絵画展

3月12日 長野県北部大震災の日

東北のあまりにも凄惨で想像すら出来ない大災害の翌日

マグニチュード6強の揺れに襲われた栄村は、他地方の新聞の片隅にも載らない。

過疎の村は降雪量が6メートルを超す国内有数の豪雪地。

地震以来減っていく人口は2300、

復旧から復興を目指しているという。

スキーで訪れた美しい村を思う。




もう1週間も前のことです。

葉山美術館へ出かけました。
e0143690_1516151.jpg

普段あまり見ることのない貴重な作品が展示されていました。
e0143690_15162472.jpg

その数の多さに驚きながらも一点一点を丁寧に見たつもりです。

多くの画家の作品が ところ狭しと並べられて、いささか戸惑いを感じる展覧会です。
e0143690_15195519.jpg

初め見た藤田嗣治の「乳白色の肌の輝き」裸婦像は美しいですね。



一足早くそれを見てこられた湘南ジージさんのご紹介を受けて、

葉山美術館近くの山口蓬春記念館へ向かいました。

小高い地の細い道の奥、木々に囲まれて記念館はありました。
e0143690_15214650.jpg
e0143690_15215480.jpg

作品が映らなければというお許しを得て画室を撮らせてもらいました。
e0143690_15231831.jpg

画集を見たことがあるというだけの蓬春の絵画を目の当たりにして、

その凛とした美しさに身の震えを覚えます。
e0143690_15262064.jpg

蓬春が好んで収集した古美術の冊子から。
e0143690_15241618.jpg
e0143690_15242497.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-12 15:32 | 気ままな日記 | Comments(12)
Commented by EPOM at 2013-03-12 16:17 x
松風さん
美術館にはずいぶん久しく行っていません
夫がつける日曜美術館で満足している状態です
デパートでマリーアントワネットを観たきりでしょうか。
高橋由一と云えば「鯖」じゃなかった「鮭」ですね(爆笑)
ふざけている場合ではありません
そうそう 楽しみがあるのでした あ~ぁ 早く桜が咲かないかなぁ
Commented by MOM at 2013-03-12 16:36 x
土曜日サンフランシスコの美術館に行ってきました。
日本でもめったに行かないのですが、娘が連れて行ってくれるというので。
でも何しろ☆もー☆連れですから、あまりゆっくり鑑賞してはいられませんでした。
フェルメールとレンブラントは急いで見て回りました。
4月が楽しみです。
Commented by 松風 at 2013-03-12 16:41 x
EPOMさん、
美術展に鯖も鮭はいませんでしたよ。(笑)
最近は重厚な色彩より、明るく軽いタッチの絵が好きになりました。
葉山美術館のレストランはオーシャンビューです。

湘南ジージさんから素敵なところを教えていただきました。
蓬春記念館はお勧めです、お出かけになってください。
Commented by 松風 at 2013-03-12 16:52 x
MOMさん、
アメリカ便り拝見しました。
子供連れの鑑賞はお落ち着かないでしょう。
でもいい機会を作っていただきましたね。
そちらにいらっしゃるうちに、
もーちゃんとたっぷりお楽しみくださいね。



Commented by 湘南ジージ at 2013-03-12 18:20 x
松風さん こんばんは!
山口逢春美術館
良かったでしょう!!
あの静かな佇まいが何とも言えぬ雰囲気を醸し出ています
難点を云えばアクセスが悪い??
Commented by 松風 at 2013-03-13 07:29 x
湘南ジージさん
おはようございます。

はい、お陰さまで久方ぶりによい美術鑑賞が出来ました。
画室で一服のお茶をいただければなどと、、、(笑)
乗り物を乗り継ぐ小さな旅感覚もまたいいものです。
ありがとうございました。
Commented by すいれん at 2013-03-13 12:02 x
おはようございます。
ゆっくり鑑賞出来たようでよかったですね。
絵画にしても何にしても自分なりのペースで鑑賞できると
印象も違ってくるものですよね。

古陶磁、これはまた凄いものですね。
山口蓬春の絵については殆ど知りませんが、
松風さんが身が震えるよう・・・・・とおっしゃるのですから、
どんなにか素晴らしいのでしょう。
図書館で画集でもみてみましょう。
記念館の雰囲気もお写真を拝見するだけで「いいな~」と・・・
ちょっと遠いので飛んで行けないのが残念です。
Commented by 松風 at 2013-03-13 22:49 x
すいれんさん、 こんばんは。
久しぶりの絵画鑑賞でした。
よく解らない分野でも本物の作品には心打たれますね。
大抵は淡々として見てくるのですが
山口蓬春の画を見た瞬間の感覚は言いようもないもので、
よいものを見たという満足感いっぱいでした。

葉山の海も実に美しかったのですが、
色あせて見えるのは、素晴らしい絵画の所為でしょうかね。
Commented by fuchan_k at 2013-03-13 23:37
お出かけには、ちょうど良い季節になりましたね。
山口蓬春美術館、3年くらい前に寄ったことがあります。
但し、絵を習っている友人のお供でした。(笑)
Commented by hohsi at 2013-03-14 10:48
お写真から見るとすっかりはるの日差しですね
福岡や宮崎では桜の開花を見たとか・・・
そちらももう直ぐでしょう、
小さなギャラリーを訪ねたり、広くゆったりした美術館も
微かに流れる音の中に居る心地よさが好きです、
ただし絵画知識はありません。
Commented by 松風 at 2013-03-14 10:55 x
fuchan_k さん
もう少し暖かくなると体調不良になりますから、
今はとてもいい時期です。
ジージさんのお勧めで行ってきました。

日本画はあまり好きではないのですが、
ジージさんお勧めの蓬春の画に電流が走ったような感覚でした。
でも、絵画は何もわからないのですよ。
私が描く絵は「ヘノヘノモヘジ」だけ。
Commented by 松風 at 2013-03-14 11:04 x
hohsiさん
こちら河津桜が終わりに近づいて、
散歩道にはオカメ桜が開いていました。

数年に一度ぐらいは本物の芸術を味わうことも、
またいいものかなと思います。
美術館は広すぎて、疲れが残りましたが、
蓬春記念館は訪れる人もなく、静寂そのもので
ここで一服のお点前があったら、、などと贅沢を思っていました。
帰宅後、hohsiさんの見事なお写真を拝見して、
この日は芸術日和でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春眠 気だるい春 >>