茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東京在住の友人から「北鎌倉の紅葉を見たいから、案内して~」と連絡がありました。
その日は別の処へ出かける予定でしたから、ちょっと迷いましたが押し切られた形になってしまいました。
心配した通リの大混雑は避けようもなく、気乗りしない見物ですから写真も思うように撮れません。

紅葉は、皆さんの写真を見せていただく方がよさそうですね。
アップすることを後悔しそうです。
浄智寺
e0143690_11131653.jpg

e0143690_11144751.jpg

人の姿を除くことに苦労しました。
東慶寺
e0143690_11192265.jpg
e0143690_11193265.jpg

円覚寺は最も混雑が激しく、料金所では行列が続きました。
大急ぎで撮った写真は、どれも人の姿ばかりですから、思い切ってトリミングしたものです。
e0143690_1122791.jpg

e0143690_11223364.jpg


混みあう中で、石仏が静かに立っています。
e0143690_11252742.jpg
左下は去年撮ったものです。

何処だったでしょうか、バッタ?が元気に頑張っていました。
e0143690_11313960.jpg


コーヒーで一休み。
ティルームとかコーヒーショップなどと言うより、
昔ながらの「喫茶店」の呼び名がぴったりとする小さなお店です。
この場所で40年、コーヒーだけという店のスタイルを続けるご主人は、穏やかに話しかけられました。
久し振りに出会う素敵な男性でした。
水出しコーヒーのかぐわしい香りが店いっぱいに広がって、
気乗りしない見物も、この喫茶店の雰囲気で解消されました。
e0143690_11395737.jpg

e0143690_12291577.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-11-29 11:51 | 気ままな日記 | Comments(24)

雲、その他

11月に入ってからの雲の写真が幾つか撮れました。
早朝の雲2枚。 あまり美しいとは思えませんが、珍しい形と、何処となく神秘さを感じました。
e0143690_20442894.jpg

晴れた日の、ふわふわとした綿のような雲を撮ってみました。
e0143690_20443676.jpg

光り輝がやく、ある日の夕日。
e0143690_2051487.jpg

今日(11月25日)夕方、まだ明るい空に遠慮がちにうっすら輝いている月が見えます。
e0143690_830411.jpg

老婦人が手入れをされている小さなミカンの木にも、こんなにたくさんの実がつきました。
きっと甘いのでしょうね。
ヒイラギの葉が春を思わせるみどり色を見せていました。
e0143690_21129.jpg

ガラス越しに見た小鳥が、片方の羽を広げた瞬間をキャッチ。
e0143690_216931.jpg

あすの朝食用に作ったリンゴのチンジャムです。
こんなにきれいな色が出ました。
e0143690_6572168.jpg

(ジャムの写真を入れ替えました。)
[PR]
by slowlifek | 2009-11-25 21:13 | 気ままな日記 | Comments(22)

秋の朗読コンサート

e0143690_12534953.jpg

子供対象の朗読コンサートを聴いてきました。
ピアノとバイオリン、朗読、映像のコラボレーションのバランスよく、読みなれた童話は子供たちを引き込ませたようです。
元アナウンサーの中井美穂さんは、さすがに滑舌よく淡々とした朗読でした。
(ちなみに滑舌とは、元は舞台用語で、それが放送の世界でアナウンサー
の教育の場などで使われるようになったそうです。)

以前 お元気なころの長岡輝子さんや、奈良岡朋子さん 市原悦子さんの朗読を聞いたことがありますが、殆ど感情を交えない中井さんの朗読は新鮮な感覚で聴くことが出来ました。

会場を出ると夕日が傾き始めて、木々が長い影を引いています。
e0143690_1313244.jpg

広場に続く陸橋にも西日が縞模様が描いています。
e0143690_1325186.jpg

中央広場にも影が見られました。
e0143690_134584.jpg
e0143690_135659.jpg

ここなら携帯を見ながらの犬の散歩も大丈夫。
e0143690_1364468.jpg

釣瓶落としの秋の日。  
5時帰宅、暮れるのが早いですね。
[PR]
by slowlifek | 2009-11-23 13:12 | 気ままな日記 | Comments(28)

小田原灯台を見ました

気まぐれな天気が続く中、快晴になった日。
過日 葉山の裕次郎灯台を見た事から、話に聞いていた小田原灯台も見たいと思いました。
通過するだけで、降りることのなかった小さな駅は、ほんの30分くらいの距離なのに、
柄にもなく静かな旅情を覚えます。
e0143690_1339140.jpg

早川漁港は駅から歩いて5分のところにあり、深いマリンブルーの中に、
小田原提灯を形取った白い灯台が、先に出来た赤い灯台と見事な一対になって浮かんでいます。
秋から冬の海の色は きりりと引き締まり、多分 絵の具などでは表すことが難しいのでは、、
と思われるほどです。
四季の海を見ながら、自然が作る色の不思議を感じます。
e0143690_13402316.jpg

灯台の上の架かるブルーウェイが美しいラインを描いていました。
e0143690_1340505.jpg

始めて気が付いたのですが、駅のホームからは魚藍観音なるものが見えます。
e0143690_13412938.jpg

帰りに降りた小田原駅の天井に小田原提灯が下がっていました。
これも初めて気が付いたことでした。
e0143690_12592926.jpg


More 根府川駅
[PR]
by slowlifek | 2009-11-17 13:43 | 気ままな日記 | Comments(28)

中央公園で

買い物に出たついでに市の中央公園へ入ってみました。
前を通り過ぎるだけの公園でしたが、中は深く 紅葉した木々が美しく陽に映えています。
静かな公園では、老若男女それぞれ憩いを求めて歩く姿が見えます。
e0143690_22413184.jpg
e0143690_22414450.jpg

紅葉は鮮やかとは言えませんが、思ったより美しくなっていました。
近くにこんなに静かな場所があったことを見つけて、さくさくと落ち葉を踏みしめての散策は気持ちのいいものです。
e0143690_22461635.jpg
e0143690_22463054.jpg

e0143690_22473140.jpg

広場では子供たちが風邪に負けず、元気で楽しそうな声が聞こえます。
e0143690_22522732.jpg

素敵な石段を見つけました。
e0143690_22525910.jpg



絵本が欲しいと立ち寄った本屋さんの店先には、クリスマスとお正月が一緒に並んでいます。
e0143690_22594440.jpg

可愛いブーツ、孫たちが大きくなって もう買うこともなくなりました。
あの頃は可愛かった、、、と言うと彼女達から攻撃されそうです。
e0143690_2341311.jpg

楽器やさんで買ったクリップ

ゆっくり歩きすぎて気がついた時には、今にも降りだしそうな空模様に 買い物もそこそこにバスに飛び乗りました。


森繁さんが亡くなりましたね。
[PR]
by slowlifek | 2009-11-10 23:15 | 気ままな日記 | Comments(28)
午前5時20分ごろでしょうか、

起き抜けに空を見ると東の空が素晴らしい色に染まっていました。

極々淡いピンクまたはオレンジ色とでもいいましょうか、

どう表現したらよいのか、、、

写真でも実際の色が出ません。

「あかつき」という言葉が浮かんできました。

似た言葉で「あけぼの」がありますが、どう違うのでしょうか。

考えてみることもありませんでした。 

古典の授業でも違いまでは習ってませんが、清少納言の時代は

はっきりと区別されていたようですね。

(三省堂大辞林)
 あかつき
〔「明(あ)か時(とき)」の転〕
夜の明ける頃。東の空が白み始める頃。
夜明け方。
夜明け。
古くは、夜半過ぎから明け方までをさした。
 あけぼの (曙)
夜がほのぼのと明ける頃。
夜空がほのかに明るんでくる頃。
暁(あかつき)の終わり頃。
ほのぼのあけ。
しののめ。(東雲)
e0143690_2021974.jpg


この日の海も大変美しい色をしていました。
遠く富士山がはっきり見えるのですが、こちらから見ると真下の白い建物が大変目障りです。
そこで消してしまおうと考えました。
さて うまく消えたでしょうか。
少しはすっきりしたようですね。
e0143690_209759.jpg

e0143690_20103861.jpg

この辺りも砂浜が少なくなってしまいました。
30年前はこの辺でアサリがたくさん採れたのですよ。
[#IMAGE|e0143690_20104674.jpg|200911/06/90/|mid|500|9#28]
侵食された砂浜は、土盛をしてすっかり様変わりしています。
柵の下は崖状態です。
e0143690_20163352.jpg

e0143690_201972.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-11-06 20:26 | 気ままな日記 | Comments(20)
中央本線、塩山駅で下車しました。

武田信玄の菩提寺、乾徳山恵林寺は、臨済宗妙心寺派の禅寺で、
鎌倉期に夢窓国師を招いて開基した 甲州随一の名刹ということです。
広い庭内には、夢窓国師坐像、武田信玄の墓、柳沢吉保の墓、武田不動尊坐像などがあります。
e0143690_605917.jpg

ウグイス張りの廊下が、木の板ならではの艶を出して続いています。
まぶしいほど真っ白な小砂利が、静寂な空気を漂わせています。
e0143690_611428.jpg

武田信玄の墓所と少し離れて柳沢吉保の墓がひっそりと建てられていました。
e0143690_612483.jpg

紅葉には、まだ早かったようです。
最盛期には見事な色合いを堪能できるそうですが、ここでも静かなことが幸いでした。
e0143690_61388.jpg


Moreもう少し、、、
[PR]
by slowlifek | 2009-11-03 06:41 | 気ままな日記 | Comments(22)
一昨日、パソコンのお仲間と山梨へ小さな旅をしました。

翌日はアップしようと張り切って帰り、真っ暗な部屋のスイッチを入れたのですが、居間の電気がつきません。
単純に蛍光管が切れたと思い,その夜は電気スタンドで凌ぎ、翌朝 蛍光管を買って取り替えたのですが、やはり電気はつきません。
さて困った、何処が悪いのか、、、、 考えてみると、この照明器具とも十数年のお付き合いで、途中 騙し騙し使っていたことで、寿命が尽きたのでしょう。 とうとう新しい照明器具に変わりました。 

そんなこんなで、一日遅れでブログアップをしようとパソコンを開きましたが、またまたサプライズ。
大学駅伝が8時から始まってしまいました。もうパソコンは後回し。
延々5時間テレビの前から離れられません。
e0143690_1484129.jpg

テレビの前で繕い物をしながら、ふと外を見ると、枝にしがみつく様に一枚の渋柿の葉が風に揺れています。
e0143690_14122835.jpg

それを見て、レオ バスカーリアの「葉っぱのフレディ いのちの旅」を思い出して、今度は本を出して読み返しです。
e0143690_14152012.jpg

駅伝は終わりましたが、予定のアップは気が失せてしまいました。

More でもちょっとだけ、
[PR]
by slowlifek | 2009-11-01 14:43 | 気ままな日記 | Comments(16)