人気ブログランキング |

観梅日和

二宮町の細い道は、たまに車が通る以外は、

人影もまばらに 静かに時間が流れている、、、

そんな中をゆっくり歩いて梅を見てきました。


「蘇峰堂」 

徳富蘇峰記念館の敷地内にある小じんまりとした梅園は

休日にも関わらず静まり返っています。
e0143690_1161782.jpg


ようやく開き始めた2分咲き程度の梅花がいかにも楚々として

満開より このころに咲き始める梅が私には一番美しいと思えるのです。
e0143690_1181275.jpg

紅梅が少ないのですが、早々と色を付けて
e0143690_1184485.jpg

今にも折れんばかりの古木に逞しく咲く白梅は

来年は咲いてくれるでしょうか。
e0143690_119937.jpg

敷地一面に咲き乱れるほどの水仙の香りが漂います。
e0143690_11100100.jpg





e0143690_11124058.jpg



 
 二宮駅ホーム
e0143690_11244099.jpg

           (ネットから拝借しました)

昭和20年のある日、

「がらすのうさぎ」 作者である高木敏子さんは

このホームで米軍の機銃掃射によって倒れる父を目にします。

映画は見ていないのですがYouTubeを見つけましたので

貼り付けしてみました。



戦争、それは

平和な農村地帯にさえも

牙をむいて襲い掛かり 犠牲者を出すのです。
e0143690_1142579.jpg

by slowlifek | 2015-02-12 11:31 | | Comments(18)
Commented by hohsi117 at 2015-02-12 12:13
どんな雰囲気の梅園へ行かれるのか楽しみにしていました、
長閑な好い感じの処・・・
話す会話の声も低くしたくなりますね、
足元の水仙も微かな香りを感じたり
本当に温かな時間に心も温まりそう。
「がらすのうさぎ」の題名は記憶にあります
こんな長閑な村が舞台だったのですね。
Commented by fuchan_k at 2015-02-12 12:47
そろそろ行かれる頃かな〜!なんて
思っていたところです。^^*

今年はまだ、吾妻山にも登っていません。
あっ、菜の花の香りはちょっと!の松風さんでしたね。

[がらすのうさぎ]を読んで、どうして?の想いが強まりました。
二度とこのようなことの起きない国であってほしいものです。
Commented by 松風 at 2015-02-12 14:20 x
hohsi117 さ
物足りないほど小さな梅園ですが、
宣伝も足りない所為か、人が少なく
私は大好きな梅見の場所です。
早過ぎとも思いましたが
ちらほら咲き始めた花に和みましたね、

あのお方も一緒なら尚よかったんですけど
来年を期待しましょう。
Commented by 松風 at 2015-02-12 14:26 x
fuchan_kさん
行ってきましたよ~。
祭日でしたから、
もう少し人出があるのでは
と覚悟していたのですが 、
平日より少ないとか。
昨日今日の暖かさで
花も開いたことでしょう。

曽我や熱海の梅林と規模が違いますから
圧巻とは言えないでしょうが
私向きの小さな梅園です。
駅前は吾妻山へ向かう人の行列で
下から見る山の上には人人人でしたよ。
Commented by 湘南ジージ at 2015-02-12 15:40 x
松風さん こんにちは!
コメントにはなりませんが 昨日録画しておいたTV映画
「永遠のゼロ」を観ています
原作は読んだのですが 映画を見ると又格別!
三寒四温で春はすぐ其処??
Commented by 松風 at 2015-02-12 16:50 x
湘南ジージさん
昨夜はテレビにしがみつきました。
辛いですね。

従兄はゼロ戦で戦死、
兄は霞ケ浦予科練入隊直後、
ゼロ戦特攻を希望しながら
肺病で亡くなりました。

梅の花は平和そのものです。

Commented by EPOM at 2015-02-12 19:19 x
松風さん
ぽかぽかと良き梅見日和でしたね
二宮は通勤圏ですからとそこに住まいを持った知人がいます。
横浜まで35分?
さて 仲良しさんと楽しいひと時でしたことね。
ガラスのうさぎ 女優さんの名前を忘れましたが
はっきりと予告編を憶えています。
Commented by 松風 at 2015-02-12 19:45 x
EPOMさん
コートを脱ぎたくなる陽気の中を
ゆっくりと梅の花見となりました。
本当はもう一人いたのにね、、、
と話しながら昼食後のコーヒーは
香り高く美味しかったですよ。
来年を待ちましょうね。
Commented by MOM at 2015-02-12 20:09 x
混雑がお好きではない松風さんにはうってつけの梅園ではありませんか。
静かでこじんまりしていてとても風情があります。
枯木が何十本も何百本もあって咲き誇っている梅園も目の保養なりますが、こういう静かなところは気分が落ち着きますね。
あ~ぁ、お近くでしたら金魚の何とかみたいに後ろからついて歩くのですが。
Commented by suirenn2 at 2015-02-12 20:39
雰囲気があっていいところですね。
静かにひっそりと・・・・
梅の花に相応しい楽しみ方かもしれません。
近ければ私も行ってみたいけれど、やはり、ちょっと遠い。

そういえば、吾妻山は二宮でしたね。
PCのお仲間が毎年のように出かけていますが、
行列ができるほどとは知りませんでした。
松風さんには梅と水仙の静けさがお似合いですね。



Commented by time2022 at 2015-02-13 08:06
寒さもやっと和らぎ昨日は良い陽気でしたね
梅園にお出かけですか
静かな良い所ですね…水仙も沢山咲き乱れて、素敵です
私は湯島天神で梅を見る事が多かったですが
お蔦、力の「別れ話は芸者の頃に…」のあの場面の境内は
梅祭りが催され、出店と人混みの中でした
そうか…梅見ってこんな風にしっとりと眺めるもんなんだ…と
今さらに感じ入りました
まだ一度寒波が来るらしいですけど、これから松風さんのお散歩始まりそうですね…楽しみです。◠‿◠。✿
でも、お風邪気を付けてください
Commented by 松風 at 2015-02-13 10:42 x
MOMさん
今朝の具合はいかが?
お大事にね。

人混みの少ない場所は
思うように見つからないのですが
この梅園は宣伝がないので静かなこと
この上なしです。
時季尚早の感もありましたが
私にはちょうどいいお花見になりました。


Commented by 松風 at 2015-02-13 10:43 x
すいれんさん
若い時は賑やか華やかを求めましたが
最近は人酔いをするようになって
自然人混みを避け、静けさを求めるようになりましたね。
落ち着いて見られる梅園ではありますが
こじんまりとしているだけに
何か物足りなさも感じますね。

吾妻山の菜の花見物は大層賑やかですよ。
菜の花の匂いが嫌で私は避けていますけどね。

Commented by 松風 at 2015-02-13 10:51 x
time2022さん
梅より水仙を見たという方が
よかった気がしますが
ちらほらと開き始めた梅の花は
楚々として可愛らしいものでした。
来年もまた行きたいと思っていますが
鬼に笑われそうね。

甥の合格祈願で
湯島天神は2度ほど行きましたが
大層な賑わいですね。
近頃は人酔いが始まって
スーパーの売り出し日さえも
気分が悪くなるのですよ。
自然静かな場所を選ぶようになりました。



Commented by IKUKO-IF at 2015-02-14 09:08
おはようございます。
梅に水仙と春を先取りさせていただきました♪♪
春の香りが漂ってきそうです。
「ガラスのうさぎ」は見てませんが名前は知っています。
20世紀は戦争の時代21世紀は平和な時代にと
言われましたがまだまだ各地で戦争が起きていますね。
武器輸出を進めるというこの国はどうなってしまったのでしょう・・・
私には理解できないことばかりです。
Commented by 松風 at 2015-02-15 17:12 x
IKUKO-IF さん
遅くなりました。
一年の内で最も寒い2月ですが
どうやら三寒四温を感じるようになりました
水仙、梅の香りがいっぱいの梅園です。

「がらすのうさぎ」は
娘たちが中学生の頃
学校図書館で勧められて
私も同時に読んだのですが
こんなに長閑な町にも
敵機の襲来があったようですね。
高木敏子さんの講演を涙して聞きました。



Commented by waku2-tuduri at 2015-02-16 13:51
こんにちわ。
周りに白い物が無いだけでも格段に陽の暖かさを感じます。
スイセンや梅花の膨らみを見るとそちらはもう確実に春ですね~。
一足も二足も遅れて追いかけますが、追い着くのを楽しみに・・・
それまで待ち遠しい「春」の景色を時々見せてくださいね。
山国にもこんな気配を感じるようになったら、
私も何処かへ行きたいな~
Commented by 松風 at 2015-02-17 07:51 x
waku2-tuduri さん
温暖といわれる地にいましても
寒い寒いの連続ですが
小さな梅園には水仙梅の香りがいっぱいで、
三寒四温を感じました。

今年雪降りの日がないのですよ。
昨年は今頃の大雪がありましたから
油断はできませんけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 内裏雛 ほんのちょっとハッピー >>