彼岸の墓参り

一日早い彼岸参りです。


あの猛暑にもめげす雑草は逞しく育っている

6月来た時には草の芽一つなかったのに、、、、

しっかりと根を張った草取りは道具を持たない手にはきつく

棒きれで掘り返し力任せに引き抜くと

涼しい日とはいえ汗が出る。




何処から種が飛んできたのか 雑草に混じっていた

これは可愛いのでそっと持ち帰ろう
e0143690_634057.jpg




あゝ 今日もバッタが現れた
e0143690_635379.jpg


考えてみるとこの数年、来る度に昆虫をが出てくる

大抵はバッタかチョウなのだが、

今日のバッタは動きが悪い

  バッタよ そこのけ そこのけ お邪魔虫

手で追い払うと飛び跳ねて墓石にしがみついている
e0143690_6355939.jpg




毎回のように昆虫が現れるのは

中にいる人の化身か 

寂しがり屋の人ではなかったけれど、

暗く湿っぽい中に一人いるのは飽きたのだろうか

「それだったら早く呼んでくれればいいのに 何時でもいいのよ」



このところ哀しみの知らせが相次ぎ

今も案じられる人がいて

少しばかりナーバスになっている所為か


これからは来る度に寂しさが増すことだろうが

逆に、心静かに手を合わせることが出来るかもしれない。
e0143690_6444196.jpg









昼がとうに過ぎ
家での昼食も侘しいこと
入った蕎麦屋さんにちょっとした違和感があったのは
ここは障害者の店だったのです。

元気のよい「いらっしゃいませ」の言葉が たどたどしいのです。
注文を聞き書くことも覚束ない
「お待ちどさま、ごゆっくりどうぞ」
e0143690_70856.jpg


”あらっ、お蕎麦がうどんに化けちゃった~”
うどんも嫌いではないので、そのまま食べ
レジでそっと「注文が違っていましたよ、気を付けてね」
店員さんはひたすら恐縮していましたが

店内は明るく掃除が行き届いて 真っ白なユニフォームは清潔 
それに美味しくて安かったから 
     まあいいか~
[PR]
by slowlifek | 2014-09-20 07:15 | 墓参 | Comments(12)
Commented by hohsi117 at 2014-09-20 10:27
松風さん  おはようございます   ♫
ひよっこり姿を見せてくれたバッタ君は絶対に
松風さんに逢いに来たご主人さまです、私は信じますよ、
元気そうに若々しく見えるバッタ君です
そんな事云っていると怒られますよ、
歳は取り去る気持ちで一緒に楽しみ見つけましょう。
そう云う私も朝は体の節々が痛くて頭が重い !
季節の変わり目は何時もこんなものなんですが。
Commented by 松風 at 2014-09-20 14:46 x
hohsi117 さん
季節の変わり目、年齢の変わり目に哀しみが続き
おまけに変チクリンなバッタまで出現して
衰えた頭はこんがらがった糸くず状態です。
それもやがて白鳥が見られる頃には解けましょう。
暗い記事でごめんなさい。
Commented by 125teru at 2014-09-20 15:01
今日からお彼岸ですね。
私も昨日にお墓参りを済ませてきました。
我が家の墓地の周りには親戚のお墓が一杯なんで^^;
先に掃除や墓花(購入分)を取り換えておかないと・・
普段は、家で咲いているお花をお供えさせてもらっていますが
お彼岸にはやっぱり購入したお花にしています。

私も義父の墓地にお参りの際には 一人でお話しますよ。
予期しない病気になり 義母も健在なので私が
先に逝くわけに行かないですもん!
守って下さいと勝手な事を言って頼んでいます。

何って馬鹿な事を考えてしまう時も有り
でも、生きさせて頂いている間は 精一杯に生きないと
罰が当たりますね。
訳の解らないコメント すみません(^^;

でも、このような病気をして命の大事さを
尚更 実感しましたので・・
Commented by fuchan_k at 2014-09-20 15:32
こんにちは〜♪
お墓参りは、昨日で正解でしたね。
私も昨日は、弟のお墓にお参りしてきました。

暑さ寒さも彼岸まで!だそうですが、年々 極端になって嫌ですね。
暑すぎても寒すぎても、身体がついていきません。

長年のご友人が、大急ぎで旅立たれてしまわれたのは
お寂しいことと思いますが、病み患いもせずに逝かれたのは
お幸せだったのかも知れませんね。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。




Commented by time2022 at 2014-09-20 16:20
散歩をしていたら真っ赤な彼岸花が咲き乱れていました
ついこの間暑さ寒さも彼岸までなんて
春彼岸を迎えたばかりと思っていましたが、もう秋彼岸なんですね
お訊ねするブログで
「行く先をもたざるわれも夕方になればせわしく先をぞ急ぐ」
という歌が載っていました
目標も予定も何も無い日々、何をしても何もしなくても我一人の暮らし
そんな意味だそうです
我が事のようでとても切なくなりました
お墓参りにいらしたんですね…
バッタさんに迎えられてご主人様のお気持ちが窺われますね
無縁墓が増えていると言われる昨今…
松風さんにお参りされてお喜びと思います…☝(๑’ᴗ’๑)
Commented by 松風 at 2014-09-20 18:29 x
125teru さん
お彼岸やお盆になると
石屋さんの仏花が急に値上がりするのですよ。
私は近くの花屋さんで間に合わせますが
庭に咲く花を供えるのは、いいことですね。

お姑様がご健在で、お嫁さんとしては
まだまだ責任重大ですね。
私は全部終わって 
今は自分のことだけを考える気楽者ですが
生きることに責任を持たなければいけませんね。
いろいろありまして
ついネガテイブになってしまいます。


Commented by 松風 at 2014-09-20 18:38 x
fuchan_k さん
弟さんのお墓はお近くですか、
何年経っても辛く思い出されますね。
お墓詣りは無信心者でも気持ちよいものです。
毎年息子たちが一緒なのですが
お墓詣りは一人がいいですね。

急速に涼しさが増して、直ぐに冬が訪れそう、、、、
灯油の注文取りが来て
今から暖房費の心配をしています。

5歳からの友人は羨ましい逝き方をしました。

Commented by 松風 at 2014-09-20 18:50 x
time2022 さん
我が家は宗教色がないのですが
やはり時期には足が向くのですよ。
広い公園墓地は新しいお花が供えられていますから
我が家だけみすぼらしいのもと、
高いお花を弾んでしまいます。

「行く先をもたざるわれも夕方になればせわしく先をぞ急ぐ」
なるほど、身につまされます。
この夏からいろいろありまして
気候の変わり目と共に、すっかり気落ちしています。
time2022さんはお元気になられましたか。
お大事にね。


Commented by suirenn2 at 2014-09-21 11:42
バッタさんは、そう、何かの化身・・・・・
我が家では彼岸の頃になると玄関ドアに蛾がとまっていることが何回かありました。
誰が訪ねてきたのでしょう?と思ったりして・・・・・

お墓参りにお出かけになる、立派なことです、エライわ~!
私など車の都合がつかなければ先送りです。
遠方まで電車やバスを乗り継いで行くのが億劫で・・・・

少しばかりナーバスに・・・・
哀しみが身に沁みるようになりましたね。
それも考えようによっては、歳を重ねてきた甲斐があったと言えるのではないでしょうか。
Commented by MOM at 2014-09-21 21:37 x
罰当たりなことに、わが家はお彼岸のお墓参りをしていません。
夫の仕事が忙しいのを理由に、気ままなお墓参りを続けています。
なんて横着者でしょう。
でも何度行っても叔母の化身にあったことはありません。
バッタが松風さんの化身なら、叔母は何になって出てきてくれるでしょう。
真剣に考えています。
Commented by 松風 at 2014-09-22 06:04 x
すいれんさん、おはようございます。
殊勝な気持ちはないのです。
清掃され新しい花が供えられている
回りの目を気にして掃除に出かけるのですよ。

毎回のように現れる昆虫にふと化身ではと
何時かどこかで読んだ小説を思い出していました。
信仰心など全く持ち合われないのですが
亡き人の化身では、、、などと思うのは
やっぱり年齢の所為ですかね。


Commented by 松風 at 2014-09-22 06:16 x
MOMさん、はようございます。
宗教色のない我が家ですが
仏教に習って掃除方々のお参りなのですよ。
私の愚痴こぼしの場でもあり
なるべく子どもたちとは別行動をしています。

叔母さまは津にいらっしゃるのですね。
遠く偲んで差し上げることもご供養ではあないでしょうか。
美しい黒チョウになって現れて下さるといいわね。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 青・蒼・碧 幼馴染が >>