茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

氷室椿園

たまには別の道を歩こうとしました。
同じ市内でも全く知らな町は、静まり返っています。
何処を歩いているのか、方向オンチは方角さえわからなくなっています。
やがて何人かが出入りしている所へ来ました。
そこは氷室椿園,ここは何度か来ている所でした。 
にも拘らず、反対方面から入ると全く解らなくなってしまいます。
e0143690_16565041.jpg

折角なので、椿見物をしていこうと園内へ入ってみまました。
まだ咲き揃っている木は少なく、種類が多いので全部を見るためには何度か足を運ばなければならないようです。
氷室椿園は、三井不動産の元副社長である氷室捷爾さん、花子さんご夫婦の庭園を遺族が市に寄贈したもので、平成3年10月に開園しました。
広さ約2,800㎡の和風庭園で 椿が約250種類あり、「氷室雪月花」は氷室氏自身が作り出したものだそうです。(氷室雪月花がどれなのか解りません) 
行き届いた手入れがされていました
e0143690_16592388.jpg

偶然会った昔のお知り合いから、バレンタインデーのおすそ分けチョコレートをいただきました。
子供が小さい頃、喜んだペコちゃんパラソルチョコです。
e0143690_1744741.jpg


きれいな椿を見て、チョコレートをプレゼントされ、いい気分で帰ったのですが、家にはこんな郵便物が届いていました。

More 年金確認
[PR]
by slowlifek | 2010-02-26 17:40 | 気ままな日記 | Comments(28)

2・26

e0143690_101663.jpg

今日、書き写した新聞記事。

なぜか、雪の日には変事が多い。
鎌倉幕府三代将軍・源実朝の暗殺、 赤穂浪士の討ち入り、 桜田門外の変、 そして昭和の二・二六事件。
1936年(昭和11年)2月26日陸軍の青年将校率いる1400余人の部隊が重臣らを襲撃した。
斉藤実内大臣と高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監が即死。
湯河原の温泉旅館光風荘にいた牧野宣顕・前内大臣も襲われたが、危うく難を逃れた。
79年に放送されたドキュメンタリー番組「戒厳指令『交信ヲ傍受セヨ』は衝撃だった。 決起将校らの生々しい電話のやりとりが傍受されていたのだ。 「盗聴 二・二六事件」(文芸春秋)を併せ読むと、陸軍の熾烈な派閥抗争と権謀術数、青年将校の未熟が浮かび上がる。
1882(明治15)年、明治天皇は陸海軍人に勅諭を与えた。 この軍人勅諭が、護るべき規範の第一に挙げた「忠節」の中に「政治に拘らず」という文言がある。 
昭和の軍人はこれを無視して日本を破滅に追いやった。 武力集団は暴走しやすい。
1961年には旧軍人らのよってクーデター未遂の三無事件が起き、閣僚暗殺、国会占拠計画などが世間を震撼させた。
シビリアンコントロール(文民統制)の機能不全は、国の存亡にかかわる。
26日、資料約200点を展示する光風荘が公開される。

あ~、疲れました。
[PR]
by slowlifek | 2010-02-26 10:28 | 気ままな日記

のたりのたり、、、の海

先週の寒さは何処へ行ったのでしょう。
まだ2月なのですよね。

静かな海辺は、ゆったりとしていました。
なるほど、芭蕉はよく詠んだもの、”春の海 ひねもす のたりのたりかな”
眠くなるような海の雰囲気です。
e0143690_1123260.jpg

いい風景に出会いました。
 パパのコンボ(?)ボンゴ(?)のリズムに合わせてベビーのダンスが始まりました。
 貝殻の中に蟹が身を潜めています。
e0143690_1163691.jpg

 物音に空を見上げると、操縦者が見えるほどの高さでパラグライダーが迫ってきます。
 真昼の月がうっすらと浮かんでいます。(午後2時)
e0143690_11122197.jpg

偶然ですが、パラグライダーの写真に月がぼんやりと写っていました。
e0143690_11133679.jpg

海はすっかり春霞に包まれていました。
深いマリンブルーの海は、しばらく見られないことでしょう。
[PR]
by slowlifek | 2010-02-24 11:23 | 気ままな日記 | Comments(24)

お詫びいたします

またまた大失敗をしました。
朝早く、更新した記事を「編集」で直そうとしたとき「削除」をクリックしてしまいました。
皆さまから、たくさんの嬉しいコメントを頂いていましたのに、つまらないミスから失くしてしまいましたことをお詫びいたします。
再々の失敗で本当に申し訳ありません。



この辺りは自衛隊機や米軍機の航路になっているために、一日中航空機の騒音がしています。
高度があるので、音はそれほど気になりませんが、先日は珍しく低空で飛んでいました。
e0143690_8374623.jpg

その直後、すざましい轟音に驚いて見上げると何十機ものヘリが通過しています。
写真は一部ですが、この2倍くらいの編隊で飛んでいる様は壮観です。
e0143690_842349.jpg

基地近くの学校では、授業の声も中止し、家庭では一日中の騒音にテレビも聞こえず、窓も開けられないとか。
高齢者は体調が狂ってくるという話も聞きますが、理解できるような気がしました。
米軍の夜間訓練の話は解決したのでしょうか。。。

ヨモギだんごを作りました。
草の香りと風味を年に一度な味わいたいと作ったのですが、春を感じるおやつになりました。
e0143690_963272.jpg

無人販売所で。
採れたて野菜が運びこまれたところで、新鮮なほうれん草と小さなブロッコリーを買ったのですが、
両方で60円。 申し訳ないようですね。
下は同じ無人販売で買った大根の芽が出てきました。
小さなみどりが愛おしく見えます。
e0143690_9111416.jpg


暮れにゴミ集積場に捨てられていたシクラメンです。
小さな蕾を持った枯れる寸前のものでしたが、危ぶみながら育ててみました。
こんなに花が開いたのですよ。 
些細なことに喜びを感じている閑な人間です。
e0143690_9205157.jpg

  遊び。
[PR]
by slowlifek | 2010-02-23 09:28 | 気ままな日記 | Comments(22)

15年。。。。

ようやく青空が覗いた日、気になっていたお墓参りに横浜へ出かけました。

人影のない広い公園墓地は森閑として、鳥の声以外は物音もしません。

信仰心はなくとも、お墓参りは亡き人と久し振りにゆっくり会話が出来たうようで、

清々しさを感じるものです。

あれよあれよと言う間に15年が過ぎました。


少し高台には梅が一見、桜と見まごうほどの美しさで咲き誇っていました。

15年前には慌しさで、あの時も梅が咲いていたのかしら、、、などと思いながら、

思いがけない遠くからの梅見になりました。
e0143690_9203890.jpg



大船観音に河津桜が咲いている話を聞いていましたので

駅に近いこともあり40年ぶりで立ち寄りました。

杖を突き腰の曲がったお年よりまでが上る坂道をようやく上りきり一休みです。

拝観料を納め、境内に入ると目の前に河津桜がきれいに開いています。
   桜にめじろ、 ”お願いじっとしていて” 

ちょこまかと動き回るめじろを捕らえることは私には至難の業。
e0143690_10873.jpg

電車の中から見るともなく見るだけの観音様はこんなに美しいお顔だったのですね。
e0143690_943049.jpg


飲まず食わずで、午後2時30分 お腹が空きました。

一人ランチはあまり好きではないのですが、

大船駅構内の小さなおにぎりやさんは気軽に入れます。

ご飯が美味しいのですよ。

焼きたらこ 高菜のおにぎり、お味噌汁、がんもどきの煮付け、 締めて620円。

高菜のおにぎりは食べきれずに持ち帰りです。
e0143690_950454.jpg



ところで、「おにぎり」と「おむすび」はどう違うのでしょうね。

関東、関西のように地方によって異なるのでしょうか、 私は両方使っているのですが。
[PR]
by slowlifek | 2010-02-15 09:58 | 墓参 | Comments(26)

雪、のち雨

また冷たい朝、外を見るとちらちら白いものが舞っています。
とうとう雪が降った!と喜んでいたのですが、やがて氷雨になってしまいました。
そういえば去年は雪を見うることなく終わってしまいました。
e0143690_1241516.jpg

買い物もなく、外へ出る気にならない日は、パソコンがありがたいですね。
パソコンを開いた時、チャイムの音に 新築家屋のセールスだったら嫌だなと、思いながらインターフォンを取ると「郵便局です、荷物をお届けに来ました」。
見るとお友だちの名前で、送られてきたものは なんと手作りのケーキとクッキーだったのです。
本当に嬉しく、昼食前なのに早速暖かい紅茶でいただきましたが、少しブルーな気分になっていた時でしたから、お心使いが嬉しく、思わずウルウルとしてきました。
本当にありがとう、 ゆっくり楽しんでいただきますね。
e0143690_1213072.jpg

先日買ってきた芹の根から、みずみずしい芽が出てきました。
芹は強いと聞きますが、懸命に生きている植物の力強さを見ると、摘み取ることは躊躇します。
観賞用としましょう。
e0143690_12505019.jpg


More ことばの四季
[PR]
by slowlifek | 2010-02-13 13:01 | 気ままな日記 | Comments(18)

過日のこと。

寒いながら天気のよい日、

散歩コースの海岸へ出る陸橋を渡ろうと階段を上りかけた。

ふと下を見ると、階段の一段ごとに自分の影が映っている。

一寸 面白いかなとパチリ。 

その途端、なぜか急に以前 写真で見た「人影の石」が頭をよぎった。

。。。。。広島の原爆記念館に保存されているという。


暖かいとか寒いとか、美味しいとか不味いとか 面白いとかつまらないとか、

文句を言いながら、自由な境遇を当たり前のように暮らしている。

小学校時代の多くを戦時に過ごし 見聞きした大人たち(子供も)の苦難を、

背筋をしゃんと延ばして その時代を思い返すことは、

ぬくぬくと生活している私には、必要なことかも知れない。

偶然に自分の影を見たことで、今の暮らしのありがたさを感じながらの散歩になった。
e0143690_19405032.jpg

いつもより少し遅い時間の海は、高い波が押し寄せています。
e0143690_20121363.jpg

砂浜にくっきりとついた足跡も、歩幅が年々狭まってくるようです。
e0143690_20123439.jpg

立ち寄った店先のガラスに水滴が光っていましたが、私のカメラでは撮りきれません。
e0143690_2014426.jpg


More その日の午前中
[PR]
by slowlifek | 2010-02-11 20:19 | 気ままな日記 | Comments(14)

 2・7の海 

久し振りに暖かな日曜日、今日は溜まった家事を片付けようと張り切ったのですが、外は素晴らしい青空。
こんな天気は滅多にあるものではない、こんな日の海と富士山は見応えがあるはず、家事は明日でも出来ると飛び出す。
思った通リ、素晴らしい眺めが待っていた。
e0143690_179654.jpg

日曜日でもあったので、サイクリングロードは上着を脱いだ人たちで賑やかです。
先ず、富士山を見て 来てよかった~、、、 
雲一つない富士山の息を飲むような美しい姿です。
雪を被った富士は一回り大きく見えるのですね。

More バレンタインデ-
[PR]
by slowlifek | 2010-02-08 15:32 | 気ままな日記 | Comments(30)

久し振りの散歩で。

陽だまりは温かかくても、北風の冷たい日です。
寒さにかまけて、しばらく歩きをサボっていました。
青空を見上げながら早足で歩くと、何となく体が温まってきます。
e0143690_12194874.jpg

イチョウの木に蔦がびっしり絡まっているのですが、時期には出てくるイチョウの葉は、年毎に弱々しくなるようです。
e0143690_12195652.jpg

藤棚が面白い影を落としていました。
e0143690_12201139.jpg

つい さっきまで、老夫婦が肩を並べて腰を下ろしてたベンチ。
e0143690_12202460.jpg

冬の日を浴びて、新鮮な若みどり色が輝いています。
e0143690_1220404.jpg

夕ぐれに海岸から見た空は、茜色に染まっていました。
e0143690_12212361.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-02-06 12:48 | 気ままな日記 | Comments(20)

映画と音楽と

 「オーシャンズ」
マリンブルーの海を群れをなして回遊する魚たち、大海原を悠然と泳ぐシロナガスクジラ、荒れ狂う波に必死に耐える水鳥、、、、
海中の神秘や、不思議な生態の美しい画面に身動きもせずに見入る。
。。。突如胸が痛くなる画面に変わる。
人間の、飽くことのない欲望に絶えた多くの海中動物、また絶滅の危機に瀕している いく種類の魚たち。
残酷な場面に声もない。
e0143690_15564695.jpg

「気分はいつも春!」 横浜で新春のコンサートが開かれました。
おなじみの曲が数曲、春の気分満喫です。
e0143690_1622092.jpg

真っ直ぐ帰ったのですが、道すがら こんなものを見かけました。
e0143690_1654991.jpg

日本大通リ駅の地下道で壁画が目につきましたが、3点とも横浜をイメージしたようです。
e0143690_16101425.gif

e0143690_171938.gif

[PR]
by slowlifek | 2010-02-02 16:16 | 映画 | Comments(22)