<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 雪が降りました

  待ちに待った雪が降ったのに、お昼ごろには止んで雨になりました。
  寒いことも大雪も困りますが、年に一度くらいは雪景色を見たいもの。
  何十年ぶりで作った不格好な「雪うさぎ風」です。
  耳は大根の葉で。
e0143690_13435987.jpg

  朝6時頃はまだそれほどではありません。
e0143690_13501137.jpg

  通勤通学は大変だったでしょうね。
  電車のダイヤは大丈夫だったかしら、転ばないように気を付けて。。。
e0143690_1350491.jpg

  強い北風に乗って激しく降り続けました。
e0143690_13534995.jpg
e0143690_1354170.jpg

  これではいい子たちも遊べませんね。  今日はママが大変です。
e0143690_1354879.jpg

e0143690_140776.jpg


  外へ出たついでに茗荷を1パック。
  158円ですって、まあ高い!
  でも欲しかったので買いましたが、茗荷を買って食べるとは以前なら考えられないことです。
e0143690_1451148.jpg


  
[PR]
by slowlifek | 2012-02-29 14:10 | 気ままな日記 | Comments(25)

映画「白痴」 ・ おんめさま(大巧寺)

 映画「白痴」 昭和27年上映。
  当時は学校の許可がない映画は自由に見られないころでした。
  後年、再上映された時体調を壊して、
  友人だけが見に行き、悔しがったことを思い出しました。
  ドフトエフスキーの小説「白痴」を黒沢明が映画化したのものです。

  先日、タウン誌で鎌倉で上映されることを知り、期待して行ってきました。
  戦後の映画時代のスターたちがきら星のごとく名前を連ねています。
  森雅之、原節子、三船敏郎、久我美子、柳永二郎、志村喬、東山千栄子、中北千枝子、、、、、、
  殆どの人が故人になっていることを思うと、60年の歳月をつくづくと感じます。
 
  物語は私にはとても理解出来ない不思議なものでしたが、
  まあ、白黒の荒れた画面の中で大スターたちの顔が見られて、
  懐かしかったというところでしょうか。
  あまり好きではないのですが、原節子は美しいですね。
  鎌倉で静かな生活をしているとか。
e0143690_20422416.jpg



  会場の隣が「おんめさま」で有名な大巧寺です。
e0143690_20522426.jpg

e0143690_2152621.jpg

 まだ寂しい庭でしたが、ぼつぼつ梅や椿が開いて色を添え始めています。
e0143690_2154133.jpg
e0143690_2154661.jpg
e0143690_2155579.jpg
e0143690_216038.jpg


  鎌倉駅には鶴岡八幡宮の牡丹が人目を引いています。
e0143690_217587.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-02-26 21:15 | 映画 | Comments(18)

梅ごよみ

 偶然見つけた白梅に感激した三日後、
 今度は満開の紅梅を見ることが出来ました。
 あちこちの梅はまだ蕾のまま足踏みをしていますが、
 この木は一体どうしたことでしょう。
e0143690_1643349.jpg
e0143690_1643124.jpg

 今年ほど梅の花を恋しく思ったことはないような気がします。
 これも厳しい寒さが続くからでしょうか。

 梅の文字を探って遊んでいる時、
 平安時代のロマンを思わせるゆかしい話が出てきました。
   
   

   「何でも梅学」より
e0143690_16465458.jpg

 聞き覚えのある言葉ばかりですが、今は使うこともなくなっているのでしょう。
e0143690_164968.jpg

 「梅暦」はウメの花のことを言い、別名として 
   木花
   花の兄
   春告草
   好文木
   香栄草
 初名草など多くあるそうです。

 ↑の紅梅は民家の庭に咲いているのですが、
 向かい側には大きな白木蓮が通行人を楽しませてくれます。
 ようやく蕾が膨らんできたようです。
e0143690_1712715.jpg

e0143690_17185465.jpg

 香りと味を楽しんで、ワインゼリーを作りました。
 グラスの縁に小さな泡が出来てしまいましたね。
e0143690_17235158.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-02-21 17:26 | 気ままな日記 | Comments(26)

チャリテイ・コンサート

 今朝(18日)の富士山は、まだまだ厚い雪化粧です。
e0143690_15135777.jpg


 17日夜、恒例になったチャリテイコンサートを聴いてきました。
 ボーカルは北浪良佳さんという女性ですが、
 モデルの経験もあるとか、すらりとした美人です。
 プログラムはポピュラーナンバーからお馴染みの曲をすっかりアレンジした楽しい数曲。
     ここで ”アマポーラ”とはヒナゲシということを知りました。
 武満徹作品では、五木寛之作詞で
 かってハイ・ファイ・セットの歌った「燃える秋」は大好きな歌ですから、
 すこしハスキーでボリューム豊かな歌声に聞き入りました。
  映画は見ていないのですがほんとにいい歌ですよね。
 サンバに化けた”オーソレミオ”にはびっくり。
e0143690_15411032.jpg

 続いてチェロの溝口肇さんはテレビでおなじみの「世界の車窓から」の作曲者で、
 番組内ではわずか12秒流される曲を全曲演奏です。
 貴公子然とした容貌からは想像できないジョークが飛び出し、
 楽しい意外性を見せながら熱演です。
e0143690_15412334.jpg

 次々とアレンジされた曲が続き、
 最後は映画「タイタニック」よりMy Heart Will GoOnで終わりましたが、
 肩の凝らないコンサートの入場料1000円はすべて東日本災害支援におくられるそうです。

 
 
 冷たい風の中、そこここに春の気配を感じます。
e0143690_15544989.jpg
e0143690_15545756.jpg
e0143690_1555445.jpg
e0143690_15551696.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-02-18 15:58 | 気ままな日記 | Comments(18)

 梅が咲いた!

 今年は梅の開花が遅れて、
 当市の梅祭りには花がないという寂しさだったそうです。
 昨年の今頃は散り始めている花が多かったのですが、
 まだ見ぬ花を待ち続けていました。

 いつもとは違う道を迷いながら歩いている時、
 前方に白梅の木を見つけました。
 近くで遊んでいた男の子が驚いて振り返るほど
 大きな声で歓声を上げる私です。 「咲いた~!」
e0143690_1323818.jpg

 ルンルン気分で、コンサート会場へ。。。。
 長蛇の列に諦めて帰ろうかとも思いましたが、
 せっかく来たコンサートです、当日券を買って最後尾に付きました。
 1000席以上あるホールは満員、仕方なく2階席で聴いたのですが、
 まあ、音楽ですから聴くことには不自由ではありませんね。
 年々盛大になっていくローカルオーケストラです。
 入場料金500円は、すべて日本補助犬協会へ寄付とのことです。

 この日、私をすっぽかしてさっさと逝った人の17回目の命日。
 嬉しい梅の花も、コンサートのチェロの響きも
 頑張って生きている??ことへ、ご褒美のしるしと贈ってくれたと
 勝手に理解してニヤリ。
 まあ、もう少しの間、わがままに生かしてもらいましょうか。
e0143690_13141335.jpg


 もう10時を過ぎたのに、日陰の道端には氷が解けずに残っています。
e0143690_13271849.jpg

 日当たりの空き地には、これも今年初めて見るオオイヌノフグリが一つ。
 沈丁花の蕾も大きくなってきました。
e0143690_13295578.jpg

e0143690_13305756.jpg


 最近流行の塩麹を勧められて、とりあえず1瓶買ってみました。
 昨夜は、生鮭に塗って一時間ほど置きました。
 後は焼くだけ、高いお野菜を惜しげもなく添えて、結構なお味でございました。
e0143690_13381642.jpg
e0143690_1338276.jpg

  塩麹を作ろうと思ったのですが、麹が手に入りません。
  どこも品切れだそうですね。
  ブームが落ち着くまで待ちましょう。
[PR]
by slowlifek | 2012-02-13 13:49 | 気ままな日記 | Comments(24)

影絵劇

 劇団かかし座の影絵劇を観てきました。

 かかし座の名前は聞いていましたが観る機会がありませんでした。
 今回 市の文化会館で上演されるということで、
 これはぜひ見たいものと出かけてきました。
 かかし座は横浜を拠点に全国、海外でも多く上演活動をし、
 何度も賞を受けているそうです。

 今回は影絵だけの上演ではなく座員の演技も入って、
 私にはちょっとがっかり、、、のところもありましたが、
 子どもたちは飽きることなく楽しんでいたようで、
 まあ、ほっこりとよい時間でした。
   
  

   サン テクチュベリ    星の王子さま
e0143690_544991.jpg
e0143690_5441893.jpg

 終わって外へ出ると傾きかけ冬の陽がブリッジの影を描いていました。
e0143690_5472387.jpg


 立ち寄った駅ビルの和菓子屋さん、
 東海さくらが和菓子を彩って、思わずお財布を開いてしまいました。
e0143690_5512383.jpg
e0143690_551373.png


More 針
[PR]
by slowlifek | 2012-02-12 06:20 | 音楽会 | Comments(18)

凍みる 凍ばれる

毎日よく凍みるねー、、、、」
  信州に住む弟から電話。
 
  「しみる(凍みる)」。。。
 松本地方の言葉で、寒い日の挨拶代わりにも使われていましたが、
 最近はどうでしょうか。
  寒いとか冷たいと云うより、痛いと表現した方がいいのかもしれません。
  北海道の「しばれる」はよく知られている言葉ですね。

   
  神奈川新聞  ことばの四季
  ≪しばれる≫
 身を刺すような痛く冷たい寒さに凍えることを、
 東北以北では、「凍る」と当てて「しばれる」といいます。

 「しばれる」の語源は、「凍」は「しみ」とも読むことから、
 「凍み腫れる」が「しばれる」になったという説や
 寒さに体が「縛れる」ように硬くなることから「しばれる」になったとする説もあります。

 「冷たい」の語源は「爪が痛い」。
 昔は爪というと、指先全体を示していたようで、「冷たい」とは
 指がかじかむことを表現したものです。

 「かじかむ」は「悴む」。
 痛さと冷たさに指が動かず、切なくて「心が砕ける」と書きます。



 台所に陽がいっぱい射し込んで、嬉しい朝。
 シンクの中のステンレス・ボールの水に、水泡が出来ていました。
 太陽のありがたさを思います。
e0143690_20154811.jpg

 一度は食感を楽しみたくて、お高いことを承知で買ってきた芹、
 切り取った後、一昼夜で出始めた芽が逞しいですね。
 1把198円、、、もう一度食べられますように。
e0143690_20161234.jpg



 描き溜めてあった花のワード絵と写真で遊びました。

e0143690_20174785.jpg
e0143690_20175020.jpg
e0143690_2018389.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-02-09 20:19 | 言葉 | Comments(20)

ロウバイ園

神奈川県の西部に位置する町。
 
「松田町寄 ロウバイ園」 (寄はヤドリキと読みます)
 
交通の便も悪く、駅前から知らない方たちとタクシーの相乗りです。
 
ようやく着いた祭りの会場は山の上、急斜面に植えられています。
 
まだ若いロウバイの木は地元の中学生たちが、
 
卒業記念と町起こしの一環として毎年本数を増やして植えているそうです。
e0143690_1832648.jpg

e0143690_18321863.jpg

e0143690_18323276.jpg

e0143690_18324488.jpg

e0143690_18325677.jpg

 今年は開花が遅れているようですが、
 開き始めた花の馥郁とした香りが山の斜面一帯に漂っていました。


 くもりがちの空の下、花の色は透き通るように美しく、
 
ほっこりする香りもいいものですが、

 私は見下ろす山合いの小さな町の風景にすっかり惹かれて、

 熱々のおでんを買うことも忘れて見入ってしまいました。
e0143690_18333772.jpg
e0143690_18335270.jpg

 手つくりのサクラ餅をいただきました。
e0143690_18342547.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-02-07 18:35 | 気ままな日記 | Comments(0)

春を待つ

 昨日のことです、気が付かれた方もいらっしゃいましょうね。
 お昼近く、ふと空を見ると何色にも光る雲が淡く浮かんでいました。
 カメラを持って大急ぎで戻った時には、
 もう見えるか見えないか程度に消えかかっていました。
 以前 水平環というものを2,3度見ましたが、今回は少し違うように思います。
 これが彩雲という自然現象でしょうか。
 うっすらと色がついているのが、見ていただけますか。
e0143690_1625643.jpg


 バスの中から撮った富士山は機嫌のいい顔を見せていました。
e0143690_1683110.jpg


 パソコンレッスンの帰り、駅ビルには、
 啓翁桜が今年も春を運んでくれました。
e0143690_16114097.jpg


 寒がりではない私も、さすがに今年の寒さには勝てず
 初めて使うカイロと湯たんぽが手離せません。
 今日もまた100円ショップでカイロを買いました。
e0143690_16201396.jpg

 あまりにも小さな我が家の春です。
e0143690_1623432.jpg
e0143690_16231469.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-02-03 16:27 | Comments(28)