茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

不吉な予感?

ある朝、それはそれは騒々しい、カラスの啼き声で目が覚めました。

目の前の松ノ木や電線、家の屋根に無数のカラスが止まっています。

飛び交うカラスは、お互いにぶつかり合うのではないかと思うほどです。


昔からカラスが啼くと不吉なことがおきる、、、と聞いています。

不吉さは感じませんが、煩いこと この上なしです。
e0143690_6102842.jpg


その日の夕方、知人の家を出ようとした時、真っ黒な雲の向こう、西の空が黄金

色に光っています。

赤に近い色の光は 気味悪く輝き、からすの啼き声より、こちらの方が不吉な予

感がします。
e0143690_6104176.jpg
e0143690_6105074.jpg
e0143690_6105970.jpg
e0143690_611727.jpg
e0143690_6111560.jpg
e0143690_6112342.jpg

昔、親が心配していた時、笑っていたのですが、今 同じことで案じている自分が

います。

少し心配事もあるのですが、何事もなく平穏な一日が終わりました。


e0143690_6444681.jpg
e0143690_6445713.jpg
[PR]
by slowlifek | 2009-04-30 07:00 | 気ままな日記 | Comments(24)

忙中閑あり  

4,5日ゆっくり出来ることになりました。
来週から、また出かけることになりそうなので、雨降りでもあり今日は何もする気にならず、のんびりとしています。
物置小屋の中から、いつの間にか溜まった雲が何枚か出てきました。

空を見ることが好きで、珍しくもない、なにげない雲の形を撮っていました。
e0143690_1443514.jpg

この写真を撮った直後、滝のような大雨が落ちてきました。
e0143690_14483466.jpg

夕暮れの西の空に、火の玉が流れるように尾を引いた飛行機雲。
e0143690_1453070.jpg

晴れた日、ヘリコプターの音がするのでカメラを持ち出すと、 
驚!飛行機とヘリが衝突か。
当然、飛行高度は違うのですから何事もなかったのですが、下から見ると交差した時点であわやと思う状態です。
シャッターは間に合いません。
一瞬のことで、赤い点線のように交差して、2機は飛び去りました。
e0143690_14593449.jpg

e0143690_151328.jpg


(時期はずれのおまけ) 紫苑
e0143690_1552829.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-04-25 15:08 | 気ままな日記 | Comments(32)

またまた、大失敗

また皆さまにお詫びすることになりました。

しばらく留守をすることで、いただいたコメントへのお返事が遅れる旨をお知らせしたのですが、その折に前回の記事を削除してしまったようです。
本人は、今まで全く気がつかずにいましたが、皆さまからいただいたコメントまで、なくしてしまいましたことお詫びいたします。
以前にも同じ失敗をしているのですが、性懲りもなく繰り返したようです。

少しの間、落ち着きませんので、しばらく更新は見合わせようと思います。
5月には戻ってきますので、その折には今までどおりよろしく、お付き合いくださいませ。

e0143690_21185941.jpg

亡夫が、割り箸や爪楊枝、画用紙や葉書などを使って、写真を見ながら作った「東大寺の五重の塔」が親戚の家に残されていました。
[PR]
by slowlifek | 2009-04-21 21:23 | 気ままな日記 | Comments(22)

皆さまへ


急用が出来ましたので、これから出かけます。
数日留守を致しますので、いただきましたコメントのお返事が遅れますことお詫びいたします。

戻りましたら、またお伺いいたします。

[PR]
by slowlifek | 2009-04-12 11:38 | 気ままな日記

軍港の街 横須賀

ミサイルとか、人工衛星とか、それが打ち上げられたとか、誤報だとか数日は日本中が大騒ぎでした。
そんな時、ラジオで原子力空母ジョージワシントンが横須賀港に停泊しているニュースが流れていました。
少し緊張感が欲しくて空母を見に出かけました。

40年ぶりの横須賀駅で電車を降りると、すでにホームから艦船が見えます。
ああ、ここは海軍の街なのだと実感します。
駅前の公園からみえる船は一部で、お目当ての空母は軍港クルージングで海へ出ないと見られないとのこと。 そこで観光船にのりました。
しばらく進むと見えました!。
上から巨大なジョージ・ワシントン   補給船ジョン・??は米艦。
e0143690_17581673.jpg


砕氷船として活躍した「しらせ」の姿が見えました。
海上自衛隊ペリコプター用空母、潜水艦、多くのイージス艦は迫力があります。
究極の科学を満載した艦は機能美とでも言いましょうか、素晴らしい美しさです。
大きさや機能的な説明をしてもらったのですが、殆どわかりません。
膨大な国費を注ぎ込んだこれらの艦が、せめ出撃することがない世の中であることを、思わず願いました。
あまり見る機会がないと思いますので、まずい写真ですがどうぞご覧ください。
思いは、それぞれのことと思います。
e0143690_18153711.jpg
e0143690_18154663.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-04-07 18:32 | 気ままな日記 | Comments(31)

花曇りの日

花曇りとでもいうのでしょうか、、、。
暖かいのか寒いのか判らない曇った日の海岸を歩いてきました。
今日は足が重く、散歩コースまでが遠く感じます。
防砂林も青々として。
e0143690_20101069.jpg
e0143690_20101968.jpg

いつの間にか、柵が出来ています。
e0143690_2011712.jpg

たいへん、この後直ぐに左の腰をかがめている人が波をかぶった~!。
当然、シャッターは間に合いません。
e0143690_20115919.jpg

この自転車の持ち主は何処へ行ったの。
まさか滑り落ちたのでは、、、(笑)
e0143690_20233761.jpg

「帰るよ~」 僕には、パパの声は聞こえません。
e0143690_20231749.jpg

摘み草 つるながこんなに大きくなっていました。
e0143690_20233915.jpg

帰り道で。
どうやら麻生さんは嫌われたらしい。
生シラスの値段が上がって買えませんでした。
e0143690_20243359.jpg

昨日見つけたやまももと緋桜が鮮やかでした。
e0143690_2029442.jpg


帰って来ると、今度は誤報ではなく、テポドンが発射されたニュースが流れている。
世の中がこんなに逼迫しているのに、私はのんびりとサンポを楽しんでいる。
[PR]
by slowlifek | 2009-04-05 20:36 | 気ままな日記 | Comments(18)

昭和から平成へ

台所で、ラジオが鳴っています。
聞くともなく聞いていると、4月は天皇皇后のご成婚50周年ということで、話題になっています。
即位され、平成となって20年と考えていたのですが、ふと20年前の新聞をどこかに仕舞ってあることを思い出しました。
さて、何処に入っているのか、ごそごそと探しまわり、とうとう見つけました。 
どうしてこんなところに入れたのか、、、。
色あせた新聞から、20年前の記憶がよみがえります。
e0143690_035692.jpg
e0143690_0453.jpg

僅か20年前のことですが、この年に生まれた子はもう成人式です。
小渕さんも亡くなられて、月日の流れを感じますね。

こんな記事がありました。 
e0143690_045097.jpg
e0143690_05113.jpg

e0143690_17564367.jpg

e0143690_051220.jpg
e0143690_052738.jpg

e0143690_055195.jpg

痛ましい事件、一億円ふるさと創生、スポーツ、家庭欄では当時のファッションも懐かしいですね。
向田邦子作のドラマは記憶がありません。

先日は横浜で昭和2年の新聞を目にし、去年はコピーですが昭和9年の新聞をいただきました。
この新聞も更に年月が経てば、懐かしく読んでくれる人がいるのではと、また仕舞っておきましょう。



    神奈川新聞  <ことばの四季> 
 <清ら>
四月二十日ごろは、二十四節季の「穀雨(こくう)」に当たります。

穀雨とは百穀を潤す春雨のこと。

穀雨あたりにそぼ降る雨は、そのひと滴ひと滴が、春の気を清めるかのようです。

「清ら」は清浄の意味で使われますが、本来は高貴で美しいという意味を持ちます。

「清らを尽くす」とは、華美を極めて贅沢を尽くすこと。

春雨にしっとりと色付いた草花は、誇らしげに「清ら」な姿を見せ付けてくれます。

秋の雨が寂しさを漂わせるのに対して、春の雨は万物に優しい潤いを与えてくれます。

  
   4月1日になりました。 0時10分。
”エイプリルフール”とか”四月ばか”などという言葉は、もう聞かれなくなりましたね。
[PR]
by slowlifek | 2009-04-01 00:09 | 気ままな日記 | Comments(24)