映画をやめて、

久し振りに映画を見ようと隣の藤沢市まで出かけました。

10代後半 夢中になって読んだ本が原作でしたから

期待と懐かしさで楽しみにして行ったのですが、

新装なった映画館の前で、看板を見た途端に 

作者のイメージが崩れるような気がしてきました。

チケットを買う前でよかった~、さて これからどうしよう、、、。


しばらく思案して、

デパート巡りも芸がないこと、少し足を延ばして遊行寺へ行くことに決めました。

藤沢在住のブロ友さんからお聞きしていたり、車で前を通リすぎるだけの名刹です。

知らない処を回り道をして、他様の庭の花を見ながら、爽やかに晴れた朝の散歩のつもりでした。
e0143690_9571122.jpg
e0143690_9572053.jpg

方向オンチは何度も行きつ戻りつ、ようやく目的のお寺に到着です。

このお寺には、歌舞伎や説経節でお馴染みの「小栗判官と照手姫」のお墓があって

是非見たいと思っていました。
e0143690_9585191.jpg
関東大震災の折にも倒れはしたものの焼け残って再建された中雀門。
e0143690_95942.jpg

樹齢七百年。
e0143690_9591514.jpg

本堂前に広がる境内を抜け、小高い山の奥にようやく二人のお墓を探し当てました。

苔むした墓石はひっそりと佇んでいます。

物語は都合よく脚色されていますが、実際にも哀しい出来事であったと思われます。

判官が殺害された後、照手姫は尼僧として遊行寺で生涯を終えたそうです。
e0143690_1044947.jpg

偶然、歴史散策の一行と一緒になり、突かず離れず後をつけながら説明を聴くことが出来ました。
照手姫建立の地蔵三体。
e0143690_105174.jpg

古い墓地に似つかわしくない時計草などが植えられていました。
e0143690_1051995.jpg






ご存知の方もいらっしゃると思います。
「みどりのラブレター」 

特急列車の窓からはシャッターチャンスが掴めません。
先日ようやく撮った写真、大分修正しました。
e0143690_1013189.jpg

ひなびた小さな町には芸術家が多くアトリエを構えています。

町起しの一環として造られた、巨大なモニュメントだそうです。

気候のよい時、訪ねたい場所が一つ増えました。
[PR]
by slowlifek | 2010-06-01 10:22 | 散歩 | Comments(26)
Commented by グスタフ at 2010-06-01 11:47 x
松風さん、お早うございます。
遊行寺と言うのですか・・此処に、小栗判官と照手姫のお墓があるとは・・・ドッシリとした由緒あるお寺ですね・・
巨木はイチョウの木では・・何処を見ても歴史を感じますね。
新しい発見をしました。アリガトウございます。
Commented by MOM at 2010-06-01 13:51 x
映画残念でしたね。
今上映中の映画だと、藤沢周平か太宰治だと推察いたしました。
確かにどちらも俳優ありきで、売れっ子の俳優さんを主演させれば当たる!と何とも悲しい発想のように思えます。
映画も見てないのにこんなこと言うといけませんね。
原作を読んだ後に映画を見て良かったと思うものは数少ないので残念です。
映画を見た後原作を読んで得をした気分になることは多いのですが。

緑のラブレター初めて見ました。
ハートがピンクのおちょぼ口に見えましたが、ラブレターがどれくらい巨大なのか想像もつきません。
Commented by 松風 at 2010-06-01 16:40 x
グスタフさん
遊行寺(ゆぎょうじ)といいます。
話に聞きながら、通リすぎるだけのお寺さんでした。

箱根駅伝の難所の一つになっている遊行寺坂に面して、広い境内は木々に囲まれて森閑としていました。
説経節を聞いたり歌舞伎を見ていましたから、是非一度訪れてみたいと思っていた所でしたから、映画をキャンセルして幸いでした。
Commented by 松風 at 2010-06-01 16:55 x
MOMさん
久し振りの爽やかな天気に誘われて、ぶらりと映画館へ行ったのですが、私が齢をとった証拠ですね、若い俳優さんに物足りなさを感じてしまいます。
映画は高校生のころ憧れて読んだ堀辰雄の「聖家族」の映画化でした。

みどりのラブレター、面白いでしょう。
芸術家は思いがけない事を発想するものですね。
列車から見ると小さなものですが、実際に見た人の話ですと、縦17メートル 横26メートルの大きなものらしいですよ。
鉄枠に白いキャンパスシートを貼り付けてあるそうです。
ラブレターの中身は見る人の心の問題とか、、、、

Commented by chiyoko-mimi at 2010-06-01 22:16
映画を変更して、お寺さんへ^^
散策は楽しいものです
みどりのラブレターは素敵ですね
Commented by fuchan_k at 2010-06-01 23:42
あら〜、遊行寺にいらしたのですね。
映画鑑賞からの変更では仕方ありませんが、事前に分かっていたら
バイクで駆けつけましたのに・・・昨日は家にいましたので。
長生院にもお参りされて、色々と見識の深い松風さんですから
実感が増したことでしょう。
小栗物語りには、諸説あって面白いですが、どれが本当なのか。
私の住む地区と境川を挟んだ横浜市側に、横山大膳の屋敷が
あったと言われており、こちらにも小栗塚やら、毒殺されて埋められた
所から生き返ったという、土震い塚(すなふるいづか)などがあります。

山腹にあるラブレター、素敵ですよね。
友人達と、藤野町に行ってみたいねと話したばかりです。

Commented by reiko-pink-rose at 2010-06-02 00:27
こんばんは☆彡
映画は残念でしたが良い1日を過ごされたのですね~
森の中のラブレター・・・素敵ですね。
高速道路から見たことあります。
Commented by 松風 at 2010-06-02 06:16 x
chiyoko-mimi さん
おはようございます。
映画がお寺に化けてしまいましたが、
それはそれで静かで楽しい散策になりました。
立派なお寺で驚きました。

緑のラブレター、愉快な発想ですね。
Commented by 松風 at 2010-06-02 06:39 x
fuchan_k さん
おはようございます。
以前、fuchanさんの記事を拝見して是非一度と思っていました。
そうですね、ちょっと電話を差し上げればよかったですね。
宝物館が閉められていたことが残念ですが、
念願の判官と照手姫に会えて納得できる予定変更になりました。

近くて遠い藤沢は、最近下車することも少なくなっています。

緑のラブレターはようやく写真になりました。
列車の窓かシャッターを押すことは難しいですね。
芸術家は愉快な発想をするものですね。
私も近いうちに藤野を訪ねてみようと楽しみにしています。


Commented by 松風 at 2010-06-02 06:43 x
reikoさん
おはようございます。
予定を変更したお陰で、念願のお方に会うことが出来て満足しています。
来てよかった~と思うような立派なお寺でした。

みどりのラブレター、楽しいですね。
私は列車から見るだけですが、機会を作って一度は近くまで山登りをして見たいと思っています。
Commented by suirenn2 at 2010-06-02 09:54
おはようございます。
映画をやめて散策・・・・・・・
そういう気ままさ気軽さも一人で出かけた時の醍醐味になるでしょうか。
「遊行寺」、何か聞いたことがあるような名前なのですが、・・・・・?
勿論、拝見するのは初めてです。
小栗判官と照手姫のことも詳しくは知らなくて、拝見しながら興味を持ったところです。
ふらりとこういうお寺さんを巡ってみるのもいいですね。
緑のラブレターは、この発想には拍手したいですね。
私も一度見てみたいですよ。
Commented by takisann2000 at 2010-06-02 13:00
「遊行寺」にいらしたんですね、このお寺立派でしょ、でも近くても知らない事ばかり。
小栗判官と照手姫のこと知らなかった^^;
此処は6月になるとあやめが見事です、無料?で境内に咲く見事なあやめを見せてくれますよ。 是非お出掛け下さい。
Commented by 松風 at 2010-06-02 15:21 x
suirenn2 さん
久し振りに見たいと思った映画ですが、看板を一目見て諦めました。
諦めて正解、とても気持ちのよい散策が出来ました。

ここは箱根駅伝の難所の一つ、遊行j寺坂に面したお寺です。
小栗判官の芝居は何度か見ているのですが、遊行寺に墓所があること
は、数年前に知ったことでした。
諸説ある物語で真実は全くわからないのですが、念願叶ってご両人に会うことが出来ました。

みどりのラブレター面白いでしょう。芸術家は思いもかけない発想を持つものですね。
10年以上前からあったと思いますが、今回ようやく写真に出来ました。
Commented by 松風 at 2010-06-02 15:27 x
takisann2000 さん
遊行寺はお詳しいでしょうね。
初めて行きましたが、静かで立派なお寺なのですね。
花の時期ではなかったようで人もまばら、境内の休憩所の「冷たいおぜんざい」をいただいて、ゆっくりしてきました。

無料はありがたいですね。
その分 案内書もなくて判官、照手姫のお墓を探すのに苦労しましたけど。
菖蒲が終わらないうちに、是非でかけてみましょう。
Commented by yukun2008 at 2010-06-02 16:47 x
こんにちは♪、藤沢にも落ち着いたお寺がありますね~、ブラシノキに青紫陽花とトケイソウですか、いい花が咲いていますね~♪
Commented by hananokaidan at 2010-06-02 17:52
相変わらず空の撮り方が見事ですね。
遊行寺は行った事がありません、機会があったら行って見たいです。
藤野町には山草会で高倉山に行ってきました、沢山の花を見て来ました。
Commented by yamabousi801 at 2010-06-02 19:14
松風さん、こんばんは~♪

私の知らない由緒あるところをご存知なんですね~
小栗判官と照手姫のお墓がこんな静かな所にあったなんて知りませんでした。
ブルーのお花やトケイソウがとても可憐に咲いているのですね。
「みどりのラブレター」、これも初めて知りました。
町おこしになれば良いですね~ウフフ(^o^)丿
Commented by andante61 at 2010-06-02 20:03
こんばんは。
旅行と風邪で、ご無沙汰いたしました。<m(__)m>
映画を観るつもりが…気持ちの切り替えと行動が鮮やかです!(^o^)!
遊行寺、由緒ある立派なお寺ですね。
歴史散策のご一行の説明も聴けて良かったですね。
みどりのラブレター~♪
列車の窓から急にこのようなラブレターが目に飛び込んできたら…
素敵ですね。私も見てみたいです。(^^)
Commented by 松風 at 2010-06-02 20:57 x
yukun2008さん
遊行寺はご存知ありませんでしたか。
遊行寺坂に面しているのですが、境内は静かで落ち着いた雰囲気です。
最近は仏さまも洋花がお好きのようで、ぼちは明るくなりましたね。
Commented by 松風 at 2010-06-02 21:06 x
hanaokaidanさん
映画をキャンセルしたので、思い切って遊行寺へあしを延ばしました。
これからは菖蒲がきれいとか、是非お出かけください。

藤野へ行かれたのでしたら、みどりのラブレターはご覧になったでしょ
う。
造形家の発想が楽しいですね。
のんびりと列車の窓からラブレターを眺めると、
旅気分を味わうことが出来ます。
Commented by 松風 at 2010-06-02 21:12 x
やまぼうしさん、こんばんは。
地元のような距離にありますが、いつも通リすぎるだけで初めて参拝してきました。
判官と照手姫の物語はご存知でしたか。
それぞれの地で、それぞれの物語が出来ているようですが、やはり説経節が一番納得できますね。

緑のラブレターは、横浜へいらしてもご覧になる機会は少ないと思いますが、なかなかの旅情を感じさせる造形物です。
Commented by 松風 at 2010-06-02 21:18 x
アンダンテさん、こんばんは。
旅行はいかがでしたか。
お疲れで風邪絵を惹かれたのではありませんか。
ぼつぼつ梅雨に入りそうですね、不純な天気が続きますからお大事にね。
いつもの気まぐれが始まって、映画がお寺参りになりました。

緑のラブレターはステキでしょう。
特急列車の窓から夢中になってシャッターを押しました。
ご覧になる機会があるといいのですが、、、、
Commented by hiro at 2010-06-02 21:21 x
まつかぜさん、こんばんは^-^
私のお友達の息子さんが遊行寺の近くに住んでいるので、
遊行寺というお寺のことは知っていました。
でも一度も行ったことがなく、松風さんの記事を拝見して
どんなお寺かよくわかりました。
いつか行くことがあったら、松風さんの記事を
プリントアップして持っていこうと思います。

緑のラブレターは中央高速から見たことがあります。
Commented by 松風 at 2010-06-03 14:39 x
hiroさん
お知り合いが近くにお住まいでしたら、
ぜひお出かけになってはいかがでしょう。
湘南地方では名の知れた名刹だそうです。
遊行寺坂に面していますが、一歩中に入ると、
静かで落ち着いた境内でした。
<但し私の記事のプリントはお断り (^_-)>

高速から眺める緑のラブレターはいかがでしたか。
中身はやはり内緒でしょうね。

Commented by dream at 2010-06-03 23:14 x
あのラブレター、何回も見ています。あれを見るのがいつも
楽しみです。私が最初に見たのは夫が東京勤務に戻り単身赴任
していた頃、よくあずさを使っていましたがびっくりして感動した
ものです。夢があるなぁ~と・・・。それからはあれを見るのが
すごく楽しみになりました。
現役を退き最近は時間の制約があるときは渋滞など道路事情が心配ですがそうでない場合は節約で高速バスを使い今でもあそこを通るとわくわくします。
あそこ、そばまで行けるのですか・・・。私はバスの中から、あずさの中からで満足していますね。いつか行かれたらまたお話聞かせてくださいね。
Commented by 松風 at 2010-06-04 20:30 x
dreamさん、こんばんは。
中央道やあずさを利用される方は、よくご存知でしょうね。
中央線はトンネルが多く、その間にラブレターが見えるとなぜか嬉しくなります。

昔は、塩山駅付近で猿橋が見えたとか見えなかったとか、楽しみにして新宿まで行ったのですが、いつの間にやら猿橋は姿を隠してしまいましたので、最近はラブレターを見るのが楽しみになりましたね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パソコンレッスンは 夏近し >>