鷺はどこへ

久しぶりに「千の川」沿いを散歩しました。
e0143690_10312739.jpg


今年は鷺の姿が少ないと聞きます。

川沿いの道をぶらぶらと遡りますと

河川工事の重機が唸りを上げて川を攫っているではありませんか。

そうか、これが原因だったのか
e0143690_10292494.jpg



水鳥の遊び場 休息の場であった枯草の砂地はなくなり

  やがて流れ豊かな川になり魚は戻りましょう。

  きれいになった川は衛生的にも良しでありましょう。


しかし、行き場を失った鳥たちは護岸壁際に押しやられ

わずかな水たまりを求めて浮かぶのは

工事中だけの事でしょうかね。


その中にも数羽の水鳥が点在していました。
e0143690_10295893.jpg




その日の帰り 同じ川の下流には

フェンスにじっと動かない鷺がありました。
e0143690_10344747.jpg

工場の屋根に逃げ場を求める鷺に もの悲しさを覚えます。
e0143690_10444476.jpg

[PR]
by slowlifek | 2015-01-18 11:02 | 散歩 | Comments(18)
Commented by hohsi117 at 2015-01-18 12:24 x
おはようございます 夕べはありがとうございました。
福島潟でも白鳥やオオヒシクイの群れと離れ
ぽつんと辺りを見渡したり、
水辺を真剣に見つめるサギが・・・
稲刈りの頃、あんなに多かったコサギの姿は
少ないです、
野鳥観測に詳しいブロガーさんから聞きました
温かい地域へ移動するそうです。
Commented by 松風 at 2015-01-18 13:37 x
hohshiさん
上流か河口近くの自然が残る場所は
生息できるのでしょうが、
工場地帯では次第に少なくなって
いくのでしょうね。

時折、珍しい鳥も見られるのですが
私の不勉強で名前が解らないのですよ。

Commented by fuchan_k at 2015-01-18 17:43
河川工事の関係で、餌になる小魚が少ないのでしょうか。
洪水を防ぐためとあらば、鷺さんには気の毒ですが
別の餌場を探してもらいましょう。
屋根の上のアオサギさんには、哀愁が感じられますね。
Commented by EPOM at 2015-01-18 19:04 x
松風さん
お直し承りました!

さて鷺は飛ぶ姿は一番美しいのに
止まっていると興ざめです・・・
飛び続ける定めなのでしょうか。。。
Commented by 松風 at 2015-01-18 19:38 x
fuchan_k さん
川の工事は致し方ないことです。
魚が増えれば鳥は戻るのでしょうかね。
どちらにしても街中の生き物は
次第に生息場所を狭まれて行くことでしょう。
工場の屋根に憩う鷺は
不自然極まりないですね。
Commented by 松風 at 2015-01-18 19:42 x
EPOMさん
決して急ぎませんので
よろしくお願いします。

優雅に飛ぶ鷺は時折見かけるのですが
カメラマンの覚束ない腕では
鷺にからかわれているようなものです。

Commented by MOM at 2015-01-18 20:34 x
木のぬくもりや柔らかい感触のないフェンスにとまっている姿を見るのはちょっと悲しいです。
川を広く綺麗にするのは悪いことではないのでしょうから、止めてとはいえませんね。
魚のいないところでは住めないのでしょうから、やはりここに留まるのでしょうか。
Commented by suirenn2 at 2015-01-18 23:55
こんばんは。
護岸工事やら埋め立てやら、人の暮らし優先でやらなければならないのでしょうね。
そのためにどれだけの動植物が苦難を強いられているか?
鷺の姿に哀しみが見えるようです。
・・・・・と、こう言ってしまうと感傷的ですが、
いいお写真ですね、1枚の写真にドラマがありますね~。
Commented by 松風 at 2015-01-19 07:28 x
MOMさん
「あちら立てればこちら立たず」
うまくいかないものですね。
全ての生き物が自然の恩恵を被って
生息するには、難しい現代です。
やはり人間さまを
優先していただきましょう

Commented by 松風 at 2015-01-19 07:42 x
すいれんさん
おはようございます。

そうですね、
感傷に耽る川縁の散歩でした。
どこもかしこもコンクリートに埋め尽くされ
土も砂も見えない地に住む生き物は
ストレス満杯でしょうね。
せめて川に戻ってくる小魚と
水鳥とが共存していかれますように。

Commented by time2022 at 2015-01-19 08:04
海辺の町も農村の方に行くと田んぼの中に鷺を見る事ができます
野生のものと出会うと、共存していると感じ心豊かになります
漁港では鳶とカモメが帰ってくる漁船を待ってて大変な騒ぎで、
銀鱗が踊り命が飛び交い、生きてる事を実感します…ლ(╹◡╹ლ).。.:✽
Commented by 湘南ジージ at 2015-01-19 08:16 x
松風さん おはようございます
車で通る度「せんの川」だったか「ちの川」だったか
いつも迷う不届き住民です
うちにジっとしていると お出かけ症候群が!!
今日はどこへ???
Commented by 松風 at 2015-01-19 09:37 x
time2022さん
こちらでも田んぼが広がる方面には
多く見られるのかも知れませんね。
そういえば田んぼもしばらく
見ていません。

サザンビーチにも漁港にも
カモメは滅多にお目にかからないのですよ
何故でしょうね。

Commented by 松風 at 2015-01-19 09:42 x
湘南ジージ さん
「せんのかわ」と申します。
昔は汚れて異様な臭いが漂って
近づきたくない川でしたが
きれいな散歩道も出来て
春にはサクラが咲き乱れます。
一度ご散策はいかが?
Commented by waremokou at 2015-01-19 13:14 x
不自然な場所に佇む鷺たちに居心地の良い場所を与えたいですね、
一過性の避難場所であればいいですね。
そういえば2020年カヌー会場、関係無い者でもまさか!!って思って見てましたが、「まさか!!」な事態にならなくて本当に良かったですね。
Commented by IKUKO-IF at 2015-01-19 14:26
こんにちは~
水鳥たちの環境も変わってしまうのは可哀そうですね~
渡りの鳥は来てみたら今までと違っているとなったら
行き場を求めて大変でしょうね。
Commented by 松風 at 2015-01-19 15:57 x
waremokou さん
水の汚染が広まったための清掃作業や
安全のための護岸工事で絶え間なく
騒音を立てています。
今は年度末を控えて予算を使い切るために
突貫工事中と聞きます。
来春には水鳥が戻って来ることを
願っています。

2020カヌー競技場のこと
お恥ずかしいながら知りませんでした。
これから勉強しますね。(*_*;


Commented by 松風 at 2015-01-19 16:02 x
IKUKO-IF さん
自然豊かな地方では考えられない
事情でしょうね。
何事も人間最優先時代、
生き物たちの生息場所は
どこになるのでしょう。

工事の後、魚や鳥たちが戻ってきますように
願うばかりです。
今日も鷺を求めて別の川を
歩いてきたのですが
殆ど見当たりませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鷺を探しながら クリニック巡り と バカな話 >>