椿を見ながら

 久しぶりに会いたいから出てきてと云う友人の電話で、
 横浜の外れまで出向きました。

 50年もの間 旧家の嫁としてひたすら舅姑に尽くした彼女が、
 昨秋、ようやく嫁の立場から解放されました。
 お疲れ様。

 昨暮れに張り替えられなかったからと、障子を張り替えて迎えてくれました。
 新しい和紙の匂いがする障子には、柔らかい日の光が差しこみます。
 何十本もある障子の張り替えは、暮れの一大行事にもなっていると笑っていましたが、
 さぞ大変なことだろうと思います。
e0143690_20141322.jpg

 友人の隣りの神社に幾種類かの椿が咲いていました。
 花を見ながらの会話は、胸がずんと重くなるものでした。
 嫁、姑の関係は永遠のもののようですね。
e0143690_20163559.jpg


 
 先日、曇り空の下、静かな海でした。
e0143690_20263282.jpg

e0143690_2027274.jpg

e0143690_2029569.jpg


 我が家の卓上菜園で。
 (芹・にんじん。大根)
 力強く若い芽が伸びています。
e0143690_20303677.jpg

by slowlifek | 2012-03-04 20:37 | 気ままな日記 | Comments(16)
Commented by fuchan_k at 2012-03-04 21:35
50年間も、嫁としての務めを果たさなければ、いけなかったなんて
なんとも切ないお話しですね。
ご自身もすでに、姑とよばれるお立場なのではないでしょうか。
最近は主客転倒して、虐げられているお姑さんも少なくないとか。
何れにしても、もとは他人の仲ですから、難しい関係なのでしょうね。
障子はりが億劫で、リフォームを機にすべて無くしました。
春障子を読ませていただいて、なるほどな〜!と頷いています。
Commented by MOM at 2012-03-04 22:17 x
春障子読ませていただいて嬉しくなりました。
築3年目になるこの家は、1階のリビングと和室は障子です。
かなり丈夫なので昔からの和紙ではないと思うのですが、昼は太陽の光を柔らかくしてくれますし、夜は灯りを柔らかくしてくれます。
障子の張り替えも大変だけど、カーテンの洗濯もかなりしんどいのでどっちもどっちかな、と思っています。

50年舅姑さんたちに辛抱していらっしゃって、今度は多分お嫁さんに辛抱していらっしゃるのかな~、って思いました。
明るい色の椿がなければもっと重い気分になってしまったかもしれませんね。

海の真ん中の写真、キラキラしていてとてもきれいですね。
Commented by すいれん at 2012-03-04 23:09 x
こんばんは~。
お嫁さんの立場で大変なご苦労をされたり、
反対にお嫁さんのために悲哀を味わう舅姑が居たり・・・・・・
私の友人知人でもその両方が居ますわね~。
そのどっちの体験もないのは、これって、幸せ?

海って、本当に表情が豊かですね。
この海が牙を剥いたことを思うと祈るような気持ちになります。

パソコン教室、解散ですか・・・・・
寂しくなりますね、お気持ち、お察しします。
良かったら私がお世話になっている「いちえ会」へどうぞ!
葉山の方から通っていらっしゃる人もいるんですよ。
Commented by 松風 at 2012-03-05 09:23 x
fuchan_kさん、おはようございます。
40年ぶりで会った彼女は溌剌としていました。
一方的な話を信じれば、それまでに何とか出来なかったものかと
思いますが、難しいことですね。
息子さんがいないので姑の苦労はないようですが、
敢えて冷たく言えば、
自分の意思を通した生き方だったのではと思いました。

我が家の障子は、
夫が元気だったころ作った三曲の障子屏風だけになりました。
Commented by 松風 at 2012-03-05 09:30 x
MOMさん、おはようございます。
障子がある家が少なくなっていますが、
MOM邸には二か所もあっていいですね~。
最近は純粋な和紙の障子紙は少ないようですが、
その分、破れに強くなっているそうですね。

いまどき珍しい人ですが長々と続く話は、
どうして?と思うことばかりでした。
赤い椿に救われた思いです。
Commented by 松風 at 2012-03-05 09:43 x
すいれんさん、おはようございます。
今時、こうした人がいたということにまず驚きました。
それぞれの家庭の事情もあることでしょうが、
強い人ですから、自分の意思を通して尽くしてきたのでしょう。
娘さん二人は母親の姿をどう見ていたのでしょうかねえ。

黒い雲の切れ目から射した光が水面をきらめかせて、
とてもきれいでしたが、カメラの扱い方が解りません。
いちえ会はいつも羨ましく見せていただいていますが、
すいれんさんが個人レッスンをしてくだされば、
大喜びで出かけるんですがねえ。
Commented by yuriazami at 2012-03-05 13:43
こんにちは
障子がある家、北海道では珍しくなりました。
昔は社宅住まいでも障子があり張り替えしたことを
思い出しました。
椿の花がお二人のお話を静かに聞いていましたね。
お友達もこれからご自分のためにゆっくり楽しく
過ごされるといいですね。

静かな初春の海、ステキですね~~(^^♪
Commented by ☆ひな☆ at 2012-03-05 16:11 x
嫁と思っていたら、いつのまにか姑になりました。50年も……気の遠くなるような年月ですね。
これからは、心穏やかに過ごされますように………
Commented by hikariko at 2012-03-05 17:01 x
障子、母はさっさと張り替えるのですが、私がやると大変です(苦笑)
今は障子がなかったり、床の間がなかったりするお宅が多いので、
子どもに言葉の説明をするときも困ります(^^;

ところで、この海、きれいですねえ・・・
思わず泳ぎたくなるような。最初にブログを始められた時より
すごくお上手になられましたよね。写真。
やっぱり続けるって大事なことなんだな、と思いました。
「継続は力なり」、ですね(^^)
Commented by 松風 at 2012-03-05 17:08 x
yuriazamiさん、
今は障子なしの我が家ですが、
昔は器用な夫がすべて張り替えてくれました。
新しくなった障子の匂いは清々しいですね。

人それぞれ、重い気持ちで話を聞くだけでした。
椿の色に救われたような。。。

相変らず穏やかな海です。
Commented by 松風 at 2012-03-05 17:12 x
ひなさん、
私は舅姑を知らないのですが、
姑になって22年、どんな姑なのでしょうね。

友人は溌剌として、声までも変わるものなのですね。
元気でいてほしいと思います。
Commented by 松風 at 2012-03-05 17:25 x
hikarikoさん、
この年になっても障子張りをしたことがないんですよ。
実家にいたころは親が、結婚してからは夫がしていました。
そして今は障子がありません。
ただ、夫が作った三折れの障子屏風が残っています。

まあ、恥ずかしいこと!
初めのころの写真を覚えていてくださるのですか。
ブログを始めたことでカメラを持ったのですが、
今でもあまり好きではないのですよ。
hikarikoさんのような文章力があれば、
写真を入れたくないのですが、今更仕方ありませんね。

ここしばらく、海はどんよりとしています。
Commented by yukun2008 at 2012-03-05 18:32
こんばんは♪
いいですね、やっと今頃、椿園に花が咲き誇っているのですね、先月行った時はほとんど花を見かけませんでした。
茅ヶ崎海岸の海に遮光が煌いて幻想的ですね、春の景色ですね♪
Commented by andante61 at 2012-03-06 11:41
嫁姑問題、難しいですね。両方の意見を聞かなければ一概には
言えませんが、どちらの思いもわかるような年齢になって、それは
それで、簡単には言えない感じです。やはり難しい…。
お写真、みな、春を告げてくれていますね♪
↓ パソコン教室終了、残念ですね。
でも、長いことお勉強され、このブログも大きな宝物として存在しています。
これからもゆっくり頑張って下さいね。
Commented by 松風 at 2012-03-07 08:00 x
yukun2008さん、おはようございます。
暖かかった昨日、高砂緑地へ梅見に行ってきましたが、
梅祭りが終わって一か月後の今頃真っ盛りでした。

氷室椿園はこれからが見ごろになるのでしょうね。
ようやく花の季節が来ました。
Commented by 松風 at 2012-03-07 08:06 x
andanteさん、おはようございます。
私は舅も姑も知らないので、よく解らないのですが、
所詮は他人同士、行き違いもあることでしょうね。
姑の身になって、息子の嫁からはどう観られているのでしょう。
何事もなく済んでいることを、ありがたいと思っていますが。

パソコン教室は、次回で終わります。
忘れることのスピードが早まることでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 陽気に誘われて  パソコン教室解散 >>