梅の塩こんぶ漬け

大きなものあり、指の先ほど小さなものあり、

色も形もばらばの梅が届きました。



山梨では「青梅の塩昆布漬け」という漬物が

当たり前のように作られているらしいのです。

山梨に住んで20年にもなる娘は

知人からいただいて初めて知ったと笑っています。

山梨県人である姑さんは作らなかったのでしょう。



「美味しかったからお母さんもネット検索して試してみて」と。
e0143690_550628.jpg

e0143690_6144717.jpg


6日後

見たことも聞いたこともない梅の漬物

色が変わり、中は柔らかくとろりとりとして

こんなものでいいのか 失敗なのかそれも解りませんが

腹痛で119番することもなかろうと恐る恐る口にしてみました。

塩こんぶがたっぷり入っただし醤油の味はいいけれど

おいし~い!とは言えないような梅

面倒でも裏ごしして調味料代わりになるかもしれません。

e0143690_6151299.jpg


母が作っていたあの小梅の砂糖漬けを無性に食べたくなった。



e0143690_6551254.jpg



胸が締め付けられる思いです。
e0143690_655534.jpg

e0143690_656121.jpg


終戦目前の昭和20年6月
幼馴染の父上は戦艦大和と共に
最期を遂げられました。
戦後になってひっそりと挙げられた葬儀には当然ご遺骨もなく、
4人の子供を抱えた痛々しい母上の姿が思い出されます。

[PR]
by slowlifek | 2015-06-24 06:23 | 気ままな日記 | Comments(14)
Commented by time2022 at 2015-06-24 10:16
「沖縄を目指し航空攻撃を受け沈没した戦艦大和、鹿児島県の坊ノ岬沖の海底に静かに眠っている…」
沖縄慰霊の日、このニュースが流れていました
この想いを察するに今も胸が締め付けられます
勝つ見込みの無い戦いに挑んで行った大和の壮絶な思いに泣けます
お知り合いがいらしたのですか…松風さんの想いはなおさらでしょうね
今大和を、引き揚げる話が出ていますね…。◔‸◔。☝
静かに眠らせておいてあげたい…そんな思いもありますが
ご遺族の方はご遺族の方の想いがおありでしょうね

塩昆布漬けの梅…初めて知りました、さっぱりと美味しそうですが…梅好きです。◔‿◔。
Commented by hohsi117 at 2015-06-24 10:41
おはようございます。
私も今朝は青梅作業して居りました、
今年は生り年だったのか粒ぞろいが知人から届いて・・・
我が家では「梅 酢」を主にしています
漬け終わる前に松風さんのブログを見ていれば良かったなぁー、
少し残して塩昆布漬け試してみたのに!
梅味噌として少し付けた分を・・・
Commented by 松風 at 2015-06-24 11:12 x
time2022さん
空中戦になった時代に
巨大な戦艦を作る軍部トップは
何を考えていたのか。
国民学校の児童は
「大和があれば何百の敵機が来ようとも
日本はびくともしません」と叩き込まれまれ
食料は勿論のこと全ての物資がなくなって
国民は必至に耐える以外に道はなかったのです。
沈没のニュースは大本営からの情報かどうかは
解りませんが、噂はたちまち広がったようです。
幾多の尊い命が無残にも水漬く屍となりました。
私の年代は戦争で父親を亡くした人が多いのですよ。

塩こんぶ漬けの梅って珍しいでしょう、
沢山出来たので、お近くならお届けしますのにね(^_-)

Commented by 松風 at 2015-06-24 11:18 x
hohsi117さん
我家では毎年漬けた梅をいただくばかりで
私は殆ど漬けたことがないのですよ。
娘もたくさんいただいて困り果てて送ってきたのです(>_<)
青梅の塩こんぶ漬け、珍しいでしょう、
ネットを見ながらの作業でしたが、
これでいいのか、自信がないのです。
hohsi117さん
まめによくなさるのね
少し、見習わなければと思いますよ。
Commented by jarippe at 2015-06-24 14:16
沖縄にわれわれはもっともっと関心を持ち
来し方を考えねばなりませんね
今の政権に何が望めるでしょうか
Commented by 松風 at 2015-06-24 16:48 x
jarippeさん
大和沈没のことは
おぼろげながら覚えている年齢です。
大田実少将の死を賭けた願いは70年の月日が過ぎても
叶えられないのですね。
この後自決されたのです。

Commented by fuchan_k at 2015-06-24 21:18
戦争中のことは何も分かりませんが、大日本帝国などという
妄想の果てのような化け物に、兵隊さんも国民も洗脳され続けたのですね。
沖縄県民の苦難などどこ吹く風の総理大臣。恐ろしいことです。

青梅の塩昆布漬けですか。
塩分のほうは濃くならないのでしょうか?
梅シロップは少しだけ作りましたが、梅干しはほとんど食べない我が家です。
Commented by 湘南ジージ at 2015-06-25 08:18 x
松風さん おはようございます
終戦が分かってたと思うのですが 終戦直前に日本最後の爆弾が秋田に投下されました
秋田・八橋(やばせ)油田!
ジージも疎開(母方の田舎へ)を経験した一人です
兄二人が学徒動員で海軍に入隊し 一人は特攻隊でしたが出撃直前に終戦になり
運よく帰って来られました
入隊直前に家族全員で撮った写真が今も残ってます
Commented by 松風 at 2015-06-25 16:19 x
fuchan_kさん
70年前はまだほんの子供、
不自由ながら親の庇護を受けていましたから
うろ覚えが多いのですが、当時の大人たちは
どんな気持ちで過ごしたのかと
今更のように察しています。
戦争を知らないお坊ちゃま育ちの偉い方々には
どれほどのことなのか、知る由もないことでしょう。

梅干しはおにぎりに使うだけで、
あまり好きではないのですが
今回は特別。
塩加減は気を付けねばならないでしょうね。



Commented by 松風 at 2015-06-25 16:29 x
湘南ジージさん
最後の爆撃目標地が秋田なんて、、、
油田を狙われたのですね。
私は爆撃の恐ろしさを知りませんが
遠くの空が赤く光る様子を何度か見ましたよ。

亡くなって当然の時代に
お兄様方は本当に運が強かったのですね。
ご健在ですか。
Commented by IKUKO-IF at 2015-06-27 08:10
おはようございます。
昨日の雨は上がり今朝は青空が見えています。
梅漬けの時期ですね~
信州ではあの甘いカリカリ梅が当たり前と思っていたら
福岡出身の方が甘い梅漬けなんて信じられないと驚いていました(笑)
昆布梅は初めて見ました・・・やってみようかしら?
今年私が漬けた梅は塩漬け・甘いカリカリ梅・ラッキョウ酢に付け込んだもの
梅酒等々・・・暇に任せて作ってみました。お味は保証でません(笑)
私の亡き父は終戦間際20代後半で招集され戦わずして捕虜になりシベリアに
奇跡的に6年後最後の引き上げ船で帰還・・・そして私が生まれたわけです。
父は亡くなるまで一切戦争のことシベリア抑留のことは話しませんでした。
家族も触れてはいけない事となっていました。それだけ傷が深かったのだと思います。
沖縄の思いがどうして届かないのでしょうね。
Commented by suirenn2 at 2015-06-27 11:51
梅の塩昆布漬け・・・・美味しそうですね。
漬けると柔らかくなのでしょうか?
野菜など塩昆布で漬けてみるのもいいかもしれませんね。

何故もっとはやく終戦を決断しなかったか・・・・・
敗北はわかっていたでしょうに・・・・
ある時期から敗北を繰り返すために戦っていたようなものではないか・・・
いろいろ考えてしまいますね。
Commented by 松風 at 2015-07-02 13:22 x
IKUKO-IFさん
パソコンの故障でお返事が大変遅れました。(-_-;)
あの辛い8月がやって来ますね。
お父様のお心は如何ばかりだったでしょう、
同じようにブログのお友だちのお父上も
命からがら帰還されて、亡くなるまで戦地の話は一切なく
毎夜うなされる声に母上は涙したそうです。

山梨の郷土食
青梅の塩昆布漬け、機会がありましたら
是非試してください。

Commented by 松風 at 2015-07-02 13:30 x
suirenn2さん
パソコンご不機嫌続きでお返事が大変遅れました。

塩こんぶの塩分がやや強く
さっぱりとしていますが
やはり山国の郷土食だなと思います。
私は2,3粒口にしただけ、後はよそ様の口に入ったようですが
さて、お味はどうだったでしょうね。

8月は暑さだけでなく原爆投下敗戦と哀しみが続き
私は一番嫌いな季節なのですよ。
何とか耐えて生き残りましょう(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< before and after  発表会は不参加 >>