茅ヶ崎の風日記


by slowlifek
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

早とちり

e0143690_1294629.jpg
昨日のこと、
振り込め詐欺の電話が多発しているので
気を付けるようにとの防災無線で放送が流れた。
被害がなければいいのだがと思っているところへの電話!
そのタイミングに思わず10センチ?も飛び上がった。
「スワッ、我が家にまで来たか!」
落ち着け、落ち着けと言い聞かせながら受話器をとる。
  「・・・はい」
「・・・・・」 無言。
 気持ちが悪いので急いで切る。

数分おいて電話の音。
詐欺だったら、騙されたふりをして110番しようか、
それとも黙って切ろうか、、、、
破れそうな心臓を抑えて受話器をとると、
今度は呂律の回らない酔っ払いのような男の口調で
「あ~う~~ ▽▽町の〇〇歯医者?」
あゝ この腹立たしさを何としてくれる!!
返事もせずにガチャン


家族間の合言葉は出来ているものの
いざその場になった時はどうなりますやら、、、、

完全に私の早とちりでした。
e0143690_1261637.jpg

e0143690_12162664.jpg

毎日のように警察からの注意が流されているのに、
なぜ騙されるのかと不思議に思う。
警察や自治会などで、老人家庭向けに
詐欺電話対応の練習でもしなければならなくないのか。
e0143690_1218578.jpg
e0143690_12181914.jpg
e0143690_12182626.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-06-27 12:22 | 気ままな日記 | Comments(17)

6月24日

山梨のプラムと「おざら」が届きました。
e0143690_1125048.jpg

山梨のホウトウは有名ですが、「おざら」は夏のホウトウといい、

ホウトウの麺を歯ごたえよく茹で上げ水にさらして、具だくさんの温かい味噌汁で食べます。
e0143690_1144560.jpg
           
             (↓の写真はネットから拝借しました)
e0143690_11253052.jpg


e0143690_11262461.gif



夕方の散歩に出かけました。

散歩は先ず定番の海岸へ、 曇り空の中にも憩う人もいます。
e0143690_1127276.jpg


気乗りしないので住宅街へ廻りましょう。

右か左か、、、、 左にします。
e0143690_11282795.jpg


いつも気になるお宅です。 部屋は暗くはないでしょうか。
e0143690_1129043.jpg








 

  
[PR]
by slowlifek | 2013-06-25 11:47 | 気ままな日記 | Comments(14)

梅雨の言葉

梅雨時のほんのいっ時、晴れた夜空に浮かぶ月を「梅雨の月」と呼ぶそうです。

更に星は「梅雨の星」と。

先日、その「梅雨の月」を見ることが出来ました。

e0143690_1543356.jpg



浦川聡子さんがお書きになった「梅雨」の言葉がありました。

俳句を嗜まないのではっきりとはわかりませんが、

主として俳句に用いられる言葉だと思います。

e0143690_15482639.gif



梅雨にまつわる言葉はたくさんあるようですが

五月末ごろ本格的な梅雨に入る前に来る雨を 

前梅雨(まえつゆ) ・早梅雨(はやつゆ) ・迎梅雨(むかえつゆ)。


・梅雨時 ・梅雨寒 ・梅雨冷 ・梅雨雲 ・梅雨雷など。

梅雨時期がないと言われる北海道に、この時期時折降る雨を ・蝦夷梅雨

また沖縄では、よどむの意味から ・淀雨(ゆどぅあみ)と呼ぶのだそうです。


今回のように梅雨前線と台風が暴れる梅雨を ・荒梅雨

それが更に激しさを増すと ・暴れ梅雨となり、

以前は降り方によっては ・男梅雨 ・女梅雨などがありましたが

最近は適切な表現ではないと言うことから使われないようです。


五月雨、緑雨はよく知られていますが、

その他にも夏の雨に関わる言葉として

・麦雨  ・筍梅雨  ・梅雨籠(つゆごもり)  ・旱梅雨(ひでりつゆ)

・脅し梅雨  ・所降りなどさまざまな言葉があるそうです。

美しい日本語を目にしました。

e0143690_163935.gif


珈琲を傍らにスマホに見入る美しい人がいました。
e0143690_167105.jpg

e0143690_1665164.jpg

郵便局で大当たり!
e0143690_1684261.jpg



  
[PR]
by slowlifek | 2013-06-23 16:16 | 言葉 | Comments(14)

鎌倉 長谷

だらだらとした毎日を過ごした後、
ようやく更新してみようと思う気分になってきました。
e0143690_9495427.jpg


小雨の日、江ノ電はアジサイ見物の人で混雑していました。
頼まれていた用事を終えて、
喧騒の長谷駅前を逸れ、静かな住宅地路地を探しながら歩きますと
出会った人は一人きり。
e0143690_9502171.jpg

水の流れだけが聞こえる川沿いの小道。
何処へ出るのか歩き始めたたのですが、雨で足元が悪く引き返しました。
e0143690_9512129.jpg


鎌倉最古と言われる「甘縄神明社」 (710年 和銅3年)
天照大神が祭神であることから 
古来 伊勢別宮と尊称されてきたようです。
今年はお伊勢さんのご遷宮とか、ここでも祀事があるそうです。 
e0143690_10564616.jpg

ご祭神は 
   天照大神(あまてらすおおみかみ)
   伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
   倉稻魂命(うがのみたまのみこと)
   武甕槌命(たきみかつらのみこと)
驚いたことに
   菅原道真公(すがわらみちざねこう)が祀られていました。
(倉稻魂命 武甕槌命、初めて聞く二柱です)
 

古を想わせる深い佇まいの奥之院。
e0143690_9521256.jpg


鎌倉の見越(みごし)の崎の 岩崩(いはく)えの
      君が悔ゆべき 心は持たじ 

                          ~万葉集 作者未詳~




近くには川端康成の邸宅があり、

小説「山の音」に登場する神社として書かれたということです。
e0143690_953294.jpg

e0143690_9532556.jpg


喫茶店の灯りが柔らかな光りを投げかけます。
e0143690_9534292.jpg
e0143690_9534974.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-06-20 10:31 | 散歩 | Comments(16)

梅雨どき

e0143690_48112.jpg

このところブログ更新への気力が失せています。

パソコンを開くものの、どうにも気が載らずマウスを動かすこともなく

そのまま閉じています。


気候の変化に体を順応させることが下手になって

これも梅雨の所為と思いたいのですが、

それだけではなく哀しいかな、年齢からくるものが大きいと思われます。


皆さまのところへはそっとお伺いしますが、

幾日か後には気まぐれ屋が目を覚まし、

また更新できると思いますので

その節はどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

e0143690_4252082.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-06-14 04:33 | 気ままな日記
冷蔵庫の中に食品がぎっしり詰まっていることは

基本的に好きではない。

食べるものが何もない?と思えるガラ明きの冷蔵庫が好き。

その日、一日分の食べ物があれば充分と思っていている。

特に生鮮食品は新しいうちに食べ切りたいもの。

非常時に備えよと言われても停電の冷蔵庫はどうにもならないこと、

むしろ水 缶詰 乾物 インスタントものなどをストックしておくことが大事ではないのか。


一人暮らしは不経済なもの、昨日の食べ残しがいくつか

野菜室にはトマト一個 人参が半分、レタスの葉2枚 チーズ一切れなど

少しづつ残ってしまうのは仕方ないことながら、どうにも汚らしく思えて、

今朝は冷蔵庫の残り物整理でかき集め朝食になった。
e0143690_16264666.jpg

冷蔵庫はきれいに掃除されて、食べ物が何もなくなった。

さてと、これから買い出しといきましょうか。。。。
e0143690_16274991.jpg




3・11 被災子どもたちの支援チャリティー・コンサート。

お誘いを受けてソプラノ・リサイタルを聴きました。

何も出来ない事へのいら立ち、

貧者の一灯がどれほどの役に立つのかと思いながらも、そっと寄付金を入れる。
e0143690_16392829.jpg

悦田比呂子さんはオペラ歌手のこと

後半のオペラ歌曲は朗々として、さすがと思える声が会場に響き渡りました。
e0143690_16434058.jpg
e0143690_16442460.jpg

教会など何十年振りで入ったことでしょう。
[PR]
by slowlifek | 2013-06-09 16:50 | 音楽会 | Comments(14)
市の出先窓口で、パンフレットなど見ながら書類が出来るのを待っていた。

「奥さん、こういうものを読んでおきなさい!!」

いきなり声をかけてきた身なりの良い老紳士が差し出した小冊子。
e0143690_9462824.jpg

その人は、そのまますたすたと帰って行った。

開いてみるとそれは、高齢者用の便利帳のようなもの

高齢者の暮らし全般の覚書など細々と親切に書かれた解りやすい小冊子だった。
e0143690_9463239.jpg
e0143690_9465955.jpg
e0143690_9465123.jpg


どう見ても私より年長の人に私はどう映ったのだろう、

余程の高齢に見えたのか、それともおぼつかない老女と見たか。



普段、肩肘張って生きているわけではないけれど

今のところ丈夫が取り柄と自負しているので、つい調子に乗って若ぶっているが

やはり年齢は隠せないのだろう。

近い将来、この冊子が役立って人様のお世話になる時期が来ることは必至、

書かれている内容に真剣に向き合わねばならない年齢を痛感する。


e0143690_958285.gif

帰宅後、郵便受けに入っていたものは、

更に年齢を自覚せねばならないことになった。
e0143690_9472814.jpg

敢えて老いを感じることなく、

さりとて若ぶることなく

少しばかり自分を労わりながら、生きられれば幸せなのだけれど。。。

「歳は取りたくないもの」 実感。

e0143690_1012446.gif


昨夜、ほんのちょっぴり降ったようです
e0143690_952833.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-06-07 10:07 | 気ままな日記 | Comments(14)

「変漢ミスコンテスト」

漢字能力検定協会「変漢ミスコンテスト」なるものがあるそうです。

検索してみますとあるものですね~、 限りないようです。

パソコンの変換ミスではないけれど、

誤字として有名なのは石坂洋二郎の青い山脈

「變しい變しい新子さま.....」が女学生の間で流行りました。



可笑しくて吹き出しながら書き出してみました。

 ・共済課の鈴木様・・・・・・恐妻家の鈴木様

 ・正解はお金です・・・・・・政界はお金です

 ・同棲しよう。でも言えなかった・・・・・・同棲しよう。でも家なかった

 ・ラフにハマってしまって・・・・・・裸婦にハマってしまって

 ・正しいようです・・・・・・但し異様です

 ・もうそうするしか方法がなかった・・・・・・妄想するしか方法がなかった

 ・薬剤師・・・・・・ヤクザ医師

 ・ドアは鎖かけているから大丈夫・・・・・・ドアは腐りかけてるから大丈夫

 ・置いてかれた感じだ・・・・・・老いて枯れた感じだ

 ・クリスマスは空いています・・・・・・クリスマスは相手います

e0143690_10574856.gif


大嫌いな陸橋を大急ぎで渡り 海が見えて来たところで一安心。
e0143690_10432626.jpg

暖かな陽を受けて散策する人がちらほらと
e0143690_10454649.jpg

今日もまた昼寝のおじさま、日焼けは皮膚がんの危険がありますよ。
e0143690_10503785.jpg

暗い防砂林の奥はどうなっているのか、鳥の声だけが聞こえる

近頃ブルーシートの住人が消えた。
e0143690_10512554.jpg

遅い速度だったのか、珍しくヘリコプターをキャッチ出来た。
e0143690_10521140.jpg

生シラスを買いたいけれど どうしようかな、、、、、
e0143690_1055355.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-06-05 11:05 | 言葉 | Comments(14)

再び映画を

また映画をみました。

映画好きが集まる会主催で小津監督作品「早春」が上映されました。

名匠と言われる人の作品も、なぜか拒否反応が出て見ることがなかったのですが

一度は見ておこうと思いました。
e0143690_12282251.jpg

e0143690_1229344.jpg

  (上2枚はネットから拝借しました)

主催者側の準備不足なのか、

公共施設であるために、まだ空調が効かない上、

狭く蒸し暑い場内は立錐の余地もなく、心地よい映画鑑賞会とは申せません。


物語 映像とも聞いていた通り、たっぷりと小津色に染められて、

画面では、もうもうと立ち上る工場地帯の黒煙、旧型の木枠窓の電車など

当時の暮らしを思い、若かりし頃の名優たちの顔ぶれを懐かしく見ました。

出演された俳優さんの殆どがあちらへ逝かれたのではないでしょうか。

e0143690_1054269.png


帰り道、見上げた空。
e0143690_10485873.jpg

朝4時、茜色に輝き始めたの空の色。
今日も晴れなのか、梅雨なのにありがたいことです。
e0143690_1057367.png

e0143690_1103114.jpg


パソコンの調子が悪いようです。
写真が見えなかったらごめんなさい

[PR]
by slowlifek | 2013-06-03 14:38 | 映画 | Comments(16)

 映画 くちづけ 

e0143690_6202798.jpg
e0143690_6211491.jpg

見たいと思った「凱旋門」はチケット完売とのこと。

それではと隣駅前の映画館で「くちづけ」を見ました。

10年ほど前、新聞の片隅に載った事件の小さな記事が基になっているとのことです。

単なるコメディでも、ふんわり優しい気持ちになれるだけのヒューマンものに留まらず

障害者を取り巻く問題山積の現実を突きつけられます。

天使のような心を持つマコは、なぜ死ななければならなかったのか。。。。。



障害ある人を家族に持つことの苦悩や愛情がややオーバーに感じましたが

重厚な俳優がカバーしているのでしょう。

竹中直人 宅間孝行 嶋田久作  麻生祐未  平田満  

ピュアの言葉はこの人たちのためにあるのでしょうか。


7歳のまま心の成長が止った純粋な女性を演じる貫地谷しほりさんは

初めて見る人ですが、その懸命な演技に引き込まれます。

前半は笑い、後半は見ることに苦しく涙が溢れ

映画館でハンカチを濡らしたのは初めてのことでした。

e0143690_72569.jpg


e0143690_722796.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-06-01 07:14 | 映画 | Comments(14)