<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

穏やかな日に

きらめき、 穏やかな日和なのに波は高い。
e0143690_3575877.jpg
e0143690_358790.jpg

しばらく続いた緊張から解き放されて歩く砂浜は足に優しい。

何処から流れてきたのか、ぼろぼろになった大木が打ち上げられている。
e0143690_461829.jpg

倒れたままの砂防柵はいつ片付けられるのか、

部分的な修理をしているようだが、作業は遅々としている。

海水浴シーズンには間に合うのだろうか。
e0143690_4104331.jpg

珍しく動かないでいてくれた。
e0143690_4173877.jpg


雑誌のページから落ち葉がこぼれた。
e0143690_421079.jpg



そうだ、今日は孫の誕生日だった、

すっかり忘れていた、お祝いを上げなくては、、、067.gif
[PR]
by slowlifek | 2013-02-27 04:29 | Comments(14)

春 遠からじ

先日、歳下の友人から「年寄の冷や水」とからかわれ、

一寸むっとしながら ことわざの本をめくりました。

  
   
   
   

   【ことわざの知恵】   岩波書店辞典編集部によると

「年寄のくせに生水なぞ飲むと腹をこわすぞ」 と。


ついでにめくった他のページで

今の季節にぴったりの言葉が外国産だったのです。

  ≪冬来たりなば春遠からじ≫

キーツ、バイロン、シェリーなど、

さすがにかっての旧制高校の生徒ほどに好む人は少なく古めかしい感じがする。

いずれも十八~十九世紀のイギリスロマン派詩人。

このことわざは、そのシェリーの「西風に寄せる頌歌」(「西風の賦)とも)の結びの句。

winter comes, can spring be far behind? の翻訳。

厳しい冬が来れば春はすぐその隣、人生の厳しい冬もいつまでも続くわけではなく、

希望に満ちた未来がすぐ後ろに控えているというわけ。

「夜明け前が一番暗い」という。

やはりイギリスの十七世紀のことわざとも一脈通じるところがある。


日本の古いことわざにも

「夜まさに明けなんとして益々暗し」 があり、

どちらにも朝が必ず来ることを踏まえたうえで、夜の暗さを言っている。

すなわち「朝の来ない夜はない」。

e0143690_7332615.jpg

こんな川べりを歩きますと
e0143690_7361186.jpg

偶然にカワセミが
e0143690_7372952.jpg

e0143690_7383170.jpg
e0143690_7383941.jpg

e0143690_839277.jpg




 
  
[PR]
by slowlifek | 2013-02-25 08:05 | 言葉 | Comments(14)

ブログを怠けている言い訳

お世話になっている大先輩が

長年携わってこられたエッセーや短歌などを冊子にまとめる作業を手伝っています。

パソコンの打ち込みから編集まで私には神経をすり減らす大仕事で、

そんなことでブログ更新が疎かになっています。

 
  
  

  =13日~15日=

終日パソコン漬け

  
  
  =16日=

予定していたチャリティー コンサートへ

初めて聞く作曲者の名前に期待はしていなかったのですが、

全曲、映画音楽を彷彿させる素敵な曲に酔いしれました。
e0143690_16431661.jpg

  
  
  =17日=

前夜 読んでいた芥川短編集の中に「トロッコ」を見つけて

そういえば根府川駅近くにモデルになったトロッコが復元されたという話がありました。

寒い朝、思い立って出かけました。

e0143690_17183684.jpg

東海道線 根府川駅到着、大好きな駅です。

さてどちらへ行けばいいのか。地元の男性に聞いて、

「ここを行けば直ぐだよ」と言われた道はとんでもない坂道。

30分も上ったでしょうか。

手広くコテージを経営されている方の一角にトロッコは鎮座ましました。
e0143690_1645481.jpg

   
   >メモリーカードが不足です。< 
   撮りためてあった写真を何枚か削除して。

ひと山が敷地という豊かな自然に、肝心のトロッコよりも水の流れに心奪われました。
e0143690_1647336.jpg

 ネットより  「豆相人車鉄道」
e0143690_16474953.jpg

e0143690_16475953.jpg

 気晴らしの出来た日でした。


 
  
  =18日=

午後からパソコンの前に座る。

  =19日=

公民館講座、最後の日。

朝から冷たい雨、
e0143690_16522036.jpg

2時間のお話はあっという間の3回が終わりました。

昔、つまらない講義に欠伸をかみ殺していたものですが、

時が過ぎ、改めて清少納言を少しばかり理解出来たようです。

  =20日=

午前中は家事、  午後から打ち合わせ。

e0143690_1783279.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-02-21 05:00 | 音楽会 | Comments(18)

2月11日のこと

祥月命日を明日に控えたお墓詣りの後、

買いたいものがあって横浜へ出ました。


久しぶりのデパートはどうしてこんなに混んでいるのか、

考えてみると3連休の最後の日、それにバレンタインデーとやらを控えては混むはずです。

7階売り場は人人人、、、、

レジでは50人ほども並ぶ行列に恐れをなして、買い物どころではありません。

早々に引き揚げようと思ったところ、

通路の真ん中で、ベビーカーの赤ちゃんを必死であやす若いご夫婦がいました。

泣き叫ぶ我が子に困り果てています。

見かねたお節介ばあさんは、とうとう口を出してしまいました。

休憩所で抱っこされゆっくり水分補給、

オムツを取り替えた赤ちゃんのご機嫌は直りました。



こんなに混雑した場所に何故 赤ちゃんを連れてくるのでしょうね、

風邪やインフルエンザが蔓延しているというのに。


レストラン前の廊下には待つ人の行列が。

まだ離乳食が精いっぱいの小さい子なのに 

親の欲望のために何故 レストランなどへ連れて行くのでしょう。
 


育児中は自分の欲求が多かれ少なかれ犠牲になるのは必至、

子育てストレス発散というならば、その方法は知恵をしぼればどうにでもなること。

時代は変わっていることですし、

物言えば“古いよ”と一言で片付けられる昭和一桁のお節介人間です。
e0143690_10505863.jpg
e0143690_105195.jpg


More 塩麹と醤油麹
[PR]
by slowlifek | 2013-02-13 11:08 | 気ままな日記 | Comments(22)

イングリット・バーグマン と ハンフリー・ボガート

何処かのお国からきな臭い匂いが漂い、

煙さえ立ち始めて緊張が高まっている時、

ただ、おろおろと、どうしようもない非力感に苛立ちながら

のんびりと昔映画を見てきました。

   「カサブランカ」    1942制作 アメリカ
e0143690_10512334.jpg

何度か見ている映画ですが、

 イングリットバーグマン。

往年の原節子を思わせる横顔が大変美しい人ですね~。

写真では見えませんが、左耳に光るイヤリングに今回初めて気がつきました。

 ハンフリーボガート。

決して美男子ではないのに、

セリフとは言えスマートに「きみの瞳に乾杯」などと、よく言えますよねえ。

外人は日常こんなキザな言葉を使っているのでしょうかね。

感動的なラストシーン。
e0143690_10594164.jpg

目に優しい白黒映画です。


美術館前の梅が咲き始めていました。
e0143690_1132033.jpg


切り倒された竹に遊ぶのはジョウビタキでしょうか。
e0143690_1162853.jpg

 午前の映画、午後のコンサート共に無料というありがた~い催しでした。

More 午後は
[PR]
by slowlifek | 2013-02-10 11:18 | 映画 | Comments(16)

朗読会の後で

もう2月になってしまって。。。。。。

カレンダーをめくることの早いこと。

今日は月一の朗読を聞く会の日。

先日からの寝不足で眠くなること必死と思いきや

1時間しっかりと聞くことが出来ました。
e0143690_1963655.jpg

井上靖の「結婚記念日」は先日読んだばかりでしたが、

人様の朗読を聞くとまた違う面白さがあります。

気楽な作品ばかりで嬉しいのですが、

いつも思うことは椅子が硬いということです。



12時に終わり天気も回復して、このまま帰るのも惜しい、

美術館前の今年の梅の開き具合はどうかしらと足を延ばしました。

紅梅がようやく開き始めたところ。

一輪二輪と咲き始めたころが一番美しい時と思っています。
e0143690_19172357.jpg

お腹が空きました。

久しぶりに来た美術館二階のカフェはすっかり模様替えされて、

土曜日の午後というのに誰もいない、以前よりおしゃれなメニューになっています。
e0143690_19213061.jpg

e0143690_1925458.jpg

テーブルの上の小さな苔玉が面白い影を作っています。
e0143690_19335398.jpg

天井のライトが植物にさえぎられて
e0143690_1936928.jpg

久しぶりの一人ランチをゆっくり楽しみ、ふと窓越しに外を見ると

まァ~、怪しげな飛行物体が、、、、
e0143690_19273589.jpg

美術館庭に建つ八木重吉の碑
e0143690_1944959.jpg

満腹で何も考えられないけれど、夕食と明日の食料を少しばかり買って

午後三時半帰宅、今日も良い一日でした。
[PR]
by slowlifek | 2013-02-02 19:50 | 朗読 | Comments(18)