。

でも、セイレンケッパク ヒンコウホウセイに生きていますから、
神様が豪華なご褒美をくださったのでしょう。(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by slowlifek | 2013-02-25 08:05 | 言葉 | Comments(14)