茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ハマの道路絵タイル

むかし 田舎娘は親戚が多く住む横浜に憧れて

横浜に住むこと、それを結婚の条件として横浜の住人になりました。

幸い、夫となった人は生粋の「ハマっこ」

当時はまだ珍しかったジーパン姿で

伊勢佐木町やら本牧の海 金沢八景など連れ回してくれました。


ネットを調べていましたら懐かしい写真がありましたので拝借して。

昭和33年ごろの桜木町駅前 記憶が薄れていますが、こんなだったのですね。
e0143690_21103674.jpg


紆余曲折あって今は湘南に住みますが

横浜は忘れがたく折に触れて「ハマ散歩」を楽しんでいます。

e0143690_21205010.gif


横浜は道路を彩る絵タイルと街灯が美しい街です。

デジカメを持つようになってからは

行き交う人を煩わしいと思いながら目は下に上に。

いつ撮ったのか 何処で撮ったのか、整理が悪くて解らなくなってしまいましたが

何年も撮りためてあったものです。


日本大通りですね。
e0143690_2111850.jpg


桜木町駅ホームで見つけました。
e0143690_21112231.jpg


これは関内駅前ですね。
e0143690_21114191.jpg

絵タイルを探して、どこをどう歩いたのでしょうか。
e0143690_21115856.jpg
e0143690_2112420.jpg


多分 アメリカ山辺りと思います。
e0143690_21122899.jpg

[PR]
Commented by ねこじゃらし at 2013-10-12 22:36 x
なんて素敵な街なんでしょう!
こんなお洒落なタイルが貼ってあるのですね。
探して眺めて歩くだけで凄く充実して楽しそうです。
赤い靴のタイルは「赤い靴、履いてた女の子~♪」の唄にある赤い靴でしょうか?
確か横浜の異人さんに連れられてとあったような気がするのですが?
薔薇も素敵ですね~(*^^*)
Commented by すいれん at 2013-10-12 23:11 x
こんばんは。
初めて横浜の街を歩いたのは中学生の時でした。
もう記憶も薄れているのですが、山下公園あたり、
いかにも港町といった感じ、華やいだ感じはなかったような?
近年ですよね、発展して華やかに賑やかになったのは・・・・。
でも、独特の雰囲気のあるいい街ですね。

そう、タイルが目をひきますね。
それにしても、コレクションがいっぱいですね。
今度私も気をつけて見ることにしましょう。
バラは見事ですね。


Commented by time2022 at 2013-10-12 23:26
横浜らしい絵タイルがいっぱいですね
学生の頃元町に行けば中華街、山下公園そして本牧はよく行きました
あの異国情緒に憧れました
外人墓地まわって港の見える丘公園に行って…
あ~話が止まりません…ლ→ܫ←ლ~♥
素敵な思い出がいっぱいです
Commented by EPOM at 2013-10-13 04:25 x
松風さん
私が暮らした横浜は鎌倉との境目で
鎌倉街道の横断歩道を渡るともう鎌倉市
ですから横浜はちょっと遠いと思える距離でした
ランドマークが出来たばかりのころは好んで出かけて行き
ハイカラさを楽しみました
関内から歩く古い建物の林立する そこが横浜なのですね。
縁あって鎌倉に住むことになって十数年
「良かった!」とは実感です。
Commented by jarippe at 2013-10-13 06:38 x
今 藤沢にいる娘が長い事横浜にいたので
何度も行きました タイル懐かしく思います
・・・・・その頃は娘も私も若かったー
Commented by 松風 at 2013-10-13 07:06 x
ねこじゃらしさん、おはようございます。
大都会になった横浜の一部だけですが
モダンでおしゃれな街になりました。

赤い靴の女の子は実際には、異国へ渡ったのではなく
東京の孤児院で病死しているようです。
不幸な生い立ちの少女だったのですね。
ご興味がおありでしたらネットで検索出来ますよ。
Commented by 松風 at 2013-10-13 07:21 x
すいれんさん、おはようございます。
横浜はよくご存知でしょうね。
親戚がいましたので、
小さいころから横浜へ遊びに来ていましたが
何もない田舎の町でした。
戦後の復興は目を瞠るばかりですが、
やはり駐留軍の基地となっていたこともありましょう。
横浜駅周辺などは閑散として、
「ざきブラ」といって伊勢佐木町だけが賑わっていましたね。
みなとみらい周辺は一面の海でした。

バラのタイルは多分アメリカ山辺りで見たのだと思いますが
定かではありません。
ご覧になる機会がありましたら、教えてくださいね。
Commented by 松風 at 2013-10-13 07:30 x
time2022さん、おはようございます。
いい思い出がいっぱいおありなのですね(*^。^*)
東京からでしたら直ぐにでも来られるところ、
若い人には憧れの地でもありましょう。

観光コースには入らないと思いますが
本牧へもいらしたとは、、、、
米軍が引き上げるまでかまぼこ兵舎がずらりと並んで
そんなことも珍しく見えたものです。
ジャズ喫茶なるところも初めて連れて行ってもらい、
田舎娘はうきうきしたことでした。
Commented by 松風 at 2013-10-13 07:41 x
EPOMさん、おはようございます。
港南台辺りにお住まいでしたね、
私も杉田でしたが、その頃はまだ田舎もいなか、
ヘビが出るような地でした。
京浜東北線が大船まで延長されることで、
あの美しい海は埋め立てられました。
中心地へ出る便利な路線になって利用していますが
昔を偲ぶ縁はなくなってしまいました。
しかし、館内周辺の古い建物はぜひ残してもらいたいですね。
Commented by 松風 at 2013-10-13 07:50 x
jarippeさん、おはようございます。
そうでした、お嬢さんが藤沢にお住まいでしたね。
横浜はよくくご存知のことでしょう。
関内駅から山下公園へ歩くとき
特にイチョウの葉が落ちるころは
モダンでおしゃれな雰囲気が漂う街ですね。

絵タイルもご覧になっていたのですね、
何処の地にもありますが、独特のハイカラさを感じます。
>・・・・・その頃は娘も私も若かったー などと。。。。
私など どうすればいいのでしょう(~_~;)
Commented by ねこじゃらし at 2013-10-13 09:16 x
「赤い靴」の都市伝説、読んできました。
今まで何気に歌ってきた童謡もいろんな説があるのですね!
散歩しながら、つい童謡を口ずさんでいる時があるけど深く考えると怖くなりますね。
Commented by MOM at 2013-10-13 13:23 x
娘が東京に住んでいた時何度か横浜に行きましたが、いつも週末だったのですごい人ごみでした。
地面を見ながら歩くこともできなかったので、タイルに気がつきませんでした。
いつか行ったらじっくり上も下も見ながら歩くことにします。

童謡って調べるとちょっと怖いと感じるものがあるのですよね。
知らない方がよいこともあるってことですね。
Commented by 松風 at 2013-10-13 14:20 x
ねこじゃらしさん
早速お調べになったのですね。
女の子の像は童謡から有名になったので、
むしろ東京や静岡にある像が本来の姿ではないかと思いますね。
諸説ありますが、今になれば
どれが本当なのか知る人もいないのではないでしょうかね。
童謡や童話は得てして残酷になることもありますね。
Commented by 松風 at 2013-10-13 14:31 x
MOMさん、
横浜も観光コースを訪ねれば混雑しているのも仕方ないでしょう。
鎌倉と同じで、少し調べれば静かで落ち着いた名所があります。

絵タイルなど見て歩く人は少なく、
むしろ変わり者の部類に入るのでしょう。
地方都市にもそれぞれ意を凝らしたタイルがありますよ。
京都奈良などには当然あると思います。
そういえば松本でもお城のタイルを見ましたね。
Commented by yuriazami at 2013-10-13 18:42
こんばんは
横浜はおしゃれな街というイメージがあります。
絵タイルのデザイン 可愛いですね。
前に2度ほど訪れた街ですが
下を向いて歩いていませんでしたから見逃しました(笑)
Commented by 松風 at 2013-10-14 06:23 x
yuriazamiさん、おはようございます。
関内地区はモダンな街並みで
人通りが少ない日の散歩は楽しいものですが
休日やイベントのある日などは人の背を見るだけになりますね。
人を押し分け押しのけてタイルや街灯にカメラを向ける
「変なおばさん」がいます。
上下だけ見て歩いていますから、風景は目に入らないのですよ。(笑)
Commented by fuchan_k at 2013-10-14 10:39
風景も、50年という年月には勝てませんね。
横浜駅の東西も、草むらのような所がありませんでしたか?

絵タイルを見ながら歩くのは楽しいですね。
でも、大勢さんが歩いている所では、じっくり!という訳にもいきません。
今日あたりは絶好のお出かけ日和なんですけど・・・。^ ^;
Commented by hohsi at 2013-10-14 17:21
松風さん
今回の旅はおかげさまで気持ちの中で有意義でした
旅のブログの〆は関内馬車道にしました、
風もかなり吹いてきていましたから少し落ち着かない面持でしたが
歩いた事が無かったので降りて見ました、
見たい場所もさーと通り過ぎた感はありますから
又行って見たい場所に成りました。
母がよく口にしていた駅名・町名を通りすがりに目に入ると
その文字だけで懐かしさが溢れました、
「北仲通」はよく聞いていました。
そして帰ってから写真を引っ張り出して見ると・・・
野毛に博覧会が開催された時に遠足で行った記念写真がありました。
 こうしてお話していると又行きたくなってきます。
Commented by 松風 at 2013-10-14 23:07 x
fuchan_k さん、こんばんは。
50年以上が過ぎましたね~。
長いようであっと言う間の50年、
東口には崎陽軒意外は記憶がないのですよ。
西口などまだ高島屋もないころ、
それでも横浜の名に憧れていました。
そういえば、葦が生えていたような記憶があるのですが
草叢でしたか。
すっかり様変わりした浜の道を
絵タイルと街灯を見ながら歩くのは
私には憩いの時でもあります。
Commented by 松風 at 2013-10-14 23:17 x
hohsiさん、こんばんは。
あらまあ、馬車道までもいらしたのですか。
暑くてハードな一日でしたね。
お母様のお話を思い出しながら訪ね歩くのは感無量でしょうね。
お一人で歩かれたことをお聞きして、
hohsさんは本当によい旅をされたと羨ましくさえ感じます。
それにしても健脚でお元気さに驚きました。
hohsiさん、またお出でくださいね (^。^)
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-10-15 15:50
横浜散歩。
一緒に歩けましたよ。
楽しい街ですね。
台風にはお気をつけください。
でも
今日もスマイル
Commented by 松風 at 2013-10-16 03:27 x
KawazuKiyoshi さん、おはようございます。
横浜はよくご存知の街なのでしょうね。
調べてみますと
鎌倉に近いこともあって、興味深い歴史も感じる街です。
なによりモダンでおしゃれな感覚に老いも若きも惹きつけられますね。
台風が治まりましたら、また出かけましょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by slowlifek | 2013-10-12 21:23 | | Comments(22)