<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

海で見たものは、、、

一週間のご無沙汰で、海辺歩きました。
歩きなれた砂浜を暖かな陽を浴びて、今日は貝が見つけられるかしら、、、などとのんびり歩いていたのですが、何となく違和感を憶えていました。
それほど深刻に思うこともなく500mも進んだころ、ふと横を見るとそこには大きな段差が出来ています。
私は段差の下を歩いていたのですが、高いところで1mもの それは延々と続いています。
e0143690_1132859.jpg

丁度干潮の時間だったのですが、何年も何十回も歩いてる砂浜のこんな様子は、始めて目にしたことです。
はて、これはどうしたことだろう、、、? 思わず立ち止まってしまいました。 
お解かりになる方は教えていただきたいのですが、これが侵食なのでしょうか。
侵食ならば、こうして砂が削り採られて砂浜が消えていくのでしょうか。
この海岸線もあちこちで工事が進められていますが、それも自然には力及ばないのですね。
思い過ごしであることを願いながら、海岸線が壊れていくことへの虚しさを味わいました。
e0143690_11491771.jpg


海面は何事もないように、静かに青く澄んでいます。
e0143690_11534923.jpg

振り返ると、くっきりと晴れ上がった空に、富士山が聳えて。
e0143690_11545543.jpg

サイクリングロードの片隅に風紋が光っていました。
e0143690_11575120.jpg

美しい山と海にちょっぴり癒されました。

More帰りに見たものは
[PR]
by slowlifek | 2009-12-24 12:14 | 気ままな日記 | Comments(26)

21日の新聞記事から

早朝から目が覚めました。
昨日は外出をしてゆっくり新聞を見ることもなかったと、広げた新聞の記事。
(神奈川県以外の方には面白くないことでしょうからパスしてください。)

  
  神奈川新聞 照明灯より(12月21日)
   年の瀬の百人一首歌合せ
  
  今年はなんといっても総選挙。
○「花の色は移りにけりないたずらに我が身よにふるながめせしままに」
<支持率は下がりにけりないたずらに我が身に棒振る眺めせし間に> 
                        前(さきの)総理未曾有(みぞうゆう)

  ついに政権時代。
○「世の中よみちこそなけれおもひ入るやまのおくにも鹿ぞなくなる」
<世の中よ風こそなくば野党入る下院(したのいん)にも席ぞなくなる>
                             地下党(じげとう)

○「契りなきかたみに袖をしぼりつつ末の松山なみこさじとは」
<契りなきかたみにマニフェストしつつ主(あるじ)の政治 官越さじとは>
                              殿上党(でんじょうとう)

  横浜は。
○「こぬ人をまつの浦の夕なぎにやくやもしほの身もこがれつつ」
<来ぬ人を待つ帆のハマのたねまる君泣くや市長に身を隠されて>
                              開国博覧会

○「此のたびはぬさもとりあへず手向山紅葉のにしきかみのまにまに」
<このたびは公約とりあえず手向山民主の錦市民の前に>
                              即席ハヤシライス

  神奈川は。
○「つくばねの峰より落つるみなの川こひぞつもりて淵となりぬる」
<東(ひんがし)の京(みやこ)より落つる神奈川(かんながわ)人ぞつもりて九百万なり>
                               神奈川都民

  一年中。
○「人もおし人も恨めしあじきなくよをおもふゆえに物思ふ身は」
<セキ怖しクシャミ恐ろしワクチンなくインフル思うゆえマスクする身は>
                               外来院発熱

神奈川県総人口900万を突破したそうです。
ちなみに横浜市は360万。
先日マリンタワーから眺めた素晴らしい風景の中に、これだけの人々がひしめき合って住んでいるのですね


薄明るい空に儚げに浮かんでいました。
e0143690_5301972.jpg

鳥が残した柿ひとつ。
e0143690_5322570.jpg

何を買った時だったのか、お店のクリスマスプレゼント。
e0143690_5363872.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-12-22 05:40 | 気ままな日記 | Comments(14)

平穏な日々。

 12月13日
埼玉へ、病人の話し相手は疲れる。
パンやさんの店先に出た塩だるま。
e0143690_2112263.jpg

 12月14日
埼玉から帰宅後、歯科医院へ。 抜歯。 気分悪く一日ごろごろしていた。
何時撮った写真だろう、あまりにきれいに見えたので、、、
e0143690_21123274.jpg

 12月15日
午前中、食器戸棚と冷蔵庫を掃除。
夕方からチャリテイーコンサートへ出かける。
二人の世界的ギタリストの奏でる音色は、耳に優しく響く。
穏やかな口調のトークは、時に笑わせながら、飽きさせることがない。
シンプルなステージが一際、ギターの音色を引き立てているような気がする。
初めてのギターコンサート、夢のようなひととき。
e0143690_21134146.jpg

e0143690_21135450.jpg

 12月16日
寒い日。
知り合いの古典の講義を聴きに行く。
終わって、Oさんと昼食。 稲庭うどん。
つい2,3日前まであった柿の実もすっかり食べつくしたようで、寒さに鳥も震えている。
e0143690_21145932.jpg

e0143690_21144241.jpg

 12月17日
久し振りの晴れ。
カーテンの洗濯と換気扇の掃除をする。
ストーブで野菜の煮物、たくさん出来てしまった。
また2,3日食べるようになるのか、、、、
e0143690_21163667.jpg

e0143690_2116976.jpg

 明日12月18日は今年最後のパソコンレッスン。
誰にも内緒にされていた先生の結婚、12日にお式が終わっていたとは、、、
明日はレッスンにならないでしょう。(笑)

夜、息子家族が来るとのこと。
[PR]
by slowlifek | 2009-12-17 21:30 | 音楽会 | Comments(24)

12月12日のこと

小さなサロンで、ゴスペルクリスマスコンサートがありました。
声量豊かな女性3人の歌声は、いっとき現実を忘れさせてくれました。
e0143690_23371370.jpg

e0143690_23381899.jpg

大型スーパーに立ち寄りました。
店員さんの大きな声に驚いて見ると、そこには現実に戻された風景がありました。
大きな紙袋を持つ人の行列ができています。
e0143690_23385344.jpg

興ざめしたままバス乗り場へ。
そこに見たものです。 いつも見慣れた駅前ですが、今日は暖かさもあり、
荷物の持ち主の姿はありません。
ここは駅構内のはずですが?
e0143690_23391158.jpg


バスを待つ間、ベンチに腰を下ろしている老婦人がいました。
90才近いとお見受けしたのですが、身だしなみよく、白髪にお洒落なベレー帽をかぶり小さな手押し車があります。
やせ細った小さな体はどう見ても病人なのです。
腰は直角に曲がり、足元へ落としたハンカチも思うように拾えません。
やがてバスが来ました。
立ち上がることもようやく、バスに乗ろうとするのですがステップに足が上がらないのです。
まして小さいながら手押し車がありますから、自由が利きません。
思わず声をかけて、荷物を中に入れ次におばあさんの手をとり ようやくバスに乗ることが出来ました。
偶然降りるところも一緒でしたから、また降りるお手伝いをしたのですが、
手押し車の中には大根ジャガイモなど重い野菜が、取っ手にもバナナ
リンゴなどが掛っています。

余計なこととは思いましたが、
「近くのスーパーでお買いにならないのですか、
配達もしてもらえますから、そのほうがお楽ですよ」
「寝ている主人が買ってきてくれというものでね」
どこのどなたか、どんな事情があるのかは解りません。
この方のご主人でしたら、もう100歳近いのではないでしょうか。
それにしてもバスの乗り降りもままならない、この老婦が一人で重い買い物をしなくてはならない、、、、
何とか相談にのって介助してあげる人はいないのか、、、、
老老介護の寂しく悲しい現実がありました。

帰ってから考えました。
私が おばあさんのお手伝いをしている時、他にも中年の男女がいたのですが、誰も手を貸す人はいませんでした。
若い人たちを差し置いて、高齢の私が先を越してしまったためにチャンスを失って、気まずい思いをさせてしまったのでは、、、、
せっかちな性格が考えもせずに手を出してしまったのですが、こんな時は声をかけて若い人に任せるべきだったのではと反省しています。
[PR]
by slowlifek | 2009-12-12 23:57 | 音楽会 | Comments(22)

早起きして見たもの

ある朝早く、友人の犬の散歩にお付き合いしました。
朝に弱い私は、億劫でしたが素晴らしいものを見せてあげる、、、という言葉に重い腰を上げました。
  なるほど来てよかった!!、言葉通リ素晴らしい景色に出会いました。

陽が昇る寸前、東の山の上が形容の仕様がない色に染まっています。
やがて太陽が見えはじめましたが、残念なことに雲が邪魔をしています。
太陽の全形を見ることは出来ませんでしたが、
e0143690_11452464.jpg

雲の中に隠れた陽が再び上から光はじめます。
間もなく姿を現した陽は、目も眩むような光を海面に注ぎました。
e0143690_11554267.jpg

その日の青空にくっきりと現れた雲です。
e0143690_115842100.jpg


巷のクリスマス景気(不景気?)を横目に、読売オンラインの絵を見ながら久し振りでオートシェイプで描いてみました。
クリスマスイブも関係なく、普段通リの静かな夜になりそうです。
  「静夜」
e0143690_1254653.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-12-11 12:13 | Comments(21)

マリンタワー

お彼岸以来のお墓参りに行った帰り、暖かな日に誘われて、横浜マリンタワーへと足を延ばしました。
横浜開港150年を記念して、すっかりリニューアルされたマリンタワーの展望台へ上がってみたいと思っていましたので、好天は幸いでした。
40年ぶりのタワーはしっとりと落ち着いた色に化粧されて、聳えています。
みなとみらいの人気に押されて一時は取り壊しの話も出たようですが、思いがけないほどの人出でした。
e0143690_1820544.jpg

360度の素晴らしい展望は、過ぎた40年の歳月を思い浮かべて しばしの時間を楽しめました。
展望台から眺めた風景です。説明書があるのですが上から見ると遠方の場所がよく解りません。
e0143690_18211111.jpg

e0143690_18234584.jpg

タワーの横にある人形の家に続くプロムナードは好きな場所で、四季ごとに歩く機会があるのですが、今年はこれで終りでしょう。 
館内はパスしましたが、入り口で迎えてくれるこの人形が可愛くて立ち止まってしまいます。
e0143690_18321399.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-12-08 19:01 | 気ままな日記 | Comments(30)

12月6日の海

昨日の荒れた天気とは打って変わった晴天。
窓を開け放ち掃除機をかける。
日が当たる部屋を、爽やかな空気が通り抜ける。
掃除が大切な家事の一つであることが身にしみる、、、、。

新鮮な空気に入れ替わった部屋で適当に美味しい昼食を済まして、久し振りに海へ出かけました。
富士山は見られませんが、風もなく青い海は静かな姿を見せてくれました。
e0143690_20232413.jpg
e0143690_20233635.jpg
e0143690_20235084.jpg

e0143690_20254799.jpg

青春の甘酸っぱい想い出を残して、この突堤もやがて消えるそうです。
e0143690_20285017.jpg


More もう少し、、、
[PR]
by slowlifek | 2009-12-06 20:44 | 気ままな日記 | Comments(16)

ヤーコンのこと

知人からヤーコンの話を聞いたのは、一昨年のことでした。

気にも留めずにいたのですが、頂いたヤーコンを「きんぴら」にしたところ、これが美味しかったのです。

それ以来ヤーコンを買っているのですが、

先日、隣の平塚市でヤーコンフェアがあると聞いて出かけてみました。


もともとは神奈川県立平塚農高の食品科学研究班の生徒さんたちが「地元の生産緑地を守り、

地域の活性化に役立てたい」との提案に、賛同する市内の農家が栽培を始めたそうです。

その活動に共感し、青果商、加工業、商店街にも広がり、2004年に「ヤーコン応援団」が発足。

以来、簡単でおいしい調理法の考案など普及活動を続けています。

ヤーコンの原産地はアンデスということです。
e0143690_12332655.jpg
e0143690_12333635.jpg

生芋の外に、生徒が考案したジャムやお菓子、 その他 和菓子、焼酎、パンなどがずらりと並んでいます。

サラダから かき揚げ、スープにと、さまざまな料理が研究されて、幅広いレシピがあります。

この日は、サラダで食べましたが、レンコンと梨をミックスしたような癖もなく、さくさくとした歯ごたえです。

何よりも腸の具合がよくなったことはありがたいと思っています。

低カロリーで栄養価抜群のヤーコンは最近では全国に広がって、

ヤーコンサミットなるものまで開催されたようです。



そっと忍び寄る気配にもすばやく反応して、飛び立ってしまうヒヨドリです。
e0143690_1254068.jpg

久し振りに「だいがく芋」を作りました。
e0143690_1322165.jpg

[PR]
by slowlifek | 2009-12-02 13:04 | 気ままな日記 | Comments(18)