茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

鴫立つ沢の秋の夕暮れ、、、、、

車でも電車でもいつも通過してしまう町、大磯町へ行ってきました。
35.6年前にPTAの見学旅行に参加して以来の町です。
目的は、エリザベスサンダースホームと澤田美喜記念館を見たかったのですが、
なんとその日は休館でした。
澤田美喜さんは戦後、米兵と日本女性との間に生まれた歓迎されない混血の子のために、
莫大な私財を投げ出してエリザベスサンダースホームを設立し孤児たちを救済された方です。
三菱財閥創始者岩崎家に生まれ、外交官夫人として活躍されたのですが、
ホーム設立後は並々ならぬご苦労があったと聞きます。
e0143690_2032690.jpg

いずれまた来ましょう。

少し歩いて鴫立庵です。
300年前、西行を偲んで建てられた庵です。
「こころなき 身にもあわれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」
西行の歌で有名です。
ひっそりとした庵は、300年前にタイムスリップしたような静けさでした。
今は句会、歌会やお茶会などが催されています。
e0143690_204990.jpg

e0143690_2042785.jpg

円位堂  実物大の西行坐像が安置されています。
e0143690_2051598.jpg
 
e0143690_2055854.jpg

e0143690_207841.jpg

この小さな比翼塚は、昭和7年、坂田山心中で亡くなった二人を悼んで建てられました。
年配の方はご存知でしょう。のちに出来た歌は大流行して当時の女性の涙を誘ったそうです。
長姉が歌っていましたが、女学生が校舎内で歌ったことで停学処分になったとか、、、、
   「今宵名残りの三日月も
  消えて淋しき相模灘(さがみなだ)
  涙にうるむ漁火(いさりび)に
  この世の恋の儚(はかな)さよ」
今の若い人が聞いたら不思議に思える歌でしょうね。
この心中の場所が、↑の澤田美喜さんの実家岩崎家の所有地の一部だったということを今回、
地元の方からお聞ききしました。

次は島崎藤村邸に廻りました。
政界、財界、文化人の豪邸が多い大磯で、
藤村邸は貸家として建てられた当時は何処にで見られるこじんまりとした普通の家屋です。
静子夫人の名前から「静の草庵」と呼ばれます。
e0143690_2081997.jpg

e0143690_2084195.jpg

この書斎は、藤村が最も気に入っていた様子で、
静子夫人の著書「ひとすじのみち」には、「…ここの大磯の住居は、わずか三間の古びた家に過ぎないが
、おそらく50年に及ぶ主人の書斎人としての生活の中で最も気に入られたものだったろう。…」と
述懐されています。
「涼しい風だね」 最後の言葉になったそうです。

本が手に入りにくかった戦後の頃、担任の先生の蔵書を借りて、読書指導をうけました。
中学一年生に、「夜明け前」や「破戒」は難しすぎましたが
、「若菜集」は、女生徒には人気があって、その内に詩集が行方不明になったことがありました。

e0143690_209458.jpg

湘南発祥の地が大磯であるということも初めて知りました。

思うことの半分も書けませんが、来年は吉田茂邸が県に移管されて、
一般公開も自由になるとのことで、その時はまた訪れたいと思います。

気が滅入ることが続いているこの頃、思い立って出かけた大磯はよい気晴らしになりました。
[PR]
Commented by fuchan_k at 2008-09-27 22:43
少し涼しくなって、今日のお出かけは楽でしたでしょうか?
松風さんはお勉強家なので、行かれる所が違いますね〜。

車のナンバーは大磯も湘南でしたかしら?
湘南発祥の地とは、今の今まで知りませんでした。
Commented by koneko2y at 2008-09-27 23:26
いつお邪魔しても勉強家の松風さんを感じます。
涼しくなりましたので、お出かけもしやすくなりました。
これからもいろいろな場所の紹介を楽しみにしています。
Commented by 松風 at 2008-09-28 11:22 x
fuchan_kさま
ありがとうございます。
車のナンバー、どうなんでしょうね~、気がつきませんでした。
湘南は逗子、葉山の方が発祥と思っていましたが、これは驚きましたね。

決して決して勉強家などではありません。
Commented by 松風 at 2008-09-28 11:25 x
koneko2y さま
ありがとうございます。
育った環境のせいでしょうか、こんなところが好きなだけです。
勉強は何もしていないんですよ。
涼しくなって、ようやく出かける気分になってきました。
Commented by chiyoko-mimi at 2008-09-28 18:16
こんばんは^^伺うのが遅くなりました。すみません。
気晴らしの旅 好いですね
今の時代色々有りすぎて疲れる事も、上手に気分転換をなさって
下さい
私も出来る限り出かけております
Commented by 松風 at 2008-09-28 19:09 x
chiyoko-mimiさま
ありがとうございます。
このところ、個人的に憂鬱になっていましたので、この日はゆっくりと1人で歩いてきました。
小さな静かな町は穏やかに秋を迎えていました。
Commented by しろうさぎ at 2008-09-28 20:25 x
300年ものタイムスリップした佇まい・・・、真夏の日照りより今の季節が
似合いそうな・・・・、素敵なお出かけになりましたね~。
松風さんともお似合いの雰囲気ですね。
無知な私は、島崎藤村ゆかりの地、信州しか知らなかったです。
Commented by 松風 at 2008-09-28 22:05 x
しろうさぎさま
国道一号に面しているにも関わらず、本当に静かな庵でした。
たまにはこんな見学もいいものです。
特に1人でしたから、のんびり楽しめました。
信州の馬篭にも藤村の記念館がありますが、そこはご存知ですか。
Commented by suirenn2 at 2008-09-28 22:15
大礒というと吉田茂邸と松並木・・・・それくらいしか浮かんでこないのですが・・・。
澤田美喜さんとエリザベス・サンダースホームのことは、私達の年代のものは記憶にのこっていますね。
私も感銘をうけたのを覚えています。
大礒の方だったのですね。

「鴫立つ沢の秋の夕暮れ・・・・」、例の三夕の歌ですね。
寂蓮や藤原定家の歌とともに暗証させられたものでした。
まさに今は秋・・・・一首が心に沁み入るようです。
大礒はそういう由縁もあるのですね。
私もご一緒によい散策をさせていただいたような気分です。
Commented by グスタフ at 2008-09-29 05:43 x
松風さん、お早うございます。ゆかしい世界を訪れましたね・・
エリザベス・サンダースさんの事は、知っています。戦後の悲劇ですね。
しかし、救済に身を挺した、この方が居られて、日本女性の誇りです。
西行庵が有るのですね・・北面の武士から一転、仏門へ・・その苦悩は現代でも、同じですね。比翼塚・・なんと哀れな事が・・二人一緒で、お星様になっているでしょうね。更に藤村邸が・・夜明け前・破戒などは、読みましたが、記憶に残るのは・・いよいよ、日本を離れる列車で、厳しい表情を初めて見た云々位でしょうか・・
吉田邸のことは、新聞で知っていました。
今朝は、遠い鎌倉時代から、戦後の日本の世相と、現在の日本の世相の事を、考えさせられ、感慨深いものが有り、松風さんの、お人柄に打たれました。有り難うございました。
Commented by 松風 at 2008-09-29 10:15 x
suirenn2さま
大磯の松並木も年々枯れていく木が多く見られるようになり、補修や、若木を植える管理に中学生も参加しているそうです。
念願の吉田邸は来年には見学できそうで楽しみにしています。
少し遠いでしょうが、よい時期に一度いらっしゃいませんか。見所は他にもたくさんあります。
Commented by 松風 at 2008-09-29 10:22 x
グスタフさま
ほんの二駅の場所ですが、なかなか足が向きませんでした。
ふと思いたって出かけたのですが、気候がよかったこともありますが、新鮮な思いで見学できました。
小さな町にこれだけの名所、旧跡が点在していることが解り感激しています。
機会がありましたらぜひお出かけになることをお勧めします。
Commented by macoto at 2008-09-29 11:45 x
大磯は、まだまだ 住宅の逸品が残ってます。なんとか保存をして頂きたいものです。
Commented by 松風 at 2008-09-30 04:26 x
macotoさま
湘南のことはいろいろお詳しいことと思います。
観光マップを見ますと・・・邸などと記されていますが、よい見所を教えていただければうれしいのですが。
戦災に会わなかったことが幸いでしたね。
Commented by kiy1e at 2008-09-30 22:33
こんばんわぁヾ(*^▽^*)〃松風さん

アクティブにいろんなところへお出かけですね。
見習わなくっちゃ~
藤村と言えばは小諸とばかり思っていましたぁ~
いろいろ勉強になります。
Commented by Huu at 2008-10-01 09:27 x
大磯って歴史の残る素晴らしい町なんですね。
秋の散策にはピッタリの場所で、
しかも、二駅ほどのお近くだとは・・・羨ましい限りです。

エリザベス・サンダースホームの澤田美喜さんのこと
その足跡は雑誌などで拝見して今でも心に強く残っています。
その場所を取り上げてくださったことも嬉しかったです。
また是非お出かけになられて、リポートお願いしま~す(笑)
楽しみにしております。
Commented by 松風 at 2008-10-01 10:16 x
kiy1e さま
ありがとうございます。
夏の間、思いっきり怠けていましたが、ようやく動き始めました。
ほんの近くですが、なかなか行かれない町で、ふっと思い立って出かけてきました。
島崎藤村は、同郷ということや、詩集が好きでよく諳んじていましたから
興味があって小諸、馬篭にも藤村の足跡を訪ねました。
Commented by 松風 at 2008-10-01 10:25 x
Huu さま
ありがとうございます。
こんなに近くで、いろいろ見たいと思っていましたのに、今まで出かける機会がありませんでした。
第一の目的場所が休館でこれは残念でしたが、近い内にぜひ行ってきたいと思います。
Huuさんも関心がおありでしたか。リポートなどといわれると負担ですが、その折にはご覧になってくださいね。
小さな静かな町のあちこちに秋の匂いがしました。
Commented by andante61 at 2008-10-01 15:41
こんにちは。
お訪ねするのが遅くなってしまいました。
大磯が、こんなに自然がいっぱいの静かなたたずまいの町
だとは知りませんでした。秋の一日、ひとり散策すれば、
西行の歌もじ~んと心に染み入ることでしょうね。
馬篭の藤村の記念館は、数年前に行ったことがありますが、
私は勉強不足で…。松風さんのおかげで、少し賢くなったような
気がしております。良い季節になってきましたね。(^^)
Commented by 松風 at 2008-10-02 13:47 x
>andante61さま
ほんとによい季節になりましたね。
今の時期に出歩かなければと、大磯ヘ行ってきました。
学校で習っただけで特別勉強しているわけではありませんが、こんなことが好きですから、ゆっくり見回ってきました。

馬篭へいらしたのですか、最近は観光地としていい町並みになっていますね。
Commented by ひまわり at 2008-10-05 20:27 x
こんばんは。
久しぶりにお邪魔しました。
今日はこちらは雨ですが、涼しくなり
しのぎやすくなりましたね。
大磯界隈を散策されて色々勉強なさって
いらっしゃるんですね。エリザベス・サンダースホームの澤田美喜さんのこと知っていましたが、三菱財閥創始者岩崎家に生まれた方だとは
知りませんでした。藤村の記念館も、馬篭だけだと思っていました。
松風さんのお陰で勉強になりました。ありがとう。
Commented by 松風 at 2008-10-06 07:16 x
ひまわりさま
ありがとうございます。
秋めいた一日を思い立って出かけてきました。
勉強をしているのではありませんが、何となく興味があることなので楽しく見学が出来ました。
澤田美喜さんのことご存知でしたか。 近い内に行く予定ですから見ていただけることと思います。
案外、近くのよい場所を見落としていることが多いですね。
青春18キップは私は無理ですから、せいぜい近くを散策しようと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by slowlifek | 2008-09-27 20:19 | | Comments(22)