住宅地の中の田んぼ

先日用事で訪ねた所は、昔は田んぼや畑が広がる豊かな農村地区でした。
そこはすべて住宅地に変り、記憶している一片の風景さえなくなっていました。
考えてみれば無理もないこと、もう30年以上前に来ただけですから。

目的地へ向かって歩いる時、突然目の前に田んぼが広がりました。
高速道路や住宅、老人施設に囲まれた一角の小さな田んぼには、稲が頭を垂れて刈り入れを待っています。
どうしてこんな場所に田んぼが、、、
自家用の稲を育てているのかと思ったのですが。
後で聞くとここは市が借り上げて、小学校の学習の場として田植えから稲刈りまで
子供たちが行っているとのことでした。
お米は木になるものと思う子供たちがいる中で、これは貴重な体験学習です。
e0143690_17133697.jpg

e0143690_1714359.jpg

e0143690_17151537.jpg

近くの濁った小川でアメンボを見つけて、子供のように歓声を上げてしまいました。
e0143690_17164533.jpg

今年、初めて蝶を撮りました。 セセリチョウとシジミチョウだと思うのですが。
e0143690_17202160.jpg

e0143690_17251614.jpg

先日の新聞で。 竜馬案山子が睨みを利かせているようです。
e0143690_17272823.jpg

実った稲穂にそっと触れて、久しぶりに懐かしい感触を味わった9月10日でした。
[PR]
by slowlifek | 2010-09-11 17:29 | 気ままな日記 | Comments(28)
Commented by dream at 2010-09-11 19:37 x
珍しく一番乗りですね!今年はお米は豊作のようで値下がり
しているとか。私の家ではまだ新米ではありませんが新米と
云う響きに誘われて楽しみです。
生徒がお米の生産者、いいことですね!お米が出来るまでの
過程を学習するなんて素晴らしいですね。


Commented by yukun2008 at 2010-09-11 20:08
こんばんは♪
海老名の東名の近くでしょうかね!? 案山子も龍馬ブームで面白いですね~!日本の夜明けが近くなって欲しいものです。日本には三回目の維新を起こす必要があるそうですが.....。 白いムクゲがまだ元気ですね~♪
Commented by MOM at 2010-09-11 20:51 x
我が家のすぐ近くの田んぼも小学生の体験学習をしています。
私は以前の米不足の時に農家にお嫁に行った友人に助けてもらったので、その後ずっとその友人から買っています。
9月の最初の10Kgはコシヒカリです。
おいしいです!

風景が変わっていてがっかりなさったでしょうが、ちょっとした喜びもありましたね。
子供たちがワイワイがやがや田んぼ仕事をしている姿を想像すると、楽しくなりますね。

竜馬は鳥を追い払うより鳥と一緒に遊びそうですが、効果があるのかな~?  
Commented by 松風 at 2010-09-12 06:10 x
dreamさん
おはようございます。
松本の田んぼの中で育った私ですが、ここ何十年も近くで稲穂を見ることがありませんでした。
無性に懐かしく、しばらくは動けない状態で見とれていました。
私もまだ新米にありつけません。
次は新米を買いましょう。 
食糧難のころのあの白いご飯の食感は、今は殆ど味わうことが出来ませんね。

やがて小学生の稲刈り姿が見られることでしょう。

Commented by 松風 at 2010-09-12 06:25 x
yukun2008 さん
おはようございます。
茅ヶ崎はまだまだ田舎ですが、日常の行動半径では田んぼをみることがありませんね。
海老名の案山子祭りは最近盛んになったそうですが、新聞で見るだけのことです。
3回目の維新、だれが旗を振るのでしょうね。

この花はムクゲなのですか、ずっとスイフヨウと思っていました。
Commented by 松風 at 2010-09-12 06:37 x
MOMさん
おはようございます。
お近くに田んぼがあるとか、、、、
それだけで羨ましいと思ってしまいます。
もう新米を炊かれたのですね。
つやつやとした白いご飯には漬物以外はいりません。
次は私も新米を2キロ買ってきましょう。

もうしばらくすると稲刈りですが、こどもたちが恐る恐る鎌を使う姿を見たいと思います。
最近、あちこちで案山子祭りが行われているようですね。
Commented by hananokaidan at 2010-09-12 07:47
おはようございます、
海の近くは田圃が無いのですね、家からは30分も歩くと見られます、新米は何時頃買えるのでしょうか、楽しみですね。
アメンボを良く撮れましたね、何時も失敗をしています。
Commented by グスタフ at 2010-09-12 08:28 x
松風さん、お早うございます。
学習用の田んぼ・・イイお話ですね、それと似たお話をアチコチで耳にしますが、貴重な体験が役に立つでしょうね。
ようよう秋の気配が感じられる様になりまし・・今年の暑さには皆さん難儀でしたね・・
Commented by takisann2000 at 2010-09-12 08:40
おはようございます
今日も暑い1日になりそう、でもちょっぴり秋めいてきましたね。

我が家では大昔息子が小学校の頃、授業で教わったのか?
用水路脇に生えていたススキを指差して「稲」だって言うのを聞いてショックでした。
そういえば家の周りには田んぼなどなく、実物は見たことないのだから・・・
教育ママゴンとしてはこれは一大事
直ぐに車で郊外の水田に連れて行きましたよ。

今の子供達はおコメを作るのを見ていないし知らないのでしょうね。
Commented by chiyoko-mimi at 2010-09-12 08:50
田んぼの風景を見ると心が和みますね
実りの秋 子供達にも教えたい景色です
自然を残して楽しんで欲しい場所ですね
Commented by yuriazami at 2010-09-12 12:42
こんにちは
子供たちの実習用の田圃、豊作のようでよかったですね。
給食で食べるのかしら^^
新潟に住んでいたころ近所の小学校でも田圃に稲を植え
観察するということをやっていたのを思い出しました。
今でもやっているのかどうか~~?
蝶々も4種類も写真を撮っていて豆にカメラを持ってお出かけの
様子が伺えます。私はカメラを持ち忘れることが多く反省しています。
Commented by 松風 at 2010-09-12 19:31 x
hananokaidan さん、こんばんは。
鶴嶺公民館へ出かける途中で見た風景ですが、あまりの変わり様に⑦唖然としました。
こちらからも30分歩けば見える田んぼですが、1国を渡ることが億劫でなかなか行くことが出来ません。
もう少し涼しくなったらぜひ小出川縁を歩いてみたいですね。
Commented by 松風 at 2010-09-12 19:39 x
グスタフさん、こんばんは。
久しぶりで見た田んぼは故郷のそれとはまったく違う風景でしたが、
稲穂の色、香りが懐かしく感じられました。
我が家の孫も稲と藁が繋がらない時期がありました。
やがて刈り入れの時期には、子供たちの喜々とした声で賑わうことでしょう。
Commented by 松風 at 2010-09-12 19:49 x
takisann2000さん、こんばんは。
今日はたっぷり暑かったですね。
午後からは冷房で凌ぎました。

稲とススキを間違える、可愛い思いちがえですね。
我が家でも街中に住む孫は稲を見ることがなく、
母親が農作業の見学をお願いして連れて行ったそうです。 
母親自体が詳しくはありませんから、母子のいい勉強になったようです。
Commented by 松風 at 2010-09-12 19:55 x
chiyoko-mimi さん、こんばんは。
黄金色に輝く稲穂を見たいと願っていましたので、
民家に挟まれた小さな田んぼでもうれしく見てきました。
まして、これが小学生が丹精した稲と思うと心なごみますね。
Commented by 松風 at 2010-09-12 21:36 x
yuriazamiさん、こんばんは。
子供たちが一生懸命に作ったお米は給食用と近くの老人施設に送られるようです。
一部もち米もあるようですから、お餅つきもあるそうですよ。
新潟にお住まいだったのですね、
全国一の穀倉地帯で、おコメの味はさぞかしでしょうね。
最近ようやくカメラを持ち歩くようになったのですよ。
写真は嫌いですが、ブログのために何とか映さなければ、、、と必死になっています。 
疲れますね。
Commented by yamabousi801 at 2010-09-12 21:48
松風さん、こんばんは~♪

都会では珍しい田園風景ですね。
私たちの主食のお米は、どんな植物でどうやって育っているかは
子供たちに学習して欲しいですものね。
私の地方は至るところに田園が広がっていますが・・・ウフフ

もうじき稲刈りですが、今回から無農薬のEMで育てたお米を買うことにしました。
1年分予約しましたが、玄米で買うことにしましたので家庭用精米機を
買おうか買うまいかと考えています。
お米大好きな私なので、ちよっとこだわってみました。ウフフ(^o^)丿
Commented by fuchan_k at 2010-09-12 22:00
ともすれば、お米がどのようにして出来るのか、知らない大人も
いる昨今ですものね。
子供たちが、田起こしから始めて、田植え、草取り、稲刈り、脱穀
そして、美味しいご飯や、お餅に変身させるのでしょう。
昔から言われている、八十八回の手がかかると言うのを
身をもって学習できる、最高の場所ですね。
Commented at 2010-09-12 22:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 松風 at 2010-09-13 06:54 x
yamabousiさん、おはようございます。
茅ケ崎は決して都会ではありませんけれど、周辺では土の道を歩くことがないのですよ。
田舎の風景に憧れて行ったのですが、住宅地に変わっていました。

その中で小さな田んぼを見つけた時はうれしかったですね~。
トンボは見かけませんでしたが、水ずましを見つけてうれしさは倍増。
可笑しいでしょう、子供のようで。
やがて稲刈りが始まるころ、不器用に嬉しそうに鎌を持つ子供の姿が見たいですね。

精米機お買いになったら見せてくださいね。


Commented by 松風 at 2010-09-13 07:19 x
fuchan_kさん、おはようございます。
孫が辻小に通っていたころ、暮れのしめ縄作りに連れて行ったのですが、
藁と稲を結び付かなかったようです。
母親が知人の農家さんにお願いして、何回か農作業を見学させてもらったようですが、
普段は見る機会もありませんから理解することは難しいようですね。
母親自体、都会育ちですから教えることも出来ないのです。
学校行事として、このような経験は貴重だと思いますね。

つやつやとした新米のご飯を食べたいですね。
Commented by 松風 at 2010-09-13 07:22 x
鍵コメさん
ありがとうございます。
やはりそうでしたか (^_-)
Commented by andante61 at 2010-09-13 11:10
実りの秋。稲穂が頭を垂れていますね。
子どもたちの学習の場になっているそうで、これは本当に良い体験ですね。
稲刈りももうすぐ。
自分たちが作った新米が給食に上がるのでしょうね。
アメンボは、もう長いこと、見たことがありません。
蝶も上手に撮れましたね。蝶の名前、いろいろご存知ですね♪
やっとやっと、秋を少し感じられるようになってきましたね。
Commented by すいれん at 2010-09-13 11:10 x
こうして田んぼをのこして子ども達の体験学習・・・・・・
貴重な取り組みですね。
昔はご飯一粒でものこさないように躾けられたものでした。
食べ物や食事の行儀作法はやかましかったですね。
それがむしろ当たり前の子育てでしたが、今はどうなのでしょうね?

ま~、龍馬さんの案山子ですか・・・・・・・
今の日本を龍馬さんはどんな目で見ているでしょう?
Commented by 松風 at 2010-09-14 08:43 x
andanteさん
おはようございます。
刈り入れには少し早いようですが、そっと触れてみるとずっしりとした重みを感じました。
恐々と鎌を持つ様子が目に見えるようですね。
よい体験をしていると思います。

アメンボを見て喜んでいる姿は、
我ながら可笑しくて笑ってしまいました。
今朝は北風が入り、凌ぎやすい朝になりました。
Commented by 松風 at 2010-09-14 08:56 x
すいれん さん
おはようございます。
久しぶりに見た稲田でした。
懐かしい田舎の匂いや風を感じ、懐かしさいっぱいでした。
広い広い黄金の波とはいきませんが、住宅地の真ん中の田んぼが
子供たちの勉強の場と聞いて嬉しくなりました。

以前、孫に八十八(米)の話をしたことがありましたが、神妙に聞いていた姿が浮かんできます。
食べ物へのありがたみ、食事の作法は家庭教育だと思うのですが、
いまは学校教育に委ねられていることは、親の姿勢が問われることでしょうね。

Commented by しろうさぎ at 2010-09-14 09:15 x
忘れられていく自然・・・、
貴重な経験・・・、いい試みを・・・、
昔は日常生活の一端でしたのにね。
龍馬ブーム・・・、案山子さんまでもなんですね~、
死んでからも益々有名に・・・、素晴らしい人でしたね
Commented by 松風 at 2010-09-14 20:41 x
しろうさぎさん、こんばんは。
住宅の中に、小さな田んぼを見つけた時はほっとしましたが、
逆にこうまでしなければ、田畑や小川を見ることも出来ないのですね。
子供たちが限られた環境の中で、よい体験をしてくれればいいのですけれど。
坂本竜馬氏は、菅内閣をどう見ているのでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 復刻本が出ました 街灯のあかり >>