静かな一日でした

うす曇りの朝、久し振りで海へ出てみました。
曇りがちとは言え汗ばむような気温の中、海辺はどんよりと、
なぜか常になく退屈そうな空気が漂っています。
釣り人が数人のんびりと糸をたらしています。
ふとバケツを覗くと珍しく魚が入っていましたので声をかけてみました。
「大漁ですね」 
「ああ、今日は少し釣れたなあ」
「この魚は何ですか、塩焼きにしたら美味しそうね、、、」
「イシモチっていうやつだよ、おれは魚は嫌いだから、持っていきなよ」
これからまだ行く所があるので、丁重に断ってつまらない海を後にしました。
e0143690_1146725.jpg

歩道橋の上から見た国道134号線。 車が途絶える時間がありました。
e0143690_11464058.jpg

敷詰められたレンガの歩道に、踏みつけられながら生える雑草。
e0143690_1156989.jpg


砂だらけになった靴のまま、町中をすたすたと歩き書店へ。
先ず、大きな文字が目に入り、笑ってしまいました。
e0143690_1215389.jpg

懐かしい人に会えました。
e0143690_12134249.jpg

洋画かぶれしていた若いころ、この女優さんの日本映画だけは何本見たことでしょう。
「浮雲」 「乱れる」 「人間の条件」 「細雪」 「われひつ粒の麦なれど」、、、、
芥川比呂志、宇野重吉、森雅之などと競演した作品は思い出多いものです。
読みたい本の一冊として、写真横の佐藤愛子著「老兵の消燈ラッパ」と共に図書館へ問い合わせしたところ貸し出しは2ヶ月ほど先とのこと。
参考に見た絵本。
e0143690_12152331.jpg

クジャクのように。
e0143690_12205198.jpg







お世辞にも見事とは言えない小さな池ですが、緑に囲まれた静かな市の緑地です。
毎年2,3輪の花が咲きますが、今年も相変わらず2輪だけ開いていました。
e0143690_12264029.jpg

緑を通した風は、火照った体を心地よく通リすぎます。
e0143690_12305458.jpg
e0143690_12311338.jpg

e0143690_1234160.jpg

[PR]
by slowlifek | 2010-06-12 12:37 | 気ままな日記 | Comments(18)
Commented by MOM at 2010-06-12 15:53 x
あわてん坊の私は前回のブログのタイトルを呼んで驚きました。
活動的な方だとは思っていましたが、等々”ダイビング’をはじめられたんだ~!と。
近視と乱視が進んます (*^笑^*)

イシモチの名前は知っていましたが、本物を見たことも食べたこともありません。
どんな味なのでしょう。

睡蓮の池も木立の緑も涼しそうですね。
暑い日が続いていますが、そちらのお天気はどんな按配でしょうか?
来週水曜日からまた娘の愛犬のお守に行きます。
目黒駅から娘のマンションまでのアスファルトと急坂の道を思うと、行くびがちょっと億劫になります。
Commented by 松風 at 2010-06-12 18:10 x
MOMさん
いくら私が物好きでも、ダイビングまでは手が出せませんよ。(^_-) 
私も遠視と乱視がずいぶん進みました。

イシモチはグチとも言うそうですね。
買ったことはありませんが、今そこで釣った魚を食べたいとも思いません。
お刺身は大好きなのですが。

お嬢さんのお宅へいらっしゃるのですね。
梅雨に入りますから、体調にお気をつけください。

Commented by yukun2008 at 2010-06-12 20:32
こんばんは♪
今日は気温が上がって暑かったですね~、冷房を使ってしまいました。
青い孔雀のような蘭でしょうか?見事なお花ですね~♪
とろろ昆布ダイエットは続けていますが、初期ほどは効果がなくなってきましたね、やはり運動が必要のようです(笑)
Commented by yamabousi801 at 2010-06-12 21:12
松風さん、こんばんは~♪

イシモチはさっぱりしたお魚で、新鮮なお魚の塩焼きは美味しかったかも・・・
私なら遠慮なく頂いたかも知れません・・・ウフフ

「老兵の消燈ラッパ」は2ヶ月先ですか・・・待ち遠しいですね。
良さそうな本ですが、お読みになったら感想をお聞かせください。

緑地の池や緑がとても美しいですね~
睡蓮がとても可愛いです。
サツキとドクダミのお花の取り合わせが素敵ですね~(^o^)丿
Commented by 松風 at 2010-06-12 21:29 x
yukun2008さん、こんばんは。
まあ~、もう冷房ですか。

yukunさんはよい体格をしていらっしゃるのかしら。
とろろ昆布ダイエットは聞いたことがありますが、初期には効き目があったのですね。
よい結果が出そうなら、メタボ腹の倅に勧めてみようと思います。

青い花は私は判らないのです。
駅から海岸へ出る通リで見かけたのですが、ガラス越しでしたのではっきりしません。
Commented by 松風 at 2010-06-12 21:35 x
やまぼうしさん、こんばんは。
採れたての動いている魚を口にするのはちょっと憚られますね(>_<)
このおじさん、魚嫌いで採れた魚は全部近所におすそ分けですって。
閑を持て余した人の時間つぶしですね。

何時になるのか解りませんが本が届きましたら、
しっかり読んでお知らせしますね。
Commented by dream at 2010-06-12 21:52 x
「やせるゾ」がいいですね。私も痩せたい・・・(笑)
クジャクの羽のようなお花きれいですね!
松本城の睡蓮も咲き始めました。
生きている魚、包丁は入れられないかも。でも新鮮で
美味しいでしょうね。矛盾しています・・・(笑)
Commented by reiko-pink-rose at 2010-06-12 23:33
こんばんは☆彡
睡蓮キレイに咲いて、緑が涼しげです~
今日は蒸し暑かったですね。
イシモチ、蒲鉾の材料にもなるそうですね。
ご一緒してたら頂きたかったです。
Commented by bxybx at 2010-06-13 07:43
おはようございます。イシモチという魚は初めてききましたが、食べてみたかった!(^^
お散歩中に海~街~緑地公園と変化に富んでいいですね。
私をいつも悩ませているどくだみも、つつじの隣にこのように咲いてるときれいですね!
Commented by andante61 at 2010-06-13 09:09
「老兵の消燈ラッパ」は、ある雑誌に連載されていましたね。
町に出た折、ときどき書店で立ち読みしていました。(^o^)
単行本として出版されたのですね。私も改めて、読んでみたいです。
睡蓮はもちろんですが、いつもいつも、お写真がとてもきれいです!
カメラを向けられるセンスの良さ。教えていただきたいです。
Commented by 松風 at 2010-06-13 14:09 x
dreamさん
「やせるゾ」お店へ入った途端、目に飛び込んできました。
書店も販売方法を必死で模索しているのでしょう。(笑)

松本城のスイレンは先日友人から写真が送られてきました。
またまた行って見たい思いに駆られています。

単調な海を歩いていますと、時々は面白いことに出会うものです。
窮屈そうに動いている魚を見て、人間も残酷なことして生きているものだと思いますね。

Commented by 松風 at 2010-06-13 14:14 x
reikoさん
花の写真は一番の苦手で、今回も思うように撮れません。
むしむしとした天気の中を歩きましたから、緑を通す風が心地よく感じました。

そういえばイシモチが蒲鉾の材料になると聞いたことがありました。
あまり上等な魚ではなさそうですね。
新鮮なこと、この上なしですから塩焼きにしたら美味しいかもね。
Commented by 松風 at 2010-06-13 14:19 x
bxybxさん
以前、いただいて食べたことがありますが、美味しかったのかどうか記憶がありません。
ただ、これは獲れたて、新鮮ですから食べたら多分美味しいことでしょう。(笑)

ドクダミは皆さん悩んでいる花ですが、小さな庭の一角に赤いつつじと並んで咲いている姿がとても可愛く見えました。
Commented by 松風 at 2010-06-13 14:29 x
アンダンテさん
「老兵の消燈ラッパ」は文芸春秋でしたかしら、、、
一度だけ目を通したのですが、忘れていたエッセイでした。
佐藤愛子さんも87歳、高峰秀子さんも85歳。
皆さんステキな老後を過ごしていらっしゃいますね。
あぁ、私も10年後はこの齢に、、、、哀しい姿を想像します。

写真のことは、私にはお聞きにならないでくださいね。
何しろカメラの操作もまだ出来ず、ウロウロしながら撮った写真も、結局削除することになります。
ゆっくり構えて撮ればいいのでしょうが、私には無理なことなのです。

Commented by hiro at 2010-06-13 14:43 x
松風さん、こんにちは^-^
夫も良く釣りに行きますが、イシモチは釣ってきたことが
ありません。塩焼きにしたら美味しいかもしれませんね。

高峰秀子さんというと『喜びも悲しもも幾年月』を思い出します。
高峰三枝子さんが華やかなら、高峰秀子さんはひたむきな女の可愛さがありましたね。
こんなにたくさんの映画に出ていたのですね。チャンスがあったら見てみたいです。
Commented by 松風 at 2010-06-14 10:32 x
hiroさん
釣りをなさるご主人様はイシモチはご存知と思いますが、
見た目はあまり気持ちのいい魚ではありませんでした。
そこで釣った魚を食べる勇気がなくて、鮮度が落ちても魚屋さんで買っています。
魚は大好きなのに矛盾していますね。

「喜びも悲しみも幾年月」もいい映画でしたね。
あの時の佐田啓二さんの息子さんが、今活躍していることを思うと年月の流れを感じます。
「カルメン故郷へ帰る」という映画が初のカラー映画で封切られたことがありましたが、色付き映画は強烈な印象でした。
Commented by ☆ひな☆ at 2010-06-29 09:19 x
カルメン~~は体当たりの演技、印象に残っています。
年を重ねてさらに素敵な女性へ~~憧れますね。
Commented by 松風 at 2010-06-30 00:01 x
ひなさん、こんばんは。
気がつかず、お返事が遅れてごめんなさい。
「カルメン、、、、」はご覧になったのですね。
青春真っ盛りのころ、最初の「総天然色映画」ということで見に行ったことがありました。 
古い古いお話ですね(笑)

高峰秀子さんの大フアンとしましては、素適な女性といってくださると嬉しいです。
私より10年先輩の彼女は、きりりと生きているようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅雨に入る海岸で タイピング練習 >>