茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

長い梅雨に入りました。

梅雨に入った途端に台風がお出で下さるとのこと、
ありがたくないお客様ですね。
髪でもすっきりすれば、鬱陶しさも違ってくるかしらと、
近くの美容院で一番にカットしてもらいました。

 雨の日にしたこと。

先日の新聞記事から。
縦書き文のをワードでそのまま書いてみたのですが、
二桁数字が、きれいに入りませんので、残念ですが写真にします。
中年の悲哀がひしひしと伝わりますね。
e0143690_11223984.jpg

三十数年前に作った汚れた「きり絵」が出てきました。
パソコンの中で、少し手入れをして額に入れてみましたが、
実際に使うのは気がひけます。
e0143690_11342263.jpg

久しぶりにオートシェイプで絵を描きました。
よみうりオンラインをなるべく忠実に描こうと思うのですが、大分変ってしまいました。
この絵はまだ前半部分で、後半はやや難しくなりそうです。
e0143690_11381966.jpg

今日のブランチは。
きゃらぶき、菜っ葉のごま油炒めは、娘の姑さんが手作りをわざわざ送ってくれました。
冷凍してあったパンプキンスープとシリコン鍋で残り物野菜の始末です。
e0143690_1140650.jpg

早過ぎるのか、遅いのか、解りませんが、
梅雨に入る前の晴れた日に見つけた小さな実。
e0143690_1151365.jpg

ミドリの葉が陽の光を受けて透き通って見えます。
e0143690_1282247.jpg

e0143690_12165753.jpg

[PR]
by slowlifek | 2011-05-29 12:31 | 気ままな日記 | Comments(20)

鎌倉文学館へ

吉屋信子記念館を見終わり、その足で近くの鎌倉文学館へ廻りました。
春のバラ展が開かれているとのこと。

鎌倉文学館は、元は前田侯爵別邸だったのですが、
戦後はデンマーク公使、佐藤栄作元総理の別荘として使われていたようです。
深緑に変わってきた木々で薄暗い道は、人影も疎らで、おしゃべりの声も聞こえません。
e0143690_8413336.jpg
e0143690_8414545.jpg

バラ園はそれほど広くはないのですが、ここでもボランテイアさんの手入れが行き届いています。
e0143690_8524881.jpg
e0143690_8525726.jpg

e0143690_9491963.jpg

きれいに咲くバラもそこそこに、緑の木漏れ日の中を歩きたいと、
広い敷地内をゆっくり廻ってきました。
みどりは本当に安らぎ落ち着き、人を幸せにするものですね。
e0143690_856112.jpg
e0143690_8562067.jpg
e0143690_8563263.jpg

e0143690_99127.jpg

館内は常設展のみでしたが、鎌倉文士の作品や遺品がずらりと納められて、
重厚な雰囲気が漂っています。
e0143690_924346.jpg
e0143690_9241516.jpg

[PR]
by slowlifek | 2011-05-24 09:26 | 気ままな日記 | Comments(22)

吉屋信子記念館

新聞配達の音で目が覚める。
起き出すのにはまだ早い、ラジオを聞きながら、また うとうととする。
7時の時報で2度目の目覚め、 インスタントコーヒーを飲みながら、新聞を見る。
鎌倉・吉屋信子記念館がオープンされているという記事が目に入る。
暑くなるという予報にしり込みをしそうになったが、いつも見ることが出来ないところなので、
今日はぜひ行かなければ、、、と思うと、頭も体もしゃんと動き出す。

一番で入ったので、見学者は誰もいません。
すっかり戸が開け放された館内は、明るく静まり返っています。
女性職員さんの説明を聞きながら、
独身を通した信子は、門馬千代という女性秘書を、
生涯の伴侶としたという話を、昔 母から聞いたことを思い出しました。
当時は、不道徳で不潔なことと受け止めた記憶があります。
e0143690_10461986.jpg
e0143690_10462738.jpg

裏庭の大きな藤棚の前にデスクを構えた書斎は、すっきりとしています。
e0143690_10463612.jpg

部屋の壁には、そうそうたる鎌倉文士たちの写真、
昔懐かしい少女小説、晩年この地で書かれた源氏物語 女人平家など、
多くの作品がケースの中に展示されています。
遺品などが見られないことをお訪ねすると、
近くの鎌倉文学館に展示されているということでした。
e0143690_10554023.jpg

e0143690_1058649.jpg
e0143690_10581672.jpg

広い敷地(1877㎡)には花の色が少なかったようです。
e0143690_1121632.jpg

江の電の窓越しに見た由比ヶ浜。
e0143690_11292913.jpg
e0143690_11294032.jpg

[PR]
by slowlifek | 2011-05-22 11:33 | 気ままな日記 | Comments(12)

5月17日のこと

 半袖と長袖を交互に着るような日が続いています。
 夏の電力需給が懸念されている時、
 四季から夏がなくなればいいと思うほど、夏嫌いな私はどうすればいいのか。

 こんな夏が過ごせたら、どんなにいいことでしょう。
 窓を開け放ち、蚊帳を吊って団扇を使いながら、いつの間にか眠りに落ちる、、、、
              神奈川新聞 「 ことばの四季 」  荒井和生
e0143690_717653.jpg


  5月の鎌倉銀幕上映会    
 震災で、4月の予定は中止されましたので、2カ月ぶりの映画鑑賞です。
 三世代にわたる女性たちが、母娘の葛藤の中で自立を求めていく。
 久しぶりに見たカトリーヌ・ドヌーブは、
 美しさは変わりませんが、体格もよくなってすっかり貫禄がついていました。
e0143690_7193881.jpg

  鎌倉芸術館 
e0143690_7213344.jpg

  鎌倉芸術館 中庭の竹
e0143690_7222040.jpg

 映画の後、駅前の商店街をぶらぶらしました。
 狭い通りの両側に立ち並ぶ商店は、商品の多さ、品物の良さ、安さで買い物客で賑わっています。
 生きのいいカマスが出ている、アスパラが安いなどと見ているだけ。
e0143690_7395934.jpg

e0143690_74592.jpg


 古い絵本「コドモノクニ」をめくっている時、
 大正時代の面白いこどもクイズを見つけました。
 大正十二年にケンショウという名でクイズがあったのですね。
  
   『ケンショウサンジュツ』  左の絵
 マンナカ ノ クツヤ ガ
 マワリ ノ モノカラ クツヲ タノマレマシタラ
 ナンゾク コシラヘ ナケレバ ナリマセンカ。
  
   『コドモサンジュツ』  右の絵
 カヘル ガ 一ヒキ モグッタラ
 ニヒキ ガ ツヅイテ トビコミマシタ
 ハジメ カヘルハ イクヒキ ハノ ウヘ ニ ヰタノデセウ。
e0143690_7281153.jpg

e0143690_7331100.jpg

皆さんは、ブログの題名に困ることはありませんか。
[PR]
by slowlifek | 2011-05-18 07:47 | 気ままな日記 | Comments(15)
一人暮しも長くなると、
毎日の生活は手抜きになって、我ながら愕然とすることがあります。

久しぶりで晴れた朝。
さあ、今日は頑張るぞ~と、腕まくりをしました。
掃除洗濯、まだ出ている冬ものも片付けて、、、、
布団を干しながら見上げた空には、一点の雲もない青空。
こんな日は冨士山がきれいだろうと思うと、もう駄目です!。
冬ものの片付けは後回し、そそくさと支度をして外へ飛び出しました。

日曜日の8時半は、爽やかな空気が流れています。
さすがに休日の海岸は人が出ていましたが、冨士山は大当たり。
e0143690_17542264.jpg

海も大変穏やかです。
寄せては引く波が見事な線を描いています。
干潮時の「えぼし岩」では、休日の釣りを楽しんでいるようです。
e0143690_17591376.jpg
e0143690_17592242.jpg

e0143690_1816785.jpg

今朝は、山も海も空も青一色。
e0143690_182927.jpg
e0143690_1822090.jpg

振り返った砂浜にパラグライダーの影が。
e0143690_1822849.jpg

名前も知らない小さな花も見られます。
植物オンチでも、さすがに「ハマヒルガオ」と「桑の実」だけは解りますね。
e0143690_1842462.jpg

e0143690_184532.jpg

e0143690_1813178.jpg

家事をさぼって、よかったーと思う海岸での時間でした。  (おわり)
[PR]
by slowlifek | 2011-05-15 18:24 | 気ままな日記 | Comments(21)
真夏のような暑さから一転、梅雨に入ったような日です。
暑かったり寒かったり、不順な天候が続いて、これからの季節はどうなることでしょう。
雨降りで外の用事もないので、
今日は手を付け始めて、そのままになっている書類や写真を整理して過ごしました。

ブログはまた、寄せ集めの投稿です。
  ○宅配便でーす。
   美味しいものがたくさん、嬉しいですね~。
e0143690_2033621.jpg

  ○呑気でいいね~、何を考えて生きている?
e0143690_2035843.jpg

  ○パパ、がんばって!
    いい眺めです。
e0143690_208484.jpg

 ○ちょっと困ったこと Ⅰ
   交通の邪魔だよ!。
   開店前30分。 美味しいといわれる海鮮料理の店。
e0143690_2093591.jpg

 ○ちょっと困ったこと Ⅱ
   危険!! 浸食で、折角の柵も危険この上なし。
   事故が起きてからでは遅いよ。
e0143690_2095087.jpg

 ○ちょっと困ったこと Ⅲ 
   「どうしよう、砂浜は歩けないよ~」 
   (ハダシになりなさいっ!)
e0143690_201023.jpg


 ニセアカシア?の花が咲きました。
e0143690_20102092.jpg

[PR]
by slowlifek | 2011-05-12 20:24 | 気ままな日記 | Comments(24)

海辺の花

久しぶりに風邪をひきました。
悪寒がしてきたので、これはいけない、
さっそく「たまご酒」を飲んで早めに床へ着きました。
このたまご酒、私の風邪には特効薬なのです。
よほど高熱が出ない限り、体を温めて寝ることがなによりですね。
ドラックストアーや、病院で処方された薬より、よほど効果があります。
翌朝はケロリと治って、今回も保険証を使うことなく過ぎました。

日曜日の朝、海岸の花が咲き始めたという連絡が入りました。
体調も悪くなく、家にこもってグズグズしているよりはと、出かけてみました。
まだ一面にとは行きませんが、ハマヒルガオが可愛い姿を見せていました。
盛りは今月末ぐらいでしょうか。
e0143690_18184959.jpg
e0143690_18185852.jpg

ではハマエンドウはどうかしら。。。。
少し早いと思いますが、咲いていました。
只、花はやや少なく、枯れた花もあり、昨年のような見事さはありません。
e0143690_18241495.jpg
e0143690_18242193.jpg

浜ダイコン、マツヨイ草も心なしか花の開きに勢いがないような気がします。
まぁ、6月いっぱいは楽しむことが出来そうですね。
e0143690_18264338.jpg

e0143690_18384193.jpg

風邪を用心して、早く帰ろうと思ったのですが、ここまで来たら、そうはいきません。
年々少なくなっていく砂浜で、久しぶりに貝を拾いました。
e0143690_18371051.jpg

[PR]
by slowlifek | 2011-05-09 19:01 | 気ままな日記 | Comments(18)
肌寒い雨降りの一日です。
ようやく滞在者が帰り、ほっとした途端、喉の痛みを感じて、どうやら風邪をひいたようです。
年に一度くらいは風邪気味になりますが、そんな時は家にじっとしているに限ります。
以前,何度か載せて見ていただいた「ことばの四季」の手作り冊子が大分傷んできましたので、
朝から少しずつ書き直しを始めました。
季節の文を探しながら今日のノルマはここまで。
e0143690_1814769.jpg

先日、「ハンカチの花」が咲いたという記事を見て、大船植物園へ行ってきました。
大風で花びらは少し痛んでいましたが、まだまだきれいに咲いて、
曇り空でしたが、透き通った花びらは日が射していたら、さぞかし美しいことでしょう。
e0143690_18144743.jpg

おまけに「ナンジャモンジャ」の花も初めて見ることが出来て幸せでした。
遠くから見ると本当に綿を被った木のように映るのですね。
e0143690_1815694.jpg

バラの花はどうかしらと期待していたのですが、こちらはまだ時期尚早です。
他の花も今一つ、まあハンカチとナンジャモンジャが見られたので、満足しました。
e0143690_18173858.jpg
e0143690_1818457.jpg

花の写真は嫌ですね~。
じっくり構えて撮ればいいのでしょうが、
せっかちな性格は、それが我慢できないのです。
立ち止まることもせず、歩きながらいい加減な撮り方では仕方ありませんね。
  すみません、コメント欄閉じさせていただきます。
[PR]
by slowlifek | 2011-05-07 18:20 | 気ままな日記

野島公園・伊藤博文別邸

連休中、我が家には滞在者がいるのですが、
用事で出かけることになり、私は別行動で横浜野島公園へ行ってきました。
横浜最南の平潟湾入口に浮かぶ小さな島(野島)の中に出来た公園で、
歌川広重が描く「野島夕照」で知られています。
e0143690_11214045.jpg

公園の一角に、明治31年建築の初代内閣総理大臣伊藤博文の別邸があります。
後年は度々持ち主が変わり、遂には荒れ果てたまま放置されていた建物を、
平成18年横浜市が指定文化財として改築、管理されています。
e0143690_11215917.jpg

潮干狩りに夢中の人以外は、公園内は人影もまばらで、
伊藤家別邸の見学者もちらほら、ひっそりと静まりかえっています。
順路に従って、たくさんの写真や展示物があるのですが、ガラスケースの中で
光線が邪魔をして思うように撮れません。
倒幕運動に奔走した桂小五郎、山形有朋、井上薫、、、、
そうそうたる人物の写真や書がありましたが、殆ど見られる状態ではありませんでした。
伊藤博文初代総理大臣は、時に44歳だそうです。
明治の上流社会が伺われる女性の華やかな服装が目に付きました。
e0143690_11331579.jpg
e0143690_11332459.jpg

広い庭は、手入れが行き届き、目の前の平潟(ひらがた)からの潮の香りが漂ってきます。
e0143690_11411880.jpg
e0143690_11412677.jpg
e0143690_11413455.jpg
e0143690_11414358.jpg


庭に隣接したボタン園には、先週までは華やかに咲き乱れていたそうです。
e0143690_11591074.jpg
e0143690_11592199.jpg


More 黄砂に霞む平潟湾
[PR]
by slowlifek | 2011-05-04 12:22 | 気ままな日記 | Comments(16)

横浜 馬場花木公園

暑くもなく、寒くもなく気持ちの良い4月最後の日、
横浜市立馬場花木園へ行ってきました。
家を出て1時間20分、京浜東北線鶴見駅下車。
時々、Sさんのきれいなブログを拝見して一度訪ねてみたいと思っていました。
平成11年に完成した横浜には珍しいと言われる和風庭園です。
それほど広くもなく、ぶらぶら歩きで廻るためには丁度いい敷地面積です。
「四季を通して花が絶えることがなく、何時お出でになってもいいところですよ。」と
草取りしていた女性は明るく話してくださいました。
e0143690_8535946.jpg

黙々と手入れをしている人々のおかげで、楽しめることを感謝しながら美しい公園を歩いてきました。
八重桜は葉桜になり、たくさんのボタンも遅かったのですが、
緑のシャワーを浴びながら、他愛ない世間話をしながら散歩にはよい場所でした。
e0143690_8592888.jpg
e0143690_8594048.jpg
e0143690_8595230.jpg
e0143690_90530.jpg

ボタンを少し。
e0143690_975418.jpg

若い竹林に風がさわさわと吹き抜けます。
e0143690_914372.jpg

咲き残った乙女椿一輪。
e0143690_916155.jpg

帰りに気が付いたのですが、入口もしっとりとした美しさでした。
e0143690_9181423.jpg


More いただきました。
[PR]
by slowlifek | 2011-05-01 09:21 | 気ままな日記 | Comments(16)