映画 「アラビアのロレンス」

e0143690_108523.jpg

1962年公開されて以来、見たいと思い続けていた

「アラビアのロレンス」が鎌倉芸術館で上映されました。

この日は何をおいても見なければと勇んで出かけたのですが、

休憩も入る4時間近くの「男映画」はそれほどの感激もなく

まことに疲れる映画ではありました。


救われたのはロレンスと最後まで共にする部族首長役のオマー・シャリフ

新聞記者役のアーサー・ケネデイが光っていたこと、

デビット・リーン監督の砂漠の美しい画面はさすがです。
e0143690_1020769.jpg

e0143690_10211344.jpg


トルコの支配下に置かれるアラビアは民族解放を求めて、
部族間の争いに広がっていく。

一時は「アラビアのロレンス」「無冠の帝王」とあがめられたイギリス軍人ロレンスは
やがて失意のうちにアラビアを去り、衝撃的な最期を迎える。
e0143690_1022839.jpg


久しぶりですごい俳優たちを見ました。

余談ですがデビット・リーン監督は

かって岸恵子さんに強く想い焦がれた話は知られたことですね。



鎌倉銀幕上映会の今後の予定が出ました。
お近くでいらっしゃれるようでしたら いかがですか。
e0143690_10311450.jpg

e0143690_10312385.jpg

e0143690_10313425.jpg

e0143690_10343673.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-03-20 10:37 | 気ままな日記 | Comments(14)
Commented by すいれん at 2013-03-20 11:50 x
おはようございます。
「アラビアのロレンス」、懐かしいですね。
映画館でもみた時は感動したのですが、その後、テレビで放映された時はそんなでもなかったです。
そう、長時間なのが印象にのこっていますね。
ただ、何回かみているとその時々に発見があるものですね。
「ひまわり」はいいですよね~。
一面のひまわり畑、目に焼き付いています。
Commented by hikariko at 2013-03-20 11:58 x
松風さん、こんにちは!4時間!大変でしたね(^^;
でも、実は私、これ学校で鑑賞会があって出かけたのでした。
ピーター・オツールがハンサムで、その後彼の他の作品を見たりしました(笑)

この予定から見ると、鎌倉銀幕上映会は名作でよい作品を
取り上げますね。近くなら行って見たいです(^^;
Commented by 松風 at 2013-03-20 13:16 x
すいれんさん
これが初上映のころは子育て中で見逃し、
亡夫だけが仕事帰りに見たきたことが
喧嘩の種になったのですよ。
その後テレビでは機会もなく過ぎましたから
わくわくしながら出かけたのですが、長すぎますね。

ひまわりのテーマ曲が泣かせますね。
ローマ法王の休日はタイムリーで面白そうですから
これも見てきましょう。
春は映画三昧になりそうです。
Commented by 松風 at 2013-03-20 13:23 x
hikarikoさん
上映中に休憩が入るのは初めてですが、
4時間見続けるのはしんどいことですものね。

ごめんなさい、
ピーターオトールはあまり好きではないので、
他は見ていないのですよ。
でもロレンスは青い目の神秘的な勇者に見えました。

鎌倉には映画館がありませんから
映画愛好者が上映会を作られたようです。
よくセレクトされた作品を見られますから、
殆ど毎月通っていますが、これもシニア料金だからでしょうね。

Commented by MOM at 2013-03-21 01:14 x
名前だけは知っていても見たことがない映画です。
ピーター・オトゥールはあまり好きな顔ではないですし、歴女でもないので4時間の映画はきついです。
休憩が入ると気が抜けてしまいそうです。

同じ砂漠ものなら「風とライオン」がとても好きです。
初めてショーン・コネリーを好きになった映画です。
キャンディス・バーゲンの凛とした姿は「王様と私」のアンナと共通するものがあり、荒くれ者を上手にあしらう様が小気味よく思われました。

「ローマ法王の休日」歯機会があれば見てみたいです。
御覧のなったらUPお願いします。
Commented by 松風 at 2013-03-21 08:19 x
昭和30年後半から40年代は子育て真っ最中で
母親が映画などとんでもない時代でした。
でもロレンスはどうしても見たかった映画で、
夫が一人見てきた時は、逆上して夫婦喧嘩に発展したのですよ。
4時間は長すぎますが、
映画は映画館で見ることにしrていますから疲れても納得です。

「ローマ法王の休日」はややコミカルで
ローマの休日にも似たところがあるようです。


Commented by 湘南ジージ at 2013-03-21 08:54 x
鎌倉芸術館でこの様な映画が!
大分以前「アラビアのロレンス」、感激しながら観た記憶です。
「ローマ法王の休日」は初耳!
「ローマの休日」観ましたが!
Commented by chiyoko-mimi at 2013-03-21 11:48
どれも素敵な映画ですね
私はもっぱらテレビですが、何回見ても好いですね
Commented by 松風 at 2013-03-21 11:57 x
湘南ジージさん
ご存知だとばかり思っていました。
数年前、鎌倉の映画愛好者が作り上げた会だそうです。

毎月Ⅰ~2回上映されていますので、お出かけになってみてください。
シニア料金、当日券もあります。
「ローマ法王の休日」は面白そうですから見たいと思っています。
Commented by 松風 at 2013-03-21 12:02 x
chiyoko-mimi さん
映画館のない鎌倉では
このような映画上映会があちこちで開かれています。

月に2回ほどですが、よくセレクトされた作品が上映されますから
なるべく見たいと思うのですが、別の予定があったりでなかなかです。
画面に引き込まれて、何もかも忘れられることがいいですね。
Commented by hohsi at 2013-03-21 15:21
松風さん  またまた懐かしい映画の題名と写真
嬉しく拝見しました、
近くなら観たいものばかりです
「ひまわり」 「アマデウス」 はテレビの洋画劇場でも
観ていますが 今一度映画館で観たいですねー。
Commented by 松風 at 2013-03-21 17:46 x
hohsiさん
今風の映画に親しめず、
昔懐かしい映画を見て歩いています。
意識したくないのですが、年齢を感じざるをえませんね。

映画館で画面に没頭出来る時間が好きなのですよ。
「ひまわり」の曲は泣かせますよね。
あれからソフィアローレンが好きになりました。


Commented by reiko-pink-rose at 2013-03-23 17:47
ご無沙汰しました。
アラビアのロレンスなど見ましたよ。
しばらく外出出来なかったので、こちらで
懐かしい映画を見せていただきありがとうございます。

今頃になってインフルエンザに罹って閉じこもってました。
Commented by 松風 at 2013-03-24 09:30 x
reikoさん
まあまあ、大変でしたね、インフルエンザと仲良しだったのですか。
お辛かったでしょうね、長くかかったのですか。
では今年はreikoさんの桜は見せていただけませんねえ。
残念です!
予後をお大切になさいませ。

アラビアのロレンスはご覧になったのですね。
私は初めてでしたが、ずいぶん長い映画で疲れました。
映画館で見る名画は心豊かになりますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 肥満度は 春眠 >>