母の夢を見た

義弟の一周忌法要の連絡があった

七月末の暑さに辟易しそうだけれど、行かなければならない。

その夜、亡き人々を偲んでいた所為か、

ふた昔も前に亡くなった母が見覚えのある鮫小紋を着て夢に現れた。

しかも、母の横に後ろ向きに薄ぼんやりと見えるのは父だったような気がする


夫の一周忌が終わって間もないころ

不思議なことに美容院の鏡の中に立つ母を私は確かに見た。

母の顔を見たのはそれ以来二十年振りのこと。


八十を超えた娘を両親揃ってぼつぼつ来てもいいよと

迎えに来てくれたのかも知れない、

或いはお墓詣りに行かないことを咎め催促に来たのかも。

でもね、母さん、

昨年4月オフ会で松本を訪れた時

雨が降って大急ぎだったけれど お花と線香をあげたのに忘れたの

あちらの世にも物忘れはあるの?

遠いのだからそう度々は行かれませんよ。


「3月ではまだ死ねないね、

寒くて来てもらう人に申し訳ないから もう少し頑張るよ」と



5月、お寺さんの境内には藤がきれいに咲いていた。
e0143690_2334866.jpg

息を引き取る時期まで自分で決めていくなんて

きつかった母らしいと感心し、半ば呆れたものですよ。


翌年は夫が、数年後に義兄が

一昨年は弟が 去年は義弟と次々にいなくなった。

みんな悪い時期だった。

回りの涙の中で傍の迷惑など考えもしないかのように

当人たちは安らかな顔をしていた。

そして女四人が残った。


寂しい夜のざれごとです。
お墓の掃除に行かなければ、
きっと雑草がいっぱいでしょうね。


e0143690_2342347.jpg

e0143690_2342889.jpg

[PR]
by slowlifek | 2015-06-10 03:10 | 思うこと | Comments(13)
Commented at 2015-06-10 07:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nagotu3819 at 2015-06-10 09:30
松風さん、おはようございます。
夢の中にご両親がおいでになったなんて嬉しいじゃありませんか。
私は一生懸命に思っているのに、亡くなってから母は5年、父は32年経ちましたが、母は一度も夢の中に現れていません。妹に聞くと、私は死んだわけじゃないのに…などと、言うお父さんが夢に現れたとか。また別の妹は黙っている母がほほ笑んでいたとか。
私には全然よ。夢でもいいから来てよと思っています。
夢で逢えてよかったですね。
Commented by 松風 at 2015-06-10 09:33 x
鍵コメさん
まあ、そうでしたか
、、、、それはお寂しいことでしたね。
お静かに逝かれましたか。
何時かは迎えねばならないこと、
どうぞお力落しのありませんように。

ご無沙汰をお詫びいたします。
Commented by 松風 at 2015-06-10 09:48 x
nagotu3819さん
二十年振りの母にあえたことよりも
それより五十七年も経って父の薄れた姿が
初めてあったことに驚きました。
いっ時、お迎えが来たのかなと思いましたが
夜が明けましたら、もう少し生きていたいと欲がでる
いい加減な娘を案じているのでしょうか。

nagotu3819さんもご両親を亡くされたのですね。

Commented by hohsi117 at 2015-06-10 11:41
松風さん  
歳を重ねるごとに夢に出てくる母の顔が見える様に思えます、
この世で思ってくれる人が居なければ
あちらへ早く逝った方々は寂しいです、
時々憎まれ口や批判をしたり・・・
でも想い出すと云う事は大事ではと思っています
母は先週2日が命日でした。
Commented by time2022 at 2015-06-10 15:29
お母さまの夢を見られたんですか~♥♬
羨ましい…
あちらの世界の方と夢の中でコンタクトを取れたらどんなにいいかよく考えました
が、まゝならないもんで想う人になかなか会えません
今日もまた期待して目を閉じると思うのですが…
日々は流れて行きますね
Commented by 松風 at 2015-06-10 15:48 x
hohsi117さん
蒸し暑い日になりました。
私は冷たいのでしょうか
あまり母を恋しいと思わないのですよ。
むしろ、57年振りの父はどうなになっていたのか
知りたかったですね。
両親揃っていましたから、きっとお迎えだろうと
少しは期待もあったのですが、どうも夢に終わりそうです、
もうしばらくお付き合いくださいませね。(^o^)丿

お母様のご命日にはお詣りされましたか。
Commented by 松風 at 2015-06-10 16:06 x
time2022さん
お母様っ子だったのですね、(^^♪
今の境遇から尚更お母様を慕うお気持ちが
強いのではないでしょうか。

女丈夫とも云える強い母と私は衝突ばかりでしたから
私は今になっても母が特に恋しいとは感じないのですよ。
その分、両親は老いた娘を案じて現れたのかと思います。
夫のお墓へ行って両親によろしく伝えてもらいましょうか。

いつもお訪ねして名文を拝見しています。

Commented by fuchan_k at 2015-06-10 23:53
お迎えだなんてとんでもないですよ〜。
お元気で頑張っておられる姿を、ニコニコと見守っていらっしゃるのですよ。

七月末のご法事は、暑さの苦手な松風さんには厳しいですね。
これも、浮き世の義理!それまで体調を整えておいてください。

↓良いお話ですね。
若者言葉でいうとヤンキーさん風だったのでしょうか?
そうなんですよね〜、こういう子たちって突っ張っていても
気はやさしいのです。
Commented by 松風 at 2015-06-11 16:03 x
fuchan_k さん
妙なもので、どうせ迎えに来てくれるのなら
長年連れ添ったご亭主より父母に来てもらいたい
と思っています。
何時のことになるのやら、
憎まれっ子は当分お声がかりはなさそうで
困ったことです(*_*;

見かけだけで判断してはいけませんね
心して見極めるようにします。
Commented by IKUKO-IF at 2015-06-12 21:21
こんばんは~
私も良く夢を見ますが会いたい人はなかなか出てきてくれません・・・・
両親には生きている間に「ありがとう」が言えなかったし
大事な友達にも言えなかったし・・・・夢に出てきたら言えるかしら。
Commented by 松風 at 2015-06-14 06:45 x
IKUKO-IFさん
野暮用が続き、遅くなりました(-_-;)
普段はあまり夢は見ないのですよ。
親孝行など思いもしなかった出来の悪い娘でした。
亡くなってから親を思っても仕方ないこと、
”孝行は親が生きているうちにするもの”
改めて思い直します。
80年生きた今、後悔ばかりです。
Commented by MOM at 2015-06-15 21:11 x
お久しぶりでーす。

やっとパソコンを開きました。
私もお墓参りやお掃除に行かなければと思いつつ、なかなかいけていません。
松風さんほど遠方でもないのにね~。

息子の多大なる協力の下、孫守に励んでおります。
昨日から娘は東京に出張で、金曜日まで帰りません。
体より気づかれです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ニカラグア 人は外見ではない >>