人気ブログランキング |

18年の月日が流れて

何時の間に時間が過ぎてしまったのだろう、、、

祥月命日は北風が冷たかった

広い公園墓地では硬くなった残雪にずぶずぶと足が入る。

すっぽりと雪に埋もれたお墓に花を供えて、手を合わせる。

「今日から19年目、そちらは暖かいのでしょう、いいわね」
e0143690_8381888.jpg


e0143690_8393169.gif


午後、桜木町駅で友人と待ち合わせて、みなとみらいホールへ急ぐ。

くじ運が悪いのに、このコンサートだけは何故か毎年大当たり
e0143690_8421090.jpg

勤務の傍ら、練習を重ねてのチャリティーコンサートは迫力満点。

今年は朗読(スーホの白い馬)と音楽のコラボが入って聴衆を飽きさせない。
e0143690_8471068.jpg

時折耳にする「エル・システマジャパン」の意味がここでようやく分かった。
e0143690_8472839.jpg

ささやかな金額を募金箱に入れて、子どもたちよ負けないで!と願う。


耳がちぎれそうな風の中を帰ると宅配便が届いた。

手作りのふっくらとした人参パン、ほんのり甘いジャムが美味しい。

ありがとうね、Mさん
e0143690_8564279.jpg

by slowlifek | 2014-02-13 09:10 | 墓参 | Comments(12)
Commented by hikariko at 2014-02-13 12:54 x
松風さん、こんにちは。おひさしぶりです。
お身体(目の具合)はいかがですか。
母も白内障など、眼科通院中です。
年齢とともに、いろいろありますね・・・

ところで、18年ですか。我家では25年、
長いようで短くも感じられませんか?
母はそのように言っております。

寒さが厳しいので、くれぐれもお身体お大切に☆
Commented by MOM at 2014-02-13 15:44 x
寒い中をよくお出かけになられましたね。
さすが松風さん、心も体も軽くてお若いです。
コンサート行きたいな~、と思うのですが、出不精でなかなか実現できません。
田舎のせいにして、どんどん腰が重くなります。

優しい色のシクラメンですね。
夏越しが下手なので翌年に少し花をつけて、2年で終わってしまいます。
Commented by 松風 at 2014-02-13 17:30 x
hikariko さん
ご心配をおかけしています。
治療しながら調子が良いとついパソコンに向かってしまいますので
一進一退の繰り返しです。
お母様もご心配ですね、
私より少し年長でいらっしゃると拝察しますが
どうぞお大事に。

18年前は還暦を過ぎたばかり、まだまだ元気でしたが
今は歳を取るという実感をかみしめています。
あっという間の18年なのか、ようやく18年なのか
過ぎた日を不思議な感覚で思い出します。

また雪の予報が出ました、そちらは暖かいのでしょう?


Commented by 松風 at 2014-02-13 17:45 x
MOMさん
お寒うございます。
お墓参りもコンサートも日が決められていることですから
余程のことがなければ中止は考えませんでした。
風花ともいえない白いものがチラチラして、
美しい”みなとみらい”でした。

年に一度のチャリティーコンサートは
不思議なことに毎年当たるのですよ。
募金箱に入れた何がしかのお金が、
被災地の子供のために貧者の一灯となれば、、、と
殊勝な気持ちになります。

2年越しのシクラメンが次々に開いて
部屋を明るくしてくれます。
花を見ながらの朝食は楽しいですね
ジャムの器は安曇野で無理を云って求めたものです。


Commented by time2022 at 2014-02-13 19:51
18年ですか…
寂しい寂しいとふて籠りをしてしまう私の気弱さと違って
凛と心隠して日々送る松風さんを尊敬します
雪の中行ってらっしゃったんですね
ご主人様は風邪引かないか心配なさったんじゃないですか
松風さんの心情に胸が熱くなりました
コンサート意義のあるコンサートですね
毎年いらっしゃるんですね…◔ ڼ ◔ 
Commented by すいれん at 2014-02-13 23:40 x
こんばんは。
18年ですか・・・・
私はもう30年以上になりました。
一緒に過ごした年月よりその後の方がずっと長くなって・・・・
「忘れねばこそ思い出さず候」とでもいった境地でしょうか。

「スーホの白い馬」、懐かしいですね。
私のところにはまだ絵本があります。
音楽とのコラボというと、例えば物語に出てくるような
馬頭琴の演奏もあったのでしょうか?

寒くてあまり出歩けない時期ですし、コンサートは気持ちが温まるひとときだったでしょう。よかったですね。
Commented by hohsi at 2014-02-14 11:01
松風 さん
墓地にも雪が残っていましたか?
足元が悪いのによく来てくれたと喜ばれていたでしょうね、
コンサートでは「スーホーの白い馬」
の朗読があったのですね (*^^)v
国語の教科書(小2or3年生)に出て来ます
孫達の音読に耳を傾けていたことが何度かあります、
孫の中にはとても感情がこもって音読する子もいて
じーんとなるお話でしたね。
Commented by 松風 at 2014-02-14 16:06 x
time2022さん
またまた大雪ですね、
雪降りはうれしいのですが、後が大変 (*_*;

七回忌が過ぎた頃、
ようやく気持ちが吹っ切れたような気がするのですよ。
あっという間なのか、のろのろと遅かったのか
時が過ぎることを不思議に思いますね。
最近はあちらの世界も知人が多くなりましたから、
今頃は下界を見ながらの雪見酒といったところでしょうかね。
いい気なものです!!

被害に会われた方がたには何もお手伝いが出来ませんから
せめてコンサートを聴いて、貧者の一灯としています。
Commented by reiko-pink-rose at 2014-02-14 16:16
こんにちは。
【スーホの白い馬】でしたか。
↑のお方も書いておられますが、
娘たちの小学生の頃音読していたのを思い出しました。
また、雪になりましたね。
Commented by 松風 at 2014-02-14 16:17 x
すいれんさん
2週続きの雪は迷惑なことですね、
温暖と言われるこちらも朝から降りっぱなし、
ずいぶん積もりました。
寿命は時を選びませんが、
もう少し良い季節にしてほしかったと愚痴が出ます。

すいれんさん、30年ですか、、、
お若い時で、その後のご苦労が偲ばれますが
しっかり生きていらっしゃること、見習わなければと思います。

「スーホの白い馬」は馬頭琴の演奏を楽しみにしていたのですが
残念ながら吹奏楽とのコラボだったのですよ。
でも素敵な朗読にほっとしました。

Commented by 松風 at 2014-02-14 16:28 x
hohsi さん、
昨夜から降り始めた雪は、まだ続いて静かな一日です。

日野公園墓地は先週の雪が片付けられず、
一面の雪野原のようでしたよ。
少しは残された者の都合も考えて
逝ってもらいたいと思いますよねぇ(+_+)

冷たい横浜でしたが
良い音楽を聴き
「スーホの白い馬」を懐かしみ、それはそれで楽しめました。
教科書にもなっているのですね。
こんなことしか協力できないわが身です。
Commented by 松風 at 2014-02-14 16:36 x
reiko-pink-roseさん
そちらも大雪のようですが、いかがですか。
まだ降り続くのでしょうかね、、、、

お嬢さんたちもこの物語を勉強されたのですか
私も久しぶりに聴いたのですが、良い物語ですね。
目を病んでいますので、音楽や朗読は大変助かっています。
YOU TUBEで改めて聞き直したのですよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 日曜名作座 お寒いことでございます >>