<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おとうとよ

e0143690_22251966.jpg

今どの辺を歩いているの。

暗い道を一人とぼとぼと心細いだろうね。

100日を過ぎると向うの世界へ行かれるらしいけど、

そこには両親も兄姉も待っているだろうから

しっかり杖に縋って気を付けて行きなさいよ。
e0143690_22254119.jpg


でもね、先に逝った人たちにきっと叱られると思うよ。

「お前 来るのが早すぎたよ、まだ3人もの姉たちが老躯をさらしているのに」と。

特にすべての義務を終えたこの姉は

喜んで代わってあげたのに何故相談しなかったの、

馬鹿な男だね。
e0143690_22254658.jpg



そこからちょっと下界を覗いてごらん、

女房は嘆き哀しみ、息子は忙しい中を様々な後始末に飛び回り、

あんなに大切だった娘は泣き崩れている姿が見えないのかい?

靄や雲で霞んでいたら払ってよく見てごらん、

そこに見えるお前さんが残した者に申し訳ないと思わないかい。



毎年几帳面に健康診断を受けて自信のあった体が

昨秋に入って突然ガンの診断、

大腸と肝臓、まさかのステージ4とは、、、、

一進一退しながら、それでも寒川様に祈願してまでも生きることを望み

辛い治療に耐えたのに 神は無常だったね。
e0143690_2227545.jpg




もう少し頑張っていたらとてもよいことがあったのに。

逝って間もなく 

目の中に入れても痛くない孫が「第5回 田辺聖子ジュニア文学賞」で

中2にして田辺聖子賞と中学生小説部門最優勝をw受賞したんだって。

そこからは見えなかったかなぁ、

「ジージに知らせなければ」と早速報告に来たらしいよ。

喜ぶ姿を見たかったろうね

作品を一番に読みたかったろうね。
e0143690_22301613.jpg

e0143690_222725100.jpg



今さら何を言っても詮無いこと。

川向こうの世界は平和なことだろうと思います

すべての柵から解き放されて静かに暮らしてください。

そうそう、もし我が夫だった人に会う機会があったらよろしく伝えてください。

そして、こちらスタンバイOk、いつお呼びがかかっても大丈夫とね。
[PR]
by slowlifek | 2013-03-27 22:39 | 思うこと | Comments(20)

肥満度は

普段 自分の健康には殆ど無頓着でいるけれど、

ふと目についた標準体重という文字に反応して、ネット検索をしてみた。

すると美容体重は+10% 肥満度-10%

それ以外は標準範囲内、ダイエットは必要なし。

e0143690_8371039.jpg

結果の数字上はクリアしたけれど、

年齢相応に体中の関節は油切れ状態、

歩行速度は落ち、疲れは早く回復は遅く、

視力は落ち、体型の崩れなど言わずもがなである。

たった一つ 人様に勝ることは物忘れ。


それなりに衰えを感じていても薬の服用がないことはありがたいこと。

今さら惜しい命でもないけれど、

昨年暮れの血液検査もOKが出たことでもあり、

まあ、もうしばらく 憎まれっ子は世に憚らせてもらいましょうか。。。。。





花粉症と人ごみが恐ろしくて満開の花を見に行く気になりません。

出かけることは控えて 皆さんのブログでお花見といきましょう。

買い物途中、遠くに見える桜。
e0143690_8554637.jpg

この椿は全部終わりました。
e0143690_8565024.jpg

藤沢駅にて
e0143690_8575274.jpg

すれ違った美しいご婦人、

さて誰だったかしら?と振り返った時はすでに階段を降り始めている。

中央の和服姿の方、お判りになりますか。
e0143690_922988.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-24 09:15 | 気ままな日記 | Comments(14)

映画 「アラビアのロレンス」

e0143690_108523.jpg

1962年公開されて以来、見たいと思い続けていた

「アラビアのロレンス」が鎌倉芸術館で上映されました。

この日は何をおいても見なければと勇んで出かけたのですが、

休憩も入る4時間近くの「男映画」はそれほどの感激もなく

まことに疲れる映画ではありました。


救われたのはロレンスと最後まで共にする部族首長役のオマー・シャリフ

新聞記者役のアーサー・ケネデイが光っていたこと、

デビット・リーン監督の砂漠の美しい画面はさすがです。
e0143690_1020769.jpg

e0143690_10211344.jpg


トルコの支配下に置かれるアラビアは民族解放を求めて、
部族間の争いに広がっていく。

一時は「アラビアのロレンス」「無冠の帝王」とあがめられたイギリス軍人ロレンスは
やがて失意のうちにアラビアを去り、衝撃的な最期を迎える。
e0143690_1022839.jpg


久しぶりですごい俳優たちを見ました。

余談ですがデビット・リーン監督は

かって岸恵子さんに強く想い焦がれた話は知られたことですね。



鎌倉銀幕上映会の今後の予定が出ました。
お近くでいらっしゃれるようでしたら いかがですか。
e0143690_10311450.jpg

e0143690_10312385.jpg

e0143690_10313425.jpg

e0143690_10343673.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-20 10:37 | 気ままな日記 | Comments(14)

春眠

一昨夜 強烈な睡魔に襲われました。

それも8時ごろのこと、どうにも我慢できなくて床に就くや

直ぐに眠りについたようです。


やがて目が覚めると つけっぱなしのラジオから、

聞いたことのない番組が流れています。

よく眠ったらしいけど何時ごろなのか、

枕元の時計を見てびっくり仰天 8時30分、

9時を知らずに眠ったので 11時間半眠ったことになります。

こんなことは今も昔も経験のないこと。

特別疲れることもせず、だらだらと日を送っているだけなのに

これはやっぱり春だからでしょうか、

それとも年齢による体内時計が狂い始めたのでしょうか。

今風に言うと「爆睡」か。


すっきりしない頭と体、気分転換しようと歩いた川沿い、

工場の屋根に行儀よく並ぶ鷺がいます。
e0143690_613059.jpg
e0143690_6134213.jpg

すたすた のろのろと気ままに歩いていますと、

自然に体は復調するものです。
e0143690_6172885.jpg
e0143690_6173446.jpg


途中、大型店で安い買い物をしました。

一人の食事には都合のよいもの
e0143690_6205171.jpg

e0143690_622163.jpg

興味津々!  安物買いの銭失いになりそうで、じっと我慢です。
e0143690_6353629.jpg

津波が心配されます
e0143690_6364049.jpg

e0143690_6392782.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-18 06:44 | 気ままな日記 | Comments(13)

絵画展

3月12日 長野県北部大震災の日

東北のあまりにも凄惨で想像すら出来ない大災害の翌日

マグニチュード6強の揺れに襲われた栄村は、他地方の新聞の片隅にも載らない。

過疎の村は降雪量が6メートルを超す国内有数の豪雪地。

地震以来減っていく人口は2300、

復旧から復興を目指しているという。

スキーで訪れた美しい村を思う。




もう1週間も前のことです。

葉山美術館へ出かけました。
e0143690_1516151.jpg

普段あまり見ることのない貴重な作品が展示されていました。
e0143690_15162472.jpg

その数の多さに驚きながらも一点一点を丁寧に見たつもりです。

多くの画家の作品が ところ狭しと並べられて、いささか戸惑いを感じる展覧会です。
e0143690_15195519.jpg

初め見た藤田嗣治の「乳白色の肌の輝き」裸婦像は美しいですね。



一足早くそれを見てこられた湘南ジージさんのご紹介を受けて、

葉山美術館近くの山口蓬春記念館へ向かいました。

小高い地の細い道の奥、木々に囲まれて記念館はありました。
e0143690_15214650.jpg
e0143690_15215480.jpg

作品が映らなければというお許しを得て画室を撮らせてもらいました。
e0143690_15231831.jpg

画集を見たことがあるというだけの蓬春の絵画を目の当たりにして、

その凛とした美しさに身の震えを覚えます。
e0143690_15262064.jpg

蓬春が好んで収集した古美術の冊子から。
e0143690_15241618.jpg
e0143690_15242497.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-12 15:32 | 気ままな日記 | Comments(12)

気だるい春

寒さには強い体も、ここ数日の急速な暖かさに追い付かないのか、

何をする気力も出ません。


 
  「草原の椅子」

退屈な時間を潰すために映画を見てきました。

母親の暴力によって、ひどく傷ついた4歳の子どもと周りの大人たち。

さまざまな過去を引きずり、今を悩みながらパキスタン・フンザへ子供を連れて旅する

善良な大人たちはようやく前向きに生きていく。
e0143690_2212260.jpg
e0143690_2212436.jpg

地球最後の桃源郷と言われるフンザは「風の谷のナウシカ」のモデルの地。

なによりも、雄大で美しい自然の風景に目が離せません。

そこも最近は情勢が悪く観光客も少なくなっているとか。




海辺の犬の通らない場所を探しながら、のろのろとヨモギとツルナを少し採ってきました。

年に一度は季節の感触を味わってみたいと摘み草を続けていますが、

いつ草団子になるのか、茹でたヨモギはそのまま冷凍庫へ直行です。
e0143690_2233319.jpg

小さな花が咲き始めた海岸では

ノバラとハマエンドウは開花時期を待ちます。
e0143690_2241756.jpg
e0143690_2242933.jpg


撮影者と同じく気だるそうにじっと動かない猫
e0143690_2245525.jpg


e0143690_2255359.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-09 22:10 | 気ままな日記 | Comments(14)

食べることには拘りなく

食べものは美味しいに越したことはないけれど。。。

〇〇の美味しいパスタを食べたいとか

▽▽のスイーツが美味しいなどと、

それだけで出かけるなど思いもよらないこと。

家事、特に台所仕事は大好きとは言えない主婦の風上にも置けない人間、

もっとも所謂主婦業はとうの昔に卒業してしまったが。



食に特別の拘りを持たない私には

大変ありがたい世の中ではある。
e0143690_9302942.jpg


大手スーパーに出回る「トッ〇〇リュ」

独り者や高齢者、またズボラ人間にはもってこいの品が並ぶ。

安価 少量 カロリー 栄養価と3拍子も4拍子も揃った食品に

ついつい財布の紐が緩む。

そのまま電子レンジでチン、まあ食べられる味
e0143690_9314532.jpg

食べ切れる程度の小振りな冷凍うどんはありがたい  少量の野菜も
e0143690_933022.jpg


小さな花は寒さに耐えて道端に咲く
e0143690_9373041.jpg

水に挿した小さなブロッコリーの花が咲いた

家庭菜園で丹精された貴重な野菜をいただいて
e0143690_9445995.jpg



全く関係のないことは

1975年 チャーリー・チャップリンが英女王からサー称号を贈られた日とか
e0143690_950514.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-04 10:16 | 気ままな日記 | Comments(16)

鎌倉のひと

今年初めて目にした河津桜を見た日、二人の素敵な女性に会いました。

ブログのお付き合いから鎌倉を案内してくださったEPOMさんは、

鎌倉を隅々までご存知の すらりと美しいインテリ「鎌倉のひと」

e0143690_10133069.jpg

こじんまりとしたアンティークショップで、ブローチの素材を求めた後

静かな佇まいの古代雛展示場へ案内願いました。
e0143690_10134539.jpg
e0143690_10135214.jpg


雛飾りを前に頂戴したお点前とサクラ茶は、いっ刻 いにしえに引き込まれる思いでした。
e0143690_1019361.jpg

ここで出会った女性は幽玄の世界を想像させるオーナーさんの娘さん、

不思議な雰囲気を感じさせる「鎌倉のひと」でしたが、

半ば強引にお願いした写真は、残念ながらアップを遠慮したいと思います。



いつもとは一味違う鎌倉を案内していただき、

おしゃべりにも時間が過ぎて、再会を約束しました。




呉服屋さんの庭先に河津桜が咲きました。

昨年より少し遅いとか。
e0143690_10304486.jpg


ひな祭りが来ても自分の雛飾りを持たないわたしは、

数年前に描いたワードの立ち雛を引っ張り出しました。
e0143690_1043750.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-02 10:46 | 気ままな日記 | Comments(16)