<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏近し

毎日利用するスーパーの入り口の上に、今年もツバメが帰ってきました。
巣からチラリと子ツバメの頭が見えますが、
親ツバメはカメラや人だかりを警戒するのでしょうか、近づこうとしません。
毎年糞害に悩まされているスーパーですが、歓迎している客は私だけではないようです。
「夏が来た。。。。」 そんな感じがしますね。
e0143690_16411523.jpg
e0143690_16412434.jpg

真っ赤なユスラウメが雨に濡れて宝石のように輝いています。
地元のプチトマトも味も美しさも負けていません。
e0143690_16324184.jpg

今年初めて萩の花を見ました。
いつも早く咲くのですが、今年は特に早いような気がします。
e0143690_16313121.jpg

透き通った滴を一度撮ってみたいと思っていました。
何とか撮れたと思いますが、、、、。
e0143690_1632363.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-05-28 16:57 | 気ままな日記 | Comments(24)

大雨の後の海は

二日続きの雨の後、家に閉じ込められた鬱憤を晴らしに海へ出ました。
風が強く、砂まみれ 潮まみれになることは承知でしたが、これほどとは、、、、。

夕方5時近かったでしょうか、西の海はぼんやりと潮で霞んでいます。
e0143690_7545748.jpg

目の前の海は辛うじて青く見えます。
e0143690_7565127.jpg

砂防柵に囲まれた一角にきれいな風紋が光っていました。
e0143690_8194490.jpg

強い風に長居は無用 引き上げようとした時、砂地に出来た大きな水たまりにきらきらと日が射していました。
e0143690_831153.jpg

吹き上げる潮に遮られたお日さまは、こんな状態でした。
e0143690_83199.jpg

ハマヒルガオもハマボウフウも健在です。
e0143690_881877.jpg

コウボムギでしょうか。
e0143690_882845.jpg

お友達の家の玄関先で。
e0143690_8105759.jpg

潮風で帽子までが、べとべとです。
早速シャワーを使ったのですが、まだシャワーだけでは寒いですね。
[PR]
by slowlifek | 2010-05-26 08:23 | Comments(21)

虹? について

昨日↓の記事、「虹?」にコメントをお寄せいただいた皆さまへ。

気象学には全く無知な私は、偶然虹?を見つけて単純に喜んでいたのですが、
先ほどmt77さんから、それが虹ではなく「水平環」と言うとのコメントを頂戴しました。

早速ネット検索して見ましたところ、
岩谷忠幸氏が「気象最前線」でお書きになっていらっしゃいましたので、
書き写させていただきます。

水平に伸びた虹のようですが、原理的には虹とは全く違います。
水平環(環水平アーク)と呼びます。

虹は太陽光が雨粒に反射して発生しますが、
水平環は氷の結晶の雲で、光の屈折して起こります。

わかりやすい違いで言うと、
虹は太陽の反対側にでき、水平環は太陽と同じ方向にできます。
高さ5千mと高度が高く、薄い雲があり、
6角柱の氷粒が同じ方向にそろって分布しているときに、
太陽光が屈折して、虹色に見えます。

見える位置としては、太陽の真下46度のあたりと決まっています。
ですから、太陽の高度がそれ以上に高くないと見ることはできません。

日暈(ひがさ)は太陽から22度の円でみえますが、
46度の外側にも日暈はできます。
外側の日暈の真下の部分で、光が強いのでよく見えることがあります。

なお、水平環は彩雲とも違います。
彩雲は巻積雲や高積雲などの雲の縁にそってみられるものです。

説明がわかりにくくてすみません。

学術的に細かく分類すよりも、
光の芸術を純粋に楽しんだほうがよいかもしれませんね。


mt77さん、ありがとうございました。
[PR]
by slowlifek | 2010-05-24 23:38 | 気ままな日記

虹?

ある朝、洗濯物を干しながら空を見た時、一瞬目の錯覚かと思う柔らかい光が見えました。
多分 小さな虹でしょう、淡い色の雲が光っています。
自然現象が不思議な感覚となって体を包みました。
しばらく見とれていたのですが、急いでカメラを取り出した時は消える寸前でした。
実際にはもう少し濃く見えたのですが。
お気づきになった方はいらっしゃいませんか。
e0143690_10575039.jpg

身近で小鳥の鳴き声がします。
目を凝らして探すと、「ノビタキ」でしょうか、枝の陰に小さな姿が見えます。
e0143690_10593045.jpg
e0143690_10593890.jpg

電線のツバメは、シャッターを押すまで ゆっくりと待っていてくれました。
初夏を思わせるツバメが飛ぶ姿は、優雅で美しいものですね。 
e0143690_113563.jpg


散歩の途中のお宅に、造花と思うような花が咲いていました。
名前は解りません。
e0143690_1112593.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-05-23 11:17 | 気ままな日記 | Comments(27)

とんぼ返りのお墓参り

3年ぶりに実家のお墓参りが出来ました。
一人で行く予定でいたのですが、娘の申し出で車に便乗しました。
5月の中央高速道は緑に囲まれて、
慌しいながら久し振りに親娘二人だけの時間が流れました。

お墓の前には昔からの藤棚があるのですが、
紫が好きだった母が喜んで二人を迎えてくれたかのように咲いていました。
e0143690_14244010.jpg

午後から娘の嫁ぎ先での用事が控えていましたので、
故郷散策は出来ず松本城だけ10分ほど駆け足で廻りました。
立派に整備されたお城は、近くの学校に通っていた当時の寂れた姿はありません。 
、、、、もう60年近く前のことです、、、、
北アルプスだけは変わらず、以前のまま優雅に聳えています。
何時見ても飽きない北アルプスの風景です。
e0143690_1434063.jpg

e0143690_1438782.jpg



次は必ず一人で懐かしい場所をゆっくり訪ねたいと思いながら、また高速道路を走りました。

娘の嫁ぎ先での用事が控えていますので、そのまま山梨へ向いました。
途中車の中から緑の山々が美しく見えるのですが、振動でしっかり撮れません。
e0143690_14443723.jpg

諏訪湖を過ぎた頃見えた水田が印象的でした。

e0143690_14584931.jpg


More 山梨県に入って
[PR]
by slowlifek | 2010-05-20 15:09 | 墓参 | Comments(29)

ハマエンドウの花

ハマヒルガオを見た日、海岸の道を逆方向へ歩きました。
この道は好きな道ですが、ここしばらく見ないうちに何やら様子が違う、、、と見ると
砂防林に面した草原一面が、ハマエンドウの紫色に染まっていました。
花が小さくて見難いここと思いますが。
e0143690_7212512.jpg
e0143690_7213355.jpg

何年も歩いている場所ですが、このハマエンドウの群生は初めて目にするものでした。
香りはありませんが、その見事さにしばし見とれていました。

e0143690_7241030.jpg

砂防柵の角にはハマダコンや待宵草も開いて、海岸は花盛りです。
e0143690_7243047.jpg
e0143690_7244014.jpg


More おまけは、、、
[PR]
by slowlifek | 2010-05-16 07:38 | | Comments(36)

ハマヒルガオ 2

疎らに咲いていたハマヒルガオはその後、増えたのかしら、、、、
気になって見に出かけました。
願うことなら群生が見たい。
ひんやりとした風が心地よく、自然に足早になります。

見事に咲いていました。!!

e0143690_17354731.jpg

e0143690_17362278.jpg
e0143690_1736317.jpg

但し、廻リはぐるりとロープが張られて中に入ることが出来ません。
釣りや海で遊ぶ人は多くいますが、ハマヒルガオにはあまり興味がないのでしょうか、
花を見る人はいません。

また天候が崩れるとか、今日は明日の分まで歩きましょう。
海は今日も穏やかです。
小学校の校外授業で、子ども達は歓声を挙げて楽しんでいます。
e0143690_17502982.jpg

干潮で潮が引いていく砂浜です。
e0143690_17553820.jpg

中年のご夫婦が散歩中です。
ちょっぴり羨ましいと思いながら、失礼してパチリ。
e0143690_17592944.jpg

乾いた砂に腰をおろして見上げた空は、夏を思わせる雲が浮かんでいました。
e0143690_1805675.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-05-14 18:06 | | Comments(19)

小田原城へ

朝 突然の電話で、小田原城へ行くことのになりました。

藤 つつじには遅く、菖蒲やアジサイには早い中途な時期だと思ったのですが、
緑を見たいという友人の希望で行ってきました。
何処を見ても若いみどり、深いみどりと緑いっぱいです。
やや曇りがちの空模様は歩くことにも幸いしました。
e0143690_1237521.jpg

お堀の水面に映る朱塗りの橋がきれいです。
e0143690_1239213.jpg

観光メインになっている「御感の藤(ぎょかんのふじ)」は盛りを過ぎて美しさはイマイチと言う感じですが、
堀の隅一部に咲く黄菖蒲が目立ちます。
e0143690_1244970.jpg

実は藤も何枚か撮ったのですが、お見せできるシロモノではなく恥ずかしながらMoreにこっそりと載せました。 
いつもながらカメラの勉強をしなければ、、、と思うのですが。

Moreお恥ずかしゅうございます(ーー;)
[PR]
by slowlifek | 2010-05-11 13:11 | | Comments(34)

ハマヒルガオが咲きました。

連休が終り一息ついた海岸は静かです。

いつものコースを気持ちよく歩いていた時、草むらにハマヒルガオが開いているのを見つけました。
今年初めて見ましたが、まだ数は少なく来週あたりは、もう少し増えているのではないかと思います。
踏みつけられて傷んでいるものが多く残念でしたが、よい花だけ映してみました。
今年は群生を見たいと期待しているのですが、蕾が少ないように思います。
e0143690_20265061.jpg

砂防林の樹木が緑を深めて、やがて来る夏シーズンを思わせます。
e0143690_2036244.jpg

e0143690_20361030.jpg

ハトとスズメが恰好の被写体になってくれました。
写真が暗くてわかりにくいでしょうか。
漁港も眠ったように静かです。
e0143690_20372117.jpg

この穏やかさは何だろうと思うほどゆったりと、しばらく砂浜に座り込んでいました。
先日の、原宿の雑踏とは正反対の地に住んでいることが、ありがたいとさえ思えます。
帰り道の角に、手入れもされずに咲くバラがきれいでした。
e0143690_20512438.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-05-07 20:57 | 気ままな日記 | Comments(28)

ようやく一息つきました。

こんなに疲れたゴールデンウイークを送ったことがあっただろうか?と思うような日を過ごしました。

予定では、5月1日の結婚式の後は、いつもの通り海を散歩して
新しいラジカセでテープの小説を聞きながら、静かに過ごそう、
そして気が向いたらどこかへ出かけてみようと思っていたのですが、、、、。
e0143690_18551413.jpg
e0143690_1855232.jpg

当日は行きも帰りも、人混みで狂いそうな表参道を原宿駅まで歩いたのですが、普通ならば10分のところ、人を押しのけ掻き分け倍以上の時間がかかります。
ゴールデンウイークの晴天とあって混むことは予想していましたが、恐ろしいほどの人出に疲れ果てて、せっかくの晴れの結婚式にも「何故こんな場所で」と ついグチが出ます。
ようやく座れた山手線の中ではぐったりと目を瞑っているだけでした。

驚いたことに、あの狂気の雑踏の中をベビーカーを押しながら歩く若い夫婦がたくさんいるのです。
乗っている赤ちゃんは、前の人の足だけしか見ることが出来ず、
人息れと埃の雑踏の中を乳幼児を連れて、アイスクリームを食べながら嬉しそうに歩く親。 
(全く何を考えているのか、、、、年寄りの余計なお節介です。)

その日娘は帰る予定でいたのですが、折角だからと我が家へお泊り。
ここから全てが狂ってしまいました。
以降入れ替わり立ち替わりの来客で、普段は静かに気ままに生活している身には暴風のような騒ぎになりました。

昨夕 嵐が去った後は、食事をする気にもなりません。
それでも何か食べなくてはと、お尻を叩いて作ったもの。
キャベツの残り少々 玉ねぎ1こ エリンギ一本 ウインナーの残り2本を使った
コンソメ味のスープと人参サラダだけ。
青味がない、、、 そうそう、セロリの葉があったはず。
e0143690_18583565.jpg

静かになった部屋の中には、シクラメンと人参の切れ端が青い芽を出していました。
e0143690_19414100.jpg

e0143690_192433.jpg


More  トマト三昧
[PR]
by slowlifek | 2010-05-05 19:24 | 気ままな日記 | Comments(30)