暁の祭典 「浜降祭」

暁の祭典、好きな呼び名です。

神奈川県無形文化財に指定されている「浜降祭」。


早朝から「どんどこぴーひゃら」 嫌でも目が覚めます。

顔も洗わずとりあえずデジカメを持って飛び出しました。

寝ぼけ眼でぼけ写真一枚。
e0143690_9222662.jpg


40年ぶりで浜の会場へ出てみようか迷いに迷って、ようやく腰を上げました。


20分ほど歩いて会場へついた時には既に満員御礼の状態です。

日が昇り暑さも増してきますが、強い風でそれほど苦痛には感じません。

今年の参加神輿は33基とか。

次々に入場する神輿が勢ぞろいするまでには後何時間かかるの?
e0143690_9334367.jpg

e0143690_9344761.jpg

それから長いお祓いの儀式があって、海へ繰り出すのは何時間待てばいいのか、、、

待つことが嫌いなせっかちは、じっと我慢の子です。

お腹も空いてきた、何か食べ物を買おうか、

でも人ごみの中で砂が舞い上がる浜での飲食は、どうもねえ、、、

水だけでこれも我慢の子。

ようやく動き出しました。

超望遠で
e0143690_939355.jpg

e0143690_9395156.jpg

e0143690_9425192.jpg

人の頭ばかりで嫌気がさして、もう帰ろうと思った時、

思いがけず富士山をバックに神輿が撮れたのです。
e0143690_9445942.jpg



この富士が見られたことは、早起きした甲斐があったのかもしれません。

夏富士は勇壮です。
e0143690_945217.jpg




e0143690_950472.jpg
e0143690_9503315.jpg
e0143690_9503015.jpg
e0143690_950599.jpg

某神社の神主さん、(後ろ向き)

30年前は真冬でもTシャツ一枚で飛び回っていた、やんちゃ坊主。

大きくなりました。
e0143690_9533688.jpg


天保9年(1838年)、寒川神社の神輿が、

春に大磯で行われる国府祭(こうのまち)に渡御した帰りに馬入川の渡し場で

相州一ノ宮寒川神社の氏子と平塚 前鳥神社の氏子とが争いを起こし、

御輿が川に落ちて行方不明となる。

数日後、南湖の網元である鈴木孫七が漁の最中にご神体を発見し、

寒川神社に届けたことを契機に、寒川神社の神輿が南湖の浜で「禊(みそぎ)」をするようになったという。
    「茅ヶ崎郷土昔話」

by slowlifek | 2012-07-17 10:03 | 気ままな日記 | Comments(18)
Commented by monasa at 2012-07-17 10:47
神奈川県無形文化財のお祭り勇壮ですね。
せっかち松風さんと自負していますがそんなことないでしょう。
待つのも我慢、お腹が空いてペコペコでも我慢、暑くても我慢。
我慢した甲斐があり「やった~~富士山」。
「早起きは三文の徳」でしたね。私も楽しませていただきました。
Commented by 松風 at 2012-07-17 15:39 x
monasaさん、
早朝から煩いというだけで避けていましたが、
伝統あるお祭りをしっかり目にしておかなくては、
これから先、何度見られるか解らなくない年齢になってきましたし、
思い切って行ってきました。
夏の富士山が逞しく荘厳に見えましたよ。

生来の短気でせっかちな性格は
いまさら直しようがありません。
Commented by fuchan_k at 2012-07-17 16:08
お暑うございま〜す。
梅雨といわれるほどの雨は降りませんでしたが
明けたもようと言うことですから、ますます暑くなるのでしょうね。

松風さ〜ん、ステキな写真ばかりじゃないですか〜。
海も空も、きれいな青に撮れていて気持ちがいいです。
お互い、案外 近くにいたのかも知れませんね。

各神社ごとのシートで寝ていた人は見ましたが、遊歩道上までとは。
深夜からの疲れを、お神酒が増幅させたのでしょうね。

ヤンチャ坊主も、今では立派な神主さんですか。

Commented by MOM at 2012-07-17 18:02 x
祇園祭も花火大会も人ごみがあまり好きではない夫と一緒に出かけると”早く家に帰りた~い”オーラを発しているような気がして落ち着きません。
花火も終わって余韻を楽しもうと思っていても、早く行かないと混雑すると現実的です。
というわけで、最近お祭りに出かけることがなくなりました。
松風さんのブログで行った気分を味わわせていただきました。

東京の往復、乗り物に乗ると本を読むか寝てしまうか。
雪のない富士山は寝ぼけ眼では見逃してしまいます。
久しぶりの富士山が見られてよかった~。

歩道に寝ている人たち暑くないのでしょうかね~?
Commented by 松風 at 2012-07-17 18:19 x
fuchan_k さん、こんにちは~。
まだまだこれからが暑さ本番、暑さ苦手な私は気が狂いそうです。

昨日は一日中眠い日でした。
もうこれで浜降祭見物はおしまい。
来年からは近くのお神輿を送り出すことにしましょう。

fuchan_k さんが来られているとは思いませんでしたが、
湘南さんはどこに?、
2,3人それらしき殿方を見かけましたが、どうも違ったようです。
疲れているとはいえ、こんな所でよく眠れるものですね~。

来年は寒川さんを狙いましょうか。
そちらからでは大変かな?

Commented by 松風 at 2012-07-17 18:25 x
MOMさん、こんにちは。
テレビで祇園祭を見ましたが、京都は並みの暑さではありませんね。
夏とか暑さの言葉を聞くだけで、意気消沈します。

このお祭りも最近は全国区になって、
見物人も他県から押し寄せているそうです。
人ごみは嫌いですが、どっこい、どっこいの掛け声が聞こえると
わくわくそわそわするのは、
やはり大和民族の血が流れているからでしょうね。

夏富士は久しぶりで見ましたが、勇壮でしたよ。
Commented by EPOM at 2012-07-17 20:35 x
松風さん
なんと勇壮なお祭りですことね
富士山が青空に映えて美しいです
私はお祭りが苦手なのですがこのお祭りは見たいです。
心躍りますね(^^♪
Commented by hananokaidan at 2012-07-17 23:17 x
松風さんこんばんわ
久しぶりにブログを開くと浜降祭の写真が・・・嬉しくなりました、
朝?3時ごろに花火が上がって、神事が始まるのかなぁと思いながら
又頭が枕の上に・・・・・
まだ一度も見た事がありません、育った千葉県大原のはだか祭でお神輿が海に入るところは何度も見ていますが、茅ヶ崎は・・・・・
機会があったら見たくなりました。
富士山とお神輿の写真は凄いですね、ほしくなりました。
Commented by 松風 at 2012-07-18 09:00 x
EPOMさん、おはようございます。
年々規模が大きくなって全国区の祭りになっているようですね。
何しろ大変な人、人ごみの中に入ったらもう大変、
身動きがとれません。 こりごりしました。
浜の会場での見物は今年で終わりにします。

EPOMさん、早起きで大変ですが、
一度はご覧になってくださいな。
Commented by ば~ば at 2012-07-18 09:04 x
あら~、湘南ジージさんと同じ場所にいらしてたんですね(もしかして、秘密のデート?)。

日本の誇る富士山と日本の伝統の祭り神輿、なんといいツーショットでしょう。

オマケの写真はいろんな想像が出来てメチャ楽しい。
Commented by 松風 at 2012-07-18 09:06 x
hananokaidannさん、
3月以来、ほんとにしばらくですね。
お元気でしたか。

来年のことは解らない年齢になって、
40年ぶりに見ておこうと出かけました。
人ごみと暑さ、強い風の中で、なんとかパシャリとしてきましたが、
どこから人が湧き出てくるのかと思う混雑ですから、
悠長にカメラを構えていることなどできないのですよ。

せっかく茅ヶ崎にお住まいなのですから、一度いかがですか。
Commented by 松風 at 2012-07-18 09:15 x
ばーばさん、
無形文化財か何か知りませんが、
殺人的な人ごみでした。
来年からは近くで神輿の送り迎えだけにしますので、
強い潮風と砂の中で、必死に撮ったのですよ。

恋しいジージさんを探したのですが、
早々に引き揚げて、のんびりテレビ鑑賞だったそうですよ。
Commented by いかん at 2012-07-18 09:59 x
富士山やはり此方より邪魔するものが無いので大きく見えますね。手が届きそうです。豪快のお祭り弱音吐かなく若返ってください。毎年見るたびに1歳若返りましょう。
Commented by 松風 at 2012-07-18 10:28 x
みかんさん、
 (お名前がいかんになっていますが、「みかんさん」ですね。
 もし間違って別の方「いかんさん」でしたら、ごめんなさい。)

久しぶりの富士山は荘厳でした。
富士山の噴火が心配されていますが、
どうぞ何事もなく過ぎますように。

あのものすごい人出のお祭りは、
若返るより殺されてしまいそうですよ。
Commented by みかん at 2012-07-18 13:04 x
ハハハハハ、途中で気が付いて書き直したはずなのに
又同じ。いを打ったのですね。
こんな間違いしょちゅうです。

その人ごみに耐える体力1年かけて磨いてください・・・ウフフ
Commented by yuriazami at 2012-07-18 15:22
こんにちは
1枚目の写真、薄暗いですが何時ころから始まるのでしょうか?
伝統あるお祭りなのですね。
お神輿を担いで海に入っていくなんて
珍しいお祭りを見せて頂きました。
道路の端で寝ている?人たち よほどお疲れのようですね。
富士山とお祭り、いい写真が撮れましたね。
Commented by 松風 at 2012-07-18 23:24 x
みかんさん、
(^_-)ね。
Commented by 松風 at 2012-07-18 23:33 x
yuriazamiさん、こんばんは。
文字通り暁のころから太鼓の音が聞こえ始めます。
3時半ごろでしょうかね。
やがて「どっこい、どっこい」と珍しい掛け声で浜へ出ていきます。

昔はたくさんの神輿が海へ繰り出したのですが、
近頃はせいぜい10基程度になりました。
海水に浸かった神輿の手入れが大変らしいですね。

よほど疲れたのでしょうね。
何しろ前夜から寝ていないのですから。
祭りのクライマックスには、富士山も祝福してくれたようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雲の流れと、、、、 あゝ、またまた~ >>