茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:思うこと( 35 )

ドライアイ

元気なのですが長年のドライアイに悩んでいます

足しげく眼科へ通い、点眼薬は切らせずメガネを変えたりと
それなりに手を尽くしているのですがどうも芳しくないのです。
パソコン テレビ 携帯と極端なドライアイには
よくないことばかりの生活です。
体のどこが悪くても困ることですが
目が悪いということは不自由なこと
毎日の新聞を読むことも難儀になり
パソコンは勿論のこと、本 テレビからも遠ざかって
ひたすらラジオにしがみ付き 音楽や朗読を聞き、知人を訪ね 外を歩き、
何とか溜まるストレスを落ち着かせています。

心配はないとドクターは云いますが
思わず目を瞑りたくなる疲れを我慢しながらのパソコンライフも辛いこと。
ブログの材料は沢山あっても更新は儘ならず
苛立つばかりです。
そこでこの際、思い切って当分の間、
メールチェック以外はパソコンから離れて見ようと
ブログも休むことに致しました。
少し落ち着きましたら再開しますので
その折にはまたよろしくお付き合いくださいませ。
暫くの間、皆さまのブログへもご無沙汰になりますが
またお会いできます日を楽しみに休養に入ります。
e0143690_22144953.jpg

e0143690_2215069.jpg
e0143690_22151153.jpg

[PR]
by slowlifek | 2016-02-11 22:28 | 思うこと

銀シャリ

スーパーに七草粥セットが出ていました

お隣さんからご実家で作られた信州産の特等米と
野沢菜漬けをいただきました
つやつやした白米は食欲をそそります
おかずは何もいりません、
炊き立ての白いご飯と野沢菜の漬物 
これ以上のご馳走がありましょうか
e0143690_6464173.jpg



戦中戦後の食糧難の頃
白いご飯などお正月でも口に入らず
毎日が七草粥のような食事。
七草どころか大根と青菜に僅かなご飯粒
決して美味しいとは思えなかった。

農繁期、まだ小学生ながら
近所の農家へ田植や稲刈りを頼まれると
そこでいただく三度の食事に惹かれて
いそいそと出かけた。
山盛りの真っ白なご飯を「遠慮なく食べなさい」
お代わりをし、贅沢にも玉子を落とした具だくさんの味噌汁に
山ほどの野沢菜漬けとタクアン漬けでお腹はいっぱい。
帰りに持たされる白米と牛乳は手伝いの報酬、
母の喜ぶ顔を見るのは嬉しかった。
幼かった妹は降る雪を見上げて
「白米の雪が降ってきた」と叫んだ。

街中の大人も子供も
闇米取締りの目をかいくぐり
農家を訪ねて食料を乞う日が続く
線路際の雑草は摘み取られ
農家が捨てた枯れた大根葉を拾い
東京では闇物資を嫌って
わずかばかりの配給食糧のみで暮らす裁判官一家が餓死したという。
物々交換、夜中に父が農家へ運んだ総桐三段重ねの箪笥は
わずか一斗(一五キロ)の米に化けた


贅沢三昧の今
銀シャリを噛みしめながら苦しかった時を遡る夕餉でした。
[PR]
by slowlifek | 2016-01-05 07:22 | 思うこと | Comments(19)

ありがとうございました

65年もの友人が昨夜突然訪ねてきました
のっぴきならない事情で実家へ行くことになったので
趣味の同好会やお稽古事で使う書類3種をパソコンで打って欲しいとのこと。
見れば私の最も苦手とするエクセルを使わなければならないのです。
日頃何かとお世話になっている彼女の頼みは無下に断ることも出来ません。

エクセルは殆どを忘れていますが
メモ帳やら頭の引き出しをかきまわしながら
昨夜から今まで苦労の末何とか仕上げました。
思い出せば実に簡単なことなのですがねえ

これで今年も何とか終わりそうです。
来る年が皆さまにとりお幸せでありますようお祈りし、
お付き合いいただきましたことをお礼申し上げます。
ブログ初めは来春何時頃になりましょうか
その節はよろしくお願いいたします
どうぞお風邪など召しませんように



クリスマスには間に合わなかった
数年前reikoさんから教えていただいた
キラキラ画像が出てきました
e0143690_19584394.gif










  
[PR]
by slowlifek | 2015-12-31 19:54 | 思うこと
新聞記事から
▽昭和始まる
大正天皇がこの日未明に葉山御用邸で死去。
摂政を務めていた25歳の皇太子裕仁親王が
即日皇位を継承し、昭和と改元した。

1926年12月25日、今日まで90年の流れた月日を思う。

      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

連れ合いが眠るお墓の掃除をしながら
何故か親類縁者のお墓詣りをしたいと思った。

翌日から3ヶ所の墓地めぐり。
我家の墓は公園墓地とは言え
昭和の初めに開園した古い墓地なので
当然古めかしい石碑が多く夕暮れなど薄気味悪さを感じる。
他の2ヶ所はお寺の境内で
今にも幽霊が出そうな古めかしい石碑が建っている。

最後は気分直しで昨年逝った義弟の墓地
彼は日当たりのよい明るい公園墓地に眠っていた。
今どきの公園墓地はすっかりモダンになって
幼子ははしゃぎ
ピクニック気分でお弁当を広げている家族もいる。
e0143690_1747392.jpg

    (カメラを持っていかなかったのでネットからお借りしました)

それぞれの形をした石碑にはバラの花や蝶鳥などが
色鮮やかに彫刻されている
墓碑銘は苗字が当たり前と思っていたのに
静 和 愛 宙 星 誠 無など様々な文字が刻まれて
葬儀の形も時代と共に変わっていくのだろう。
故人を偲ぶ想いも次第に薄れていくのでは。。。。。

ともあれ、今年の気になっていた義理が終わった
さてと、次は年賀はがきを買いに行かなくては。
[PR]
by slowlifek | 2015-12-25 18:07 | 思うこと | Comments(16)

クリスマス前に

久しぶりで友人とお昼を一緒にしたいと
私が声を掛けたのでした。
以前から一度行ってみたいと思いながら
一人ではなかなか入れなかった「〇か卯」は
次も行きたいと思うことはない親子丼ランチでした。

帰ってから思いました
二人だけの忘年会になったのですから
もう少しましな所がよかったのにと。
Sさん新年会は何処か美味しいものを探しましょうね。

まだ別の忘年会が待っています
幹事さん何処へ連れて行ってくださるの。

e0143690_19525912.jpg


午後から今年納めの大合唱がありました。
思いきり声を張り上げての歌い納めです。
e0143690_19472780.jpg

クリスマス一色の合唱10数曲
途中で入ったプロのマリンバ演奏もクリスマス
クリスマスは嫌いではないのですが
ここまで続くといささか食傷気味です。

e0143690_19552466.jpg


夜、思いついて水面が揺れる画像を作ってみました。
数年前まで面白くてよく遊んだのですがもうすっかり忘れていました。
メモ書きを引っ張り出して何とか思い出しながらの水面が揺れる画像です。
e0143690_19423447.gif

[PR]
by slowlifek | 2015-12-16 20:08 | 思うこと | Comments(16)

加齢です 

e0143690_4145067.jpg


もう11月なのですね

休んでいます間
大勢の方々にお出でいただきましたことを御礼申し上げます。
ありがとうございました。



長い休暇中は丈夫を自負していた私があちこちの診療所巡りをしていました。

その殆どが

「加齢によるものだね」 「年齢からくるものです」 「お歳が心配ですからね」

と事もなげにおっしゃるドクター お医者さま 女医先生方に

思い切り打ちのめされていました。

病気ではないのです、ただ猛暑と加齢が私の体力を奪ってしまったようです。


更にこの年齢になってからの一人引っ越しは いやはや疲れるものです。

冷蔵庫とテレビとパソコンがあれば生きていかれると意気込んで

丸裸になるのではと思うほど断捨離したのですが

こじんまりとした新居は荷物で埋まってしまいました。


ある作家さんのお母さんが亡くなった時、

遺品の整理は3時間で終わったという話を聞きました。

”これはいただき!” と見習ったはずですが

そう簡単にはいきません、

後は倅よ娘よ よろしくと諦めることにしました。


ともあれ、これからまたぼつぼつ更新していきたいと思いますので

お気が向きました時、お訪ねいただければ幸いに存じます。


新居からある日の夕富士が見事でした。
[PR]
by slowlifek | 2015-11-01 04:24 | 思うこと | Comments(26)

母の夢を見た

義弟の一周忌法要の連絡があった

七月末の暑さに辟易しそうだけれど、行かなければならない。

その夜、亡き人々を偲んでいた所為か、

ふた昔も前に亡くなった母が見覚えのある鮫小紋を着て夢に現れた。

しかも、母の横に後ろ向きに薄ぼんやりと見えるのは父だったような気がする


夫の一周忌が終わって間もないころ

不思議なことに美容院の鏡の中に立つ母を私は確かに見た。

母の顔を見たのはそれ以来二十年振りのこと。


八十を超えた娘を両親揃ってぼつぼつ来てもいいよと

迎えに来てくれたのかも知れない、

或いはお墓詣りに行かないことを咎め催促に来たのかも。

でもね、母さん、

昨年4月オフ会で松本を訪れた時

雨が降って大急ぎだったけれど お花と線香をあげたのに忘れたの

あちらの世にも物忘れはあるの?

遠いのだからそう度々は行かれませんよ。


「3月ではまだ死ねないね、

寒くて来てもらう人に申し訳ないから もう少し頑張るよ」と



5月、お寺さんの境内には藤がきれいに咲いていた。
e0143690_2334866.jpg

息を引き取る時期まで自分で決めていくなんて

きつかった母らしいと感心し、半ば呆れたものですよ。


翌年は夫が、数年後に義兄が

一昨年は弟が 去年は義弟と次々にいなくなった。

みんな悪い時期だった。

回りの涙の中で傍の迷惑など考えもしないかのように

当人たちは安らかな顔をしていた。

そして女四人が残った。


寂しい夜のざれごとです。
お墓の掃除に行かなければ、
きっと雑草がいっぱいでしょうね。


e0143690_2342347.jpg

e0143690_2342889.jpg

[PR]
by slowlifek | 2015-06-10 03:10 | 思うこと | Comments(13)

人は外見ではない

大型スーパーで4,5日分の食料を買い込み

宅配の手続きを済ませました。
e0143690_106022.jpg



エスカレーターで久しぶりの100円ショップへ

掃除用ウエットシート一つを買って、本日の買い物は終了。

外は日が射していました。

気がつくと腕にかけている筈の日傘がない、はて何処へ忘れて来たのか

店内のあちこちと歩き回った売り場を探し歩きましたが

見つからないのです。

最後に行った100円ショップでレジの店員さんに訊ねると、

ご親切に「店内放送をしてみましょう」と探し物のアナウンスを流してくれました。

と、目の前にサーファーではと思われる恐ろしく色黒の男女二人連れがいます。

男性は金髪パンチパーマ 体格はがっしりとして

紫色のTシャツは龍の絵、二の腕にはちらちらとタトゥーらしきが見えます。

ご面相と云えば失礼ながらその筋のお方と思うような厳つさ。

女性の方も赤い髪に真黒に日焼けした肌も露わなシャツとパンツ姿で買い物中。

近づきたくないなと距離を置いていたのですが

放送を聞いていた男性、やおら近寄ってきて

その姿形とは似ても似つかぬ優しい声で

「日傘なら奥の棚にかかっていましたよ

持ってきてあげますから ここにいてください」と

素早く通路を横切り傘を持ってきてくれました。

「はい、これですね」

「ご親切にありがとうございました」

買ったばかりのチョコレートをお礼の気持ちで

差し出しますと嬉しそうに受け取ってくれ

何事もなかったように二人は別の売り場へ行ったようです。

思いがけない人の 思いがけない好意に

言いようのない嬉しさで日傘を開きました。


たかが安物の日傘一本ですが自分の迂闊さを恥じ、

外見から他人を判断することは危険であると思いつつ

第一印象も大事であることも事実ではあります。


e0143690_1031526.jpg

e0143690_10312917.jpg

[PR]
by slowlifek | 2015-06-08 10:18 | 思うこと | Comments(18)

カード3枚

バスの中でマナーモード携帯が振動しています。

そっと見ると全く覚えのない番号

もしかして怪しげな電話では、、、即削除。

帰宅後、家には留守番電話が入っていました。

「V〇〇Wカード盗難紛失係XXです

お知らせしたいことがありますので折り返しご連絡ください」

はて、何のことだろう

急いでカード入れを見ると確かに入れたはずなのにカードは入っていません。
e0143690_103582.jpg

一体どこでなくしたのか、いまだに思い出せないのです。
e0143690_10211291.gif



盗難紛失係の女性は

落し物として警察へ届けられたという。

住所 氏名 生年月日 電話番号を執拗に確認され

後日カード会社から送られてきた書類を持って警察へ


警察 

車の免許証もなく、事故事件も起きない私には

今のところ縁のない場所。

古く暗い警察の建物は薄気味悪く

厳つい制服姿の男性たちが暗い廊下を闊歩している。

別館受付横のドアには捜査3課 取り調べ室とある

テレビで見る取り調べはここで行われるのか

強面の取調官と容疑者はどんな気持ちで向かい合うのだろう

などと、つまらない妄想をしながら呼ばれるのを待つ。


ここでもまた住所 氏名 生年月日 電話番号を聞かれ

署名捺印で ようやく無罪放免。


どこのご親切なお方が届けてくださったのか、

お名前も解らずお礼の申し上げようもありません。



警察の狭い階段を降りかけると、中年の警官からご親切に

「気を付けて降りてください」と声を掛けられる

私やっぱり歳よりなんだね。(涙 涙)


数日前には図書館から貸出カードが届いていますとの

連絡があったばかりなのに
 
あゝ~~ぁ、気が滅入ることと云ったらありゃしない。
e0143690_1064081.jpg

充分心しなければ。。。。


せめて1000円引き美容院カードを使ってりさっぱりし、

一人お茶をして 憂さ晴らしをしました.
e0143690_106775.jpg

e0143690_10172157.jpg

[PR]
by slowlifek | 2015-05-26 10:44 | 思うこと | Comments(24)
珍しく古い知人から電話があった。

訝りながら話を聞くと特別の用事はなく

ただ 久しぶりに声を聞きたかったとのこと。

元気ではないという。


40年前、お連れ合いに先立たれ

数年後にお舅を見送り、

しっかり者のお姑の介護生活に明け暮れて20年、

ようやく肩の荷を下ろした時には

今度は自分が腰を痛め、殆ど外出が出来ない状態らしい。

幸い、近くに住む次男のお嫁さんが買い物の面倒は見てくれるものの

日常は這うように暮らしながら

それでも尚、福祉の厄介にはならないという。

あの人の持つ強靭な精神力は

若いころから変わっていない。



長い電話を切って海へ出てみた。

大風の後の海は白波が立ち

潮が吹きつける。
e0143690_182279.jpg

e0143690_18232677.jpg

明るい陽ざしに”えぼし岩”が映えている
e0143690_18273211.jpg

ハマエンドウが終わった後には

ハマヒルガオは今を盛りと咲いている
e0143690_18343715.jpg


ノイバラを見つけた

一面に咲くノイバラを今年も楽しめそうだ
e0143690_1844785.jpg


日中の休息に入るのかマツヨイソウ
e0143690_1835391.jpg


もう萩が咲いて、季節の進み方が早すぎるように感じる。
e0143690_18381199.jpg

[PR]
by slowlifek | 2015-05-22 18:55 | 思うこと | Comments(22)