茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅( 3 )

藤沢から鎌倉腰越へ

ブロ友・Fさんのご紹介があった、藤沢市制施行70周年記念特別展
人間国宝・名誉市民「田島比呂子(タジマヒロシ)の友禅」
 ー野山の息吹に染む衣ー を見てきました。

以前、横浜シルク博物館で見たことが忘れられず出かけました。
白地に淡く、また鮮やかに自然の四季を表現された27点の友禅模様は、
時間の経つのも気がつかずただ、見とれるばかりでした。
せめて絵はがきがあればと思ったのですが、出品目録があるだけの簡素な展覧会でした。

その足で江ノ電 腰越駅へ。
観光コースからは完全に逸れている鎌倉満福寺へ向かいました。
戦果を挙げた源義経は鎌倉入りを兄頼朝の許可が得られず、
ここ満福寺に逗留して兄への嘆願書を書いた場所です。
有名な腰越状です。
e0143690_12234.jpg

e0143690_1262829.jpg

e0143690_1265055.jpg

全く読めないのですが、
話に聞く腰越状を見て、ここから義経伝説の悲劇が始ったのか、、、、と
八百年の古に思いを馳せてきました。

萬福寺は江の電沿線にあるのですが、
石段の下からは、
e0143690_12184926.jpg

最下段の前、数十センチに踏み切りがあります。
e0143690_12194710.jpg

事故のないことが不思議です。



一駅先の鎌倉高校駅では、電車を一本見送って、
ぼんやりとホーム前の鎌倉の海を眺めていましたが、
眠くなるようないい時間でした。
e0143690_12312631.jpg

腰越と云えばシラスですね。
e0143690_12374269.jpg


久しぶりにデパ地下へ入ったのですが、聞いていたシオーナがありました。
1パック198円とは。
諦めて家の近くの八百屋さんへ立ち寄ると、
何と同じものが100円で出ているではありませんか。
デパ地下で買わなくてよかった~。
e0143690_12444862.jpg
e0143690_1245240.jpg

初ものですから生でサラダにしたのですが、ほんのりと塩味がして美味しいものですね。
[PR]
by slowlifek | 2011-02-24 12:51 | | Comments(18)

あるけ 歩け

新聞記事に誘われて横浜のウォーキング会に参加しました。
歩くことより目的地が魅力で申し込みましたが、距離は8㌔ 充分歩ける距離とたかを括っていました。
それが とんでもない間違いであることが直ぐにわかりました。

普段8000から10000歩くらいは歩いていますので自信はあったのですが、
写真を撮ったり あちこち余所見をしながらマイペースで歩いている私達には、
最後尾に遅れながら付いて行くだけで精一杯の速度です。
写真どころではありません。 
水分補給がようやく、皆さんの健脚振りには驚き自分の不甲斐なさを思い知らされたウォーキングでした。
e0143690_1531469.jpg

ようやく、ようやく目的地へ到着後 解散。
ここには、世界で絶滅の恐れのある種が保護飼育されています。
詳しい説明が書かれていませんから、うっかりしてしまうのですがネット検索してみると、
なるほどと思われる動物が多くいました。
e0143690_15135891.jpg
e0143690_1514866.jpg
e0143690_15142012.jpg

上のマダガスカルホシガメは写真が失敗で、ネットからお借りしたものです。
e0143690_1518830.jpg
e0143690_15182082.jpg
e0143690_15182992.jpg

一部を除いて殆どが絶滅危惧動物であるようです。

疲れきって帰り着いた駅のティールームで、コーヒーとアイスケーキが美味しかったこと。
e0143690_1522301.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-06-07 15:33 | | Comments(22)

小田原城へ

朝 突然の電話で、小田原城へ行くことのになりました。

藤 つつじには遅く、菖蒲やアジサイには早い中途な時期だと思ったのですが、
緑を見たいという友人の希望で行ってきました。
何処を見ても若いみどり、深いみどりと緑いっぱいです。
やや曇りがちの空模様は歩くことにも幸いしました。
e0143690_1237521.jpg

お堀の水面に映る朱塗りの橋がきれいです。
e0143690_1239213.jpg

観光メインになっている「御感の藤(ぎょかんのふじ)」は盛りを過ぎて美しさはイマイチと言う感じですが、
堀の隅一部に咲く黄菖蒲が目立ちます。
e0143690_1244970.jpg

実は藤も何枚か撮ったのですが、お見せできるシロモノではなく恥ずかしながらMoreにこっそりと載せました。 
いつもながらカメラの勉強をしなければ、、、と思うのですが。

Moreお恥ずかしゅうございます(ーー;)
[PR]
by slowlifek | 2010-05-11 13:11 | | Comments(34)