茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

松本の町で

お連れより一足早く着いた松本駅前で

小雨に濡れて、じつにハデですねえ
e0143690_10453453.jpg

昔懐かしい縄手通り(露天街)はきれいで楽しい町に変身
e0143690_10454142.jpg

骨董屋のガラクタ(お宝か?)としか思えないものの中に発見
e0143690_10554548.jpg

下駄スケートをご存知の方は、そこそこのお歳と思われます

ちなみに下駄スケートは信州諏訪が発祥地なのです。

   写真が不味いので↓はネットから拝借
e0143690_105628100.jpg



小さな道祖神は埃にまみれて
e0143690_10574837.jpg


松本城の急な階段の怖さを知っています。
e0143690_113489.jpg
e0143690_1135871.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-30 11:25 | | Comments(16)

連休の海岸

今年のゴールデンウイークは”高近短”と言われていますが、
海岸では”安近短”で過ごす人で賑わっています。
e0143690_16534660.jpg
e0143690_1654037.jpg

引き潮で美しい模様が出来ていました。
e0143690_1654366.jpg

しばらく歩かなかったサイクリングロード際は花いっぱい、
やがてノイバラも咲きだしましょう。
e0143690_16555788.jpg

憩う人
e0143690_16575814.jpg

釣り船が出払った漁港は静かでした。
e0143690_1713396.jpg

春霞の中に遠くえぼし岩が墨絵のように浮かびあがりました。
e0143690_1732527.jpg

風もない海岸は穏やかな休日でした。




    4月28日の新聞から
 
   ■ コーヒーのシミ抑制裏付け

コーヒーに含まれるクロロゲン酸類というポリフェノールが、

肌のシミの原因となる色素「メラニン」の生成などを抑制することを

神戸大の市橋正光名誉教授(皮膚科学)らが実験で確認した。

 これまでにお茶ノ水女子大研究グループが

「コーヒーの摂取量が多い人ほど顔のシミが少ない」と発表しているが、これを裏付ける内容。

 市橋さんは、

人の顔の皮膚細胞と、メラニンを生成する「メラノサイト」という細胞を二層にして培養し、

コーヒーポリフェノールを添加すると、添加しなかった場合に比べてメラニンの生成が抑制された。

また別の実験では、添加すると表皮細胞が取り込むメラニンの量が減少することが分かった。

  
[PR]
by slowlifek | 2013-04-29 17:12 | Comments(13)

故郷を訪ねて

近しい身内が減って、年と共に故郷を恋うる気持ちは募るばかりです。

お墓詣りを兼ねて故郷を訪ねました。


生憎の雨の中 ”あずさ” 車窓から、

まるで水墨画のように雨に霞む山々に流れる雲を眺めながら ひた走る。
e0143690_15432513.jpg


松本駅で3人は合流し大糸線で穂高へ向かう。



昭和33年まで、利用した懐かしい駅舎

新しくなってはいるものの未だに無人の駅 島高松。

付近の家並みは変わって知る人も少ない。

実家の屋敷周りの樹々はすっかり切りとられ遠い親戚が住むという。
e0143690_15254612.jpg



二度ほど訪ねてもゆっくりする時間がなかった「碌山美術館」

今回は落ち着いて回ることが出来た。
e0143690_1527286.jpg

薪ストーブが冷えた体を温かく包んでくれる。
e0143690_15273824.jpg

静かな雨の美術館庭
e0143690_1528783.jpg

穂高駅前の道祖神
e0143690_1530198.jpg

美術館でのお二人さん、
e0143690_153664.jpg



翌日は快晴の松本城へ

常念岳はくっきりと姿を現し、天守閣が映える。
e0143690_1635777.jpg

e0143690_16233282.jpg

ドラマ「白線流し」のロケ地となった女鳥羽川
e0143690_1633972.jpg

予定の半分も廻らず、松本歩きはおしゃべりと初めて入った骨董屋巡りで終わった。



駅も街も城も、安曇野さえもすっかり変わって今浦島状態の松本ですが、

東の美ヶ原 西の常念岳や有明山、

そして蕎麦と故郷の空気は55年前と変わらずだったでしょうか。
e0143690_1642758.jpg


ふるさとは遠くなりにけり

ふるさとは遠きにありて思ふもの


お二人とは親子に近いほどの年齢差、

若ぶって一緒に歩いた体は些かくたびれました。
[PR]
by slowlifek | 2013-04-26 16:29 | | Comments(16)

冷い雨の日に

あゝ情けなや、腹立たしや 

どうにも腹の虫が収まらず、寒いのに外へ飛び出しました。

ネットニュースをお読みになられた方は、怒り心頭のことと思います。

深い思慮もなく、ほいほいと気前よく処理費を交付した環境省の役人

検討もせずに黙って受ける地方団体。  

  返還するは当然!!。
e0143690_1953281.jpg




まだ3時というのに薄暗い町には灯がついて、
e0143690_20181759.jpg

e0143690_2020782.jpg

無愛想と言われる店主を見たいと思ったのに、古本屋は閉店していました。
e0143690_20201737.jpg

サザンの桑田さんは地元の発展に貢献しています。

サザンビーチ、サザン通り、サザンビル、サザン茶、サザン饅頭、サザンシャツ、、、、、
e0143690_20314160.jpg

e0143690_22465119.jpg

e0143690_20345824.jpg

日曜というのに静かな通りを歩きながら、

あゝ、今日は大岡祭だったと思い出しました。

多分、湘南ジージさんがアップしてくださるのではと思いますが、

何しろ氷雨の一日でしたからねえ、

さしものジージさんもお部屋に籠られたのかもしれません。
e0143690_20354568.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-21 20:44 | 思うこと | Comments(16)
いつものことで、つけっぱなしの深夜ラジオから

戦後間もない昭和24年の流行歌が流れていました。

「銀座カンカン娘」 「村の一本松」 「青い山脈」 「長崎の鐘」。。。。。


そのころの世相や出来事をを語るアンカーの声に、眠気も吹っ飛んで聞き入りました。


    昭和24年

強く記憶に残るのは法隆寺火災で、

前年、父に連れられて見た法隆寺に感激したことがあったからでしょうか。

その翌年は金閣寺放火事件がありました。


国鉄の事故事件が続いた年でもありました。

中学生が理解するには難しいながらも、大変な時代になっていると感じたことです。

下山国鉄総裁の事故死(轢死) 三鷹事件(無人電車暴走) 松川事件(列車転覆)など

その翌々年には横浜桜木町駅の木造電車火災で多くの焼死者が出ました。

桜木町駅はこの事故で覚えた駅名です。


喜んだことでは

「ふじやまのとびうお」

水泳の古橋広之進 橋爪四郎選手が全米選手権大会で

世界新記録を打ち出したこと日本中が湧きました。

また敗戦国日本が何より誇れたことは

湯川秀樹博士の日本初のノーベル賞受賞でしょうか。


↑はラジオを聞きながら思い出したことですが、

その後調べてみて知ったことは

この年、お年玉付き年賀はがきが初めて売り出され、

そして満年齢法律が公布されたそうです。

まだまだ物不足が続いた年でもありました。




横浜関内地区にはモダンな街灯があります。

撮りためてあった中から
e0143690_14513969.jpg

e0143690_15145088.jpg

横浜公園にて
e0143690_15152224.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-19 15:27 | 気ままな日記 | Comments(18)
大きな農家の庭先に置かれた野菜の無人販売所です。

ちょうど採れた野菜が運び込まれたところへ通りかかりました。

「何がありますか」

「大したものはないが、今日はサヤエンドウが採れたよ。持っていくかね。」

「では一ついただくわね、はい100円」

「いいよ、要らねえよ、ついでにスナップエンドウも一緒に持っていきなよ」

せめて100円だけでもと思ったのですが

半ば強引に持たされて、ありがたく頂戴して来ました。
e0143690_11111472.jpg

早速昼食で新鮮な野菜を味いましたが、畑のある道では時々こんな幸せに出会います。



ブログでお付き合いの”すいれんさん”が、今年も「チャンチン」を

きれいにアップされています。

一昨年初めて知ったこの珍しい木が、すぐ近くのお宅にあることが解り、

どんな具合かしらと見てきました。

高木なので半分の高さに切られていましたが、

葉は充分に色つき 日の光を受けてピンクに透き通っています。

やがて深い緑に変わっていきますが、今が一番美しい時のようです。
e0143690_11232936.jpg
e0143690_11233671.jpg




フェンスにかかるモッコウバラの奥から聞いたことのない鳥の鳴き声がします。
e0143690_11402929.jpg

どんな鳥だろう、茂った草花をそっと押し分け覗き見 覗き撮りです。

  いましたよ~、

金網の大きな鳥小屋には見たことのない鳥が仲良しの最中なのか。

鳥の名前は解りません。
e0143690_1143072.jpg

通る人もない道で恐る恐るフェンスにカメラを差し込んでいる姿は

いかにも怪しげで珍気に見えたことでしょう。

e0143690_1156592.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-16 12:08 | 散歩 | Comments(16)

黄砂の翌日

今朝 〒ATMにすごい行列が出来ていた。

考えたら今日は年金支給日だもの。

よかった、我が家は今月の赤字は避けられたようだ  ほっ!

遊びに行く予定があるので節約しなければ。。。。。

節約倹約の生活に大分疲れたけど、

こうして気楽に暮らせることに感謝。




海岸から街中へ歩いて

  おとうさん、顔にタオルでもかけないと目を傷めますよ
e0143690_785916.jpg


  地下道の入り口に可愛い手形がびっしりと貼られていた。

 近くの小学生らしい。
e0143690_79658.jpg


 大きな駐車場に一台だけ置かれた車は黄砂にまみれて

 ボンネットに指で「へのへのもへじ」を描いてみたいナ
e0143690_7141894.jpg


   これは何?
e0143690_714389.jpg


  ”それから”さんは定休日 カーテンで中が覗けないけど何の店なのだろう、  

   コスミさ~ん ご存知?
e0143690_7144956.jpg


  前を通る度に気になっている 「さざん通り」のくら~い古書店はまだ入ったことがない
e0143690_7151822.jpg


 一休みしたティールームで
e0143690_7204719.jpg


 海で拾った貝はこれだけ
e0143690_7205494.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-15 14:40 | 散歩 | Comments(12)

海王丸出港

横浜新港埠頭
e0143690_737387.jpg

張り切って出かけたのに時間も場所も間違えて

2時間余りを思案している時、

声をかけられた幾つか年上の未亡人という人、

しゃきしゃきとした口調で思い出話に時間が過ぎる。



出港間近の海王丸では

国交大臣など来賓の長い挨拶の間、

直立不動の学生たちの日焼けした顔は きりりと清々しい。
e0143690_73941.jpg



見送りの家族知人の話が聞こえてくる

「あの弱虫が逞しくなって」 「反対を押し切って船乗りを臨んだ息子を今は誇りに思う」

「今でも船から引きずりおろしたい」 さまざまな家族模様がうかがえる。


ようやく登檣礼(とうしょうれい)の準備が始まる。

網梯子をするすると危なげなく登る時間は2分足らず、

よく訓練されたものだ、見ているだけで足が震える。
e0143690_7513933.jpg

ヤードの定位置に着く姿を下からは悲鳴に似た歓声が沸く
e0143690_755243.jpg

準備よし!

左端のリーダーらしき学生の「ご機嫌よう~」に合わせて

一斉に帽を振り「ご~きげ~んよ~う~~」の三唱に、こみ上げてくるものがある。
e0143690_7591559.jpg
e0143690_7592565.jpg

ハワイへの航海が無事であることを祈りなが
e0143690_89556.jpg


横浜港は出港を祝うかのようによく晴れた日だった。
e0143690_811196.jpg



身も心もすっきりとした帰途、

横浜公園で見事なチューリップを見ることが出来ましたが、

また後日にします。
e0143690_8234281.jpg


More 登檣礼 (Wikipedia)
[PR]
by slowlifek | 2013-04-14 08:48 | | Comments(12)
頭が空っぽの日

公園をふらふらと徘徊しました。

淡い春が公園を彩っていました。
e0143690_694544.jpg
e0143690_69555.jpg
e0143690_610238.jpg
e0143690_6101098.jpg

誰もいない小道のベンチに
e0143690_6102461.jpg


パパ、 抱っこ~!

お父さんはいつも疲れる人です。
e0143690_6104140.jpg

入園を祝って  

一本だけ咲き誇っていました。
e0143690_632080.jpg


駅前の無人販売所で

なかなか買えないおいしいトマトをようやくゲットしました。 

チャリン チャリン!  200円で気分よく帰れそう。。。。。

きわめて単純な頭なのです。
e0143690_6104738.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-11 06:44 | 散歩 | Comments(12)

百花の春   良寛

55年も前のこと。

所帯を構えた時、

亡夫の親友Sさんから贈られて大切にしていました。

Sさん、あなたは逝かれたのですね。
e0143690_16463466.jpg




一昨日からの悪天候で散った花びらが道を彩る。
e0143690_16582686.jpg

e0143690_16584665.jpg

去るもの生まれるもの、自然の営みは刻々と進む。
e0143690_1704659.jpg

 Sさん、安らかにお眠り下さい。





燃えるような紅と淡い緑が対照的に映える
e0143690_171846.jpg
e0143690_171934.jpg


  
[PR]
by slowlifek | 2013-04-08 17:09 | 思うこと