<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

眠れないままに

 真夜中の目覚めは、辛いもの。
 特別早寝をしたわけでもないのに、夜中の2時。
 これからまた2,3時間は起きていることになる。
 ラジオ深夜便を聞きながら、ブログ巡りになりそう、、、、
   流れる音楽は「淑女の想い」ですって。
 
 

 

 29日 目覚めると空は快晴。
 こんな日は家に居られるものではないが、どうしても片付けなければならないことがある。
 どうしようか、富士山が「おいでおいで」と手招きしているのに、、、、
 ・・・決めた!、用事は夜なべということにしよう。
 朝の海は穏やかで人気もない、今日も富士山は歓迎してくれた。
e0143690_2444669.jpg

e0143690_2454231.jpg

 朽ち果てたような防砂柵が新しくなって、気持ちよく歩ける。
e0143690_246720.jpg

 前夜の風が残したお土産、風紋が美しく流れる。
e0143690_2532880.jpg

 ガラスの破片も朝日を浴びて、宝石に変身。
e0143690_2561924.jpg

e0143690_2592696.jpg

 柵の脇に一本だけ咲いている水仙が、長い影を延ばしている。
e0143690_31733.jpg

e0143690_351982.jpg

 さあ、これからまたひと眠りです。
[PR]
by slowlifek | 2012-03-31 03:12 | 気ままな日記 | Comments(20)

「徒然草」公開講座

 くじ運が悪い私が、今年に入ってから何故か応募する催し物に当たります。
 前回の石坂浩二朗読会は都合が悪くて知人に譲りましたが、
 昨日の公開講座は、講師がちょっとしたご縁のある方でしたので、楽しみに行ってきました。
e0143690_8272372.jpg

 「徒然草」など60年も昔、教科書でほんの一部習ったような気がするのですが、
 序文だけは なんとなく覚えていたようです。
    「つれづれなるままに、
    日ぐらし すずりにむかひて、
    心にうつりゆくよしなしごとを、
    あやしうこそものぐるほしけれ」

 難しい講義ではなく皆で声を出して読みながら、
 吉田兼好 1300年ごろの覚書として書かれた文に骨をつけ肉を加えながら
 ご自身の経験からくる人生観を冗談を交えてのお話は
 60年後の今になって理解できるものがあります。
 
   


注釈に笑いながら時間をかけた 「第117段」
 友達にするのに悪い者が七つある。
   第一には身分が高く尊い人
   第二には若い人
   第三には無病で身体が強い人
   第四には酒好きな人
   第五には勇猛な武士
   第六には嘘をつく人
   第七には欲の深い人
 よい友に三つある。
   第一には物をくれる人
   第二には医師
   第三には知恵のある人


 汗ばむほどの暖かさに、知らない街を歩きながら山下公園へ出ました。
 途中、こういう場所にも人が住むのですね。

 4000歩ほど歩いてようやくマリンタワーが見えました。
 今、スカイツリーの話題で賑やかなことですが、
 このスマートでおしゃれな姿は、いいですね~。
e0143690_8503643.jpg

e0143690_8525517.jpg


 関内駅前の、横浜公園のチューリップはまだまだですが、
 赤い1種類だけが咲き始めています。
e0143690_8555916.jpg


 横浜球場は まだ工事中、開幕戦に間に合うのでしょうかね。
 名称が変わったのでしょうか?

e0143690_8592376.jpg


More ...
[PR]
by slowlifek | 2012-03-28 09:02 | 言葉 | Comments(14)

富士と波と

 昨日 快晴の朝。
 これは富士山がきれいだろうと思うと、じっとしていられない。
 また、予定していた家事が後回しになる。
 飛び出したのが9時近く、
 25分歩いて着いたところ、今朝の富士山は寝起きが悪いのか、なかなか全身を現さない。
 北風が冷たい。
e0143690_8353517.jpg

 貝を探しながら しばらく待ってみたが、富士のご機嫌は直らない。
 前日の高波の余波か、やや荒い波が美しい。
e0143690_8354433.jpg

 顔をアップしたいほどかわいい女の子でした。
 男の子を待っています。
e0143690_8355028.jpg

 ちびっこサーファーは女の子ばかり。
 見ているだけで体が冷えてきそう、、、
e0143690_836054.jpg

 元気はつらつ中学生、「声を出せ!」とコーチの大声。
e0143690_836942.jpg

 嬉しかったこと。
 今年初めて浜大根の花を見つけました。
e0143690_8365665.jpg

 打つ寄せられたごみの中に、小豆ほどの小さな桜貝がありました。
e0143690_83793.jpg


 お口直しに4,5日前の写真です。 
 今ごろの富士山とは思えないほどすっきりとしています、寒い気候のためとか。
e0143690_8375651.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-26 09:12 | 気ままな日記 | Comments(20)

鎌倉で

e0143690_110308.jpg
今ごろ鎌倉の梅はさぞきれいなことだろうと、
用事の帰りに足を延ばしました。
北鎌倉 円覚寺前の池の端に咲いた紅梅を見ている時、
恰幅のいい紳士が、高い木の上にカメラを向けていました。
何があるの?、枝の先でリスが何かを齧っている姿が見えます。
   (写真はクリップアートから)
鎌倉ではリスの繫殖に頭を抱えているとのこと。
実際 私も鶴岡八幡宮で何度か見ましたが、
外見の愛らしさとは裏腹に
悪戯が過ぎて、住民は迷惑千万。
可愛さ余って憎さ百倍。
最近はお隣の藤沢市にも進出しているとか。
e0143690_1121594.jpg

 ある会社のお知らせの隅に書かれていた文です。
  
  鎌倉の貴重な遺産をかじり、
  市内各所のケーブルをかじり、
  無断侵入した家で好き放題の悪さをして、あちこちの迷惑をかけています。
  その愛らしい顔、仕草に似あわず正直なところ人間世界では全く困ったちゃんです。
  そのような折、捕まえて料理してしまう人をネットで見ました。
  害獣としてハントした以上、食べるべきというのがその人のポリシーという。
  調理写真まで出ていて驚きました。
  いろいろな意見が出そうな話ですが、そう云われてみればそうかも、、、、が
  個人的な意見です。
  ちなみに台湾では普通に食肉なのだそうです。


 東慶寺の梅が満開で、境内いっぱいに香りが漂っています。
e0143690_1153619.jpg
e0143690_1154952.jpg
e0143690_1155958.jpg
e0143690_1161747.jpg


 三椏が満開ですが、位置が悪くて、
e0143690_11153168.jpg

 例年は暮れから咲くボケもまだ蕾のまま、
 ようやく福寿草が咲きましたが、今年は葉の成長が早いとか。、
e0143690_11184035.jpg

 6月にはイワタバコが見られるでしょうか。
e0143690_11201368.jpg

 これ蝋梅ですよね。?
e0143690_11212725.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-23 11:22 | 気ままな日記 | Comments(22)

玉縄桜

  ~ゆらゆらと海を漂っている~
 昨夜 夢を見ました。
 私は静かな海面を気持ちよ~く浮かんでいた。
 

  久しぶりに見た夢が、あれほど心地よく穏やかで、気持ちのいいものなら
 そのままずっと目覚めずにいたいのに、、、、
 その後 私はどうなったのか、今夜続きが見らればいいのですが。
   ただ、それだけのことなのです。
e0143690_16115284.jpg


 もう4,5日前のことになりましたが、
 大船植物園に玉縄桜が咲いたという情報で、
 お友達と出かけてきました。
 玉縄という名に憧れていたのですが、見る機会を逸していました。
 まだ一本だけの木ですが、楚々とした小さな花が咲いています。
e0143690_16175318.jpg
e0143690_1617567.jpg
e0143690_1618817.jpg
e0143690_16181092.jpg


 園内の梅が満開ですが、人が多くて落ち着いて撮ることが出来ません。
e0143690_16214863.jpg
e0143690_16215755.jpg

 厚みのあるハナモモが散り始めていました。
e0143690_16231995.jpg

e0143690_16243927.jpg

 温室の中は季節も関係なく花は咲き誇っています。
e0143690_1635088.jpg

 とうとうパソコンレッスンが終わってしまいました。
e0143690_16352399.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-20 16:39 | | Comments(22)

平家物語を聞く

 何度申し込んでも当たらない市の文化講座ですが、
 今回は先着順ということでしたから、
 申込み初日は朝9時1分に電話でOKを取りました。
e0143690_711433.jpg

 講師は地元高校の先生、教室で生徒を相手にしているように明るくきびきびとした講義は
 世代を超えた受講者を飽きさせません。
 平家物語の中でも よく知られている敦盛と熊谷次郎直実のくだりを
 情感豊かにわかりやすく解説しながらの2時間でした。
 平家物語の作者は不明と聞いていたのですが、
 これは諸説あるようで、最古のものは吉田兼好の『徒然草』の中で、
 信濃前司行長(しなののぜんじ ゆきなが)が平家物語の作者であり、
 盲目の僧 生仏(しょうぶつ)に教えて語り手にしたとする説があるということを知りました。
 
 
 

 この手の講習では、大抵眠気に襲われるのですが、
 お人柄も 講義を進める技もあるのでしょうか。
 偶には昔を思い出しながら、こんな講義を聞くのも新鮮で、すっきりとした気分になります。

 会場前の中央公園へ入ってみました。
 まだ寒々としていますが、桜の蕾が大きくなって時期を待っているようです。
e0143690_784536.jpg

 梅や椿が少ない公園でした。0
e0143690_791627.jpg
e0143690_792332.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-15 07:15 | 言葉 | Comments(30)

こころ重い日

 3月10日、10万人の犠牲者を出した東京大空襲のあった日。
 身内の二人が亡くなりました。
 あれから67年、戦争を知らない人が大多数になりましたが、
 私も終戦時は10歳、何もわからない小国民の一人でした。

 当時の報道写真家がGHQの命を拒否して
 隠し持っていた大空襲の写真を見る機会がありました。
 あまりのむごさに口にすること、文字にすることも耐えられないもので
 それ以来、3月10日は重い気持ちで過ごしていました。

 昨年 その翌日、東日本に大災害が起きて、
 何もできないまま、気持ちの整理も出来ず
 頭の中 心の内で何かが変わってしまった。
 息子の嫁の身内は働き盛りの父親を津波に飲み込まれ、
 いまだに行方不明という、、、
 また息子の後輩は家族すべてを亡くされた、、、
 報道写真では映せないほどの、むごたらしい現実だそうです。

 昨日はテレビの前に座ったのですが、
 心臓が押しつぶされそうな苦しさに耐えられなくて、外へ飛び出しました。
 ただ街中を歩き回って椿園の前に着きました。

e0143690_1111543.jpg


 途中で防災無線の音声がしていましたが、
 聞き取れず、時間的に黙とうの合図ではないかと、
 園内にいた人たちは、その場で黙とうし祈りました。
e0143690_1164527.jpg

e0143690_1112810.jpg


 ようやく気分が落ち着いて帰る途中、呉服屋さんの塀越しに咲く河津桜を見ました。
e0143690_11161282.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-12 11:28 | 気ままな日記 | Comments(12)

映画を見ました

 1982年にイギリスで発表されたマイケル・モーパーゴの小説(児童小説)を、
 スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。
 第1次大戦下、農家の少年が兄弟同様に暮らしていた農耕馬のジョーイを
 軍馬として騎馬隊に売られてしまう。
 フランスの戦地に行くことになったジョーイを探すため、
 アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、激戦下のフランスへと向かう。

 非情で過酷な戦場の中、傷を負い人間のエゴが渦巻く戦火の中を、力いっぱい駆け抜ける、
 馬の優しく強く、怒り喜ぶ眼の表情が何とも豊かで人間以上の役者を感じます。
 スピルバーグの映画は未知との遭遇 ジュラシックパーク E・T
 を見ただけですが、SFと思いがちなスピルバーグ作品の中で
 この映画は意表を突かれた思いです。
 イギリスの田園風景が、大きなスクリーンいっぱいに広がる美しい画像です。
e0143690_857737.jpg
e0143690_8571651.jpg

 
 昔、田舎で軍用馬として徴用されて行く農耕馬を見送ったことがありましたが、
 お国に役立つ馬として「愛馬進軍歌」を戦時中の教室で歌ったことがありました。
  
  
   くにを出てから 幾月ぞ  
   共に死ぬ気で この馬と
   攻めて進んだ 山や川  
   執った手綱(たづな)に 血が通う。。。


 

 麹が手に入りました。
 塩麹を作りたいと思ってから、時間が経ちすぎて、
 しばらくは戸棚の中に入ったままになることでしょう。
e0143690_97275.jpg

 出来そこない人参か?と思ったのですが、新品種だそうです。
 色が薄い分、栄養価は変わりないのでしょうか。
 やや甘味が強いようです。
e0143690_914288.jpg


 通りすがりに、散った梅の花びらがきれいでした。
e0143690_9181622.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-10 09:21 | 映画 | Comments(14)

陽気に誘われて

 昨日の陽気に誘われて、
 気持ちよく歩けるものと、久しぶりに海へ出ました。
 ところが風もないのに、ものすごく荒れた海が広がって
 とてもゆっくりしているわけにはいきません。
 大急ぎで何枚か撮って、体が塩漬けにならないうちにそそくさと退散です。
e0143690_8194165.jpg
e0143690_8195244.jpg

 時々押し寄せる高波は防潮堤を超えて、
 騒がれている津波にはとても耐えられるものではありませんね。 
e0143690_820099.jpg
e0143690_820984.jpg


 このまま帰るのも惜しいこと。
 てくてく歩きながら、高砂緑地の梅見に。
 今年の梅祭りには間に合わなかった花が満開です。
e0143690_8263390.jpg
e0143690_8263887.jpg

 初老の男性から声をかけられました。
 「お母さん、写真を撮るなら6枚の花弁があるよ」
   (あなたからお母さんと言われたくないよ、、、)
 よく見つけたものですね。
e0143690_8304528.jpg

 それにしても下手な写真、
 何枚か撮ったのですが、アップに耐えるものは殆どなし。


 和菓子屋さんで季節のお菓子を買いました。
 色に惹かれて草餅と、可愛いピンクのゼリーとプリンが重なった面白いお菓子。
e0143690_8353228.jpg

 クロッカスが一輪咲いていました。
e0143690_8364195.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-07 08:45 | 気ままな日記 | Comments(22)

椿を見ながら

 久しぶりに会いたいから出てきてと云う友人の電話で、
 横浜の外れまで出向きました。

 50年もの間 旧家の嫁としてひたすら舅姑に尽くした彼女が、
 昨秋、ようやく嫁の立場から解放されました。
 お疲れ様。

 昨暮れに張り替えられなかったからと、障子を張り替えて迎えてくれました。
 新しい和紙の匂いがする障子には、柔らかい日の光が差しこみます。
 何十本もある障子の張り替えは、暮れの一大行事にもなっていると笑っていましたが、
 さぞ大変なことだろうと思います。
e0143690_20141322.jpg

 友人の隣りの神社に幾種類かの椿が咲いていました。
 花を見ながらの会話は、胸がずんと重くなるものでした。
 嫁、姑の関係は永遠のもののようですね。
e0143690_20163559.jpg


 
 先日、曇り空の下、静かな海でした。
e0143690_20263282.jpg

e0143690_2027274.jpg

e0143690_2029569.jpg


 我が家の卓上菜園で。
 (芹・にんじん。大根)
 力強く若い芽が伸びています。
e0143690_20303677.jpg

[PR]
by slowlifek | 2012-03-04 20:37 | 気ままな日記 | Comments(16)