古いことを思い出していました

いつものことで、つけっぱなしの深夜ラジオから

戦後間もない昭和24年の流行歌が流れていました。

「銀座カンカン娘」 「村の一本松」 「青い山脈」 「長崎の鐘」。。。。。


そのころの世相や出来事をを語るアンカーの声に、眠気も吹っ飛んで聞き入りました。


    昭和24年

強く記憶に残るのは法隆寺火災で、

前年、父に連れられて見た法隆寺に感激したことがあったからでしょうか。

その翌年は金閣寺放火事件がありました。


国鉄の事故事件が続いた年でもありました。

中学生が理解するには難しいながらも、大変な時代になっていると感じたことです。

下山国鉄総裁の事故死(轢死) 三鷹事件(無人電車暴走) 松川事件(列車転覆)など

その翌々年には横浜桜木町駅の木造電車火災で多くの焼死者が出ました。

桜木町駅はこの事故で覚えた駅名です。


喜んだことでは

「ふじやまのとびうお」

水泳の古橋広之進 橋爪四郎選手が全米選手権大会で

世界新記録を打ち出したこと日本中が湧きました。

また敗戦国日本が何より誇れたことは

湯川秀樹博士の日本初のノーベル賞受賞でしょうか。


↑はラジオを聞きながら思い出したことですが、

その後調べてみて知ったことは

この年、お年玉付き年賀はがきが初めて売り出され、

そして満年齢法律が公布されたそうです。

まだまだ物不足が続いた年でもありました。




横浜関内地区にはモダンな街灯があります。

撮りためてあった中から
e0143690_14513969.jpg

e0143690_15145088.jpg

横浜公園にて
e0143690_15152224.jpg

[PR]
by slowlifek | 2013-04-19 15:27 | 気ままな日記 | Comments(18)
Commented by MOM at 2013-04-19 16:32 x
24年には私はまだ影も形もありませんでしたが、「銀座かんかん娘」と「青い山脈」は懐かしのメロディーか何かで聞いたことがありました。
「ふじやまのとびうお」はその型がオリンピックの委員か何かになられた時に知りました。

さすが横浜のですね。街灯もおしゃれですね。
灯りが灯る頃ゆっくり歩いてみたいです。
できれば素敵な人と。

Commented by EPOM at 2013-04-19 19:17 x
松風さん
ガス灯が再現されているのがいいですよね
「横浜は深い町だ」といま読んでいる色川武大さんが書いていまして
なるほどなあと思っています。
神戸一郎さんでしたよね 青い山脈 美男子でしたよね
今のイケメンは「違うぞ!」と思うEPOMです。
Commented by 松風 at 2013-04-19 19:57 x
MOMさん、こんばんは。
>私はまだ影も形もありませんでしたが、<
あゝやっぱり私は老人なのだ、がっくり、、、、
いい気にお友だちのつもりでいますが、
いま歳の差をつくづくと感じますね~。

横浜はいい街です、
その昔、海なし県に住む田舎娘は
横浜に住むことも結婚の条件の一つにしました。

MOMさん、素敵な人と歩きたいなどと、
思っても口にしてはいけません!
Commented by 松風 at 2013-04-19 20:05 x
EPOMさん
色川武大さんって、確かたくさんのペンネームを使う人でしょう?
何かエッセイを読んだ記憶があります。

それに青い山脈は藤山一郎さんの歌ですよ。
神戸一郎さんは夫の伯父の教え子で、
一度会っていますが まあ美男子でしょうね。
歌はこの一曲で終わったようですよ。

元町にも情緒ある街灯がありますね。
横浜はほんとに(深く)良い街です。
Commented by chiyoko-mimi at 2013-04-19 20:14
懐かしい記事に思わず (*^_^*)
昔の風情が思いだされますね
横浜何時尋ねても好いですね
Commented by 松風 at 2013-04-19 21:26 x
chiyoko-mimi さん
こんばんは。
mimiさんも少しはご存知でしたか。
貧しく良い時代ではありませんが、
子どもで何もわからないながらも
前向きに活気があったような気がしますね。

大好きな横浜を度々訪ねたいと思います。
Commented by EPOM at 2013-04-19 21:46 x
一郎さんとだけ・・・(+_+)
歌いましょうね!!!
「希望のささやき」と「青い山脈」を 24日!

Commented by 松風 at 2013-04-19 22:08 x
EPOMさん
歌はお若い方でどうぞ。
私は審査員側に回わって、いろいろ批評をしたいと思います。
24日は雨マークです。
Commented by すいれん at 2013-04-19 22:22 x
こんばんは。
戦後のまだまだ混沌とした時代でしたね。
昭和24年は私はまだ埼玉の田舎にいました。
野原を飛び回っていましたよ。
それでも大きな事件は子どもなりに話題にしたような?

街灯、ステキですね。
関内ですか、私もウロウロすることがあるけれど見てなかったわ。
今度そのつもりになって見てみましょう。
松風さんはいつも目のつけどころがいいわ~。
Commented by fuchan_k at 2013-04-19 22:26
当時6才の私ですから、後になって知ったのだと思いますが
ほとんどのことは聞いた覚えがあります。
カタカナからひらがなに変わったのも、満年齢で数えるようになったのも
なんとはなしに知っているのがカナシイです。> <;
Commented by 松風 at 2013-04-19 23:31 x
すいれんさん、こんばんは。
父の転勤で三重県にいましたが、
官舎のあった飛行場の一角の建物には
飛び立った戦士の書き損じ遺書、写真などが散乱して
子どもながらに涙したのですよ。
当時の大人は力強く必死に生きていたように思いますね。

関内に限らず横浜では街灯を見上げ、
また道の絵タイルを探しながら
頭を上に下に動かして歩いているんですよ。
きっと妙な恰好でしょうね。


Commented by 松風 at 2013-04-19 23:37 x
fuchan_kさん、こんばんは~。
当時の情報網といえば新聞 ラジオ 
ニュース映画専門の映画館で知るのみでしたが、
新聞を読まされていた私は大人の話を聞き齧りながら
ある程度世相を知るチャンスがありました。

fuchan_kさんがカナシイとおっしゃるなら
私は大声で泣き叫ばなければなりませんよ。
Commented by time2022 at 2013-04-20 03:25
東京も焼け野原で、都電も隣の停留場まで見渡せました
昭和24年は2歳でしたが3歳ぐらいからの記憶はありますね
何かあっという間に街が変わっていく活気がありました
考えてみたら戦後間が無かったんですねあの頃…。◕ˇ_ˇ◕。~♡
銀座カンカン娘、銀座もカンカン娘も大好きでした。꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛
Commented by 湘南ジージ at 2013-04-20 06:03 x
おはようございます
昭和24年といえば小学から中学生になったばかりの頃かな?
当時はテレビもなく 大晦日はラジオから流れる紅白歌合戦を聴いた記憶です !
18日 学生時代の友人と半世紀ぶりの再会を果たして来ました
Commented by hohsi at 2013-04-20 10:00
テレビの無い時代に子供時代を過ごした者にとって
ラジオから流れていた曲の想い出はあります、
昼の歌謡曲  でしたか?
「夏の思い出」 もその一曲・・・
毎年水芭蕉を見に行くと想い出しています、
「雪の降る街」 この曲は母がしんみり歌ってしました。
Commented by 松風 at 2013-04-20 10:14 x
time2022 さん
3歳ぐらいからの記憶があるとは、
記憶力抜群ですね。
私など5歳以前はゼロですよ。
東京の焼野原は写真で見るばかり、
私は疎開で空襲は知らないのですよ。

ラジオから流れる歌謡曲はよく覚えました。
カンカン娘、元気の良い歌ですね、高峰秀子が歌っていました。
Commented by 松風 at 2013-04-20 10:19 x
湘南ジージさん
おはようございます。
中学生でしたか

ラジオだけが楽しみの時代で、
音を小さくして遅くまで歌謡曲を聴いたものです。
紅白歌合戦を初めてテレビで見た時の嬉しさは忘れられません。

50年ぶりの再会はいかがでしたか
Commented by 松風 at 2013-04-20 10:25 x
hohsiさん
偶に連れて行ってもらうニュース専門映画を
とても楽しみにしていました。
その頃ニュースだけを上映する映画館があったのですよ。
ラジオはその頃のよい情報網でしたね。

そうでした、昼の歌謡曲という番組がありましたね。
テーマ曲まで思い出しました。
「夏の思い出」も「雪の降る町」も歌えますよ。
いい歌ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冷い雨の日に あちこち歩いてみるもんですねえ、、、 >>