銀シャリ

スーパーに七草粥セットが出ていました

お隣さんからご実家で作られた信州産の特等米と
野沢菜漬けをいただきました
つやつやした白米は食欲をそそります
おかずは何もいりません、
炊き立ての白いご飯と野沢菜の漬物 
これ以上のご馳走がありましょうか
e0143690_6464173.jpg



戦中戦後の食糧難の頃
白いご飯などお正月でも口に入らず
毎日が七草粥のような食事。
七草どころか大根と青菜に僅かなご飯粒
決して美味しいとは思えなかった。

農繁期、まだ小学生ながら
近所の農家へ田植や稲刈りを頼まれると
そこでいただく三度の食事に惹かれて
いそいそと出かけた。
山盛りの真っ白なご飯を「遠慮なく食べなさい」
お代わりをし、贅沢にも玉子を落とした具だくさんの味噌汁に
山ほどの野沢菜漬けとタクアン漬けでお腹はいっぱい。
帰りに持たされる白米と牛乳は手伝いの報酬、
母の喜ぶ顔を見るのは嬉しかった。
幼かった妹は降る雪を見上げて
「白米の雪が降ってきた」と叫んだ。

街中の大人も子供も
闇米取締りの目をかいくぐり
農家を訪ねて食料を乞う日が続く
線路際の雑草は摘み取られ
農家が捨てた枯れた大根葉を拾い
東京では闇物資を嫌って
わずかばかりの配給食糧のみで暮らす裁判官一家が餓死したという。
物々交換、夜中に父が農家へ運んだ総桐三段重ねの箪笥は
わずか一斗(一五キロ)の米に化けた


贅沢三昧の今
銀シャリを噛みしめながら苦しかった時を遡る夕餉でした。
[PR]
by slowlifek | 2016-01-05 07:22 | 思うこと | Comments(19)
Commented by time2022 at 2016-01-05 09:51
こんなお食事、私も大好きです~♥♬
特等米に野沢菜漬けなんて堪りません…ᕕ(→ܫ←)ᕗ⁾⁾
戦争中の悲惨な食糧事情は本当に大変な事だったでしょうね
私は戦後生まれですが電車などに乗った時、闇米の摘発で警官などが乗って来ると
知らない人から座っててと頼まれて荷物の上に座らされたりしたことを思い出します
今本当に考えられないですよね
私もこれから食事です…平和をかみしめて食べる事にします
Commented by IKUKO-IF at 2016-01-05 10:02
おはようございます。
私も白いご飯に野沢菜が大好きです!!!!
やはり信州人!!

私は戦後生まれですが戦時中のこうした体験は語り継いでいかなければと思いますし
知らなければいけないと思います。

Commented by hohsi117 at 2016-01-05 11:18
松風 さん おはようございます。
胸のキュンとなる今朝のブログでした、
ほんの少しお姉さんの松風さんですから
私が当時感じていた気持ちに比べてぐっとその思いは
現実見が心に深く感じられて居た事でしょう、
今 当たり前の様に好きな物を口に入れられる事
その有難さを思い返さなければ・・・です、
親達の苦労の上に今が有るのですから。
Commented by 松風 at 2016-01-05 13:55 x
time2022さん
タンパク質をとりなさい、ビタミンが足りない
塩分を控えなさいと言われますから
考えながら食べていますがいろいろ煩いことですね。
粗末な食事で80年以上も元気でいるのですから
今更あれこれ言われたくないのですけど
ご時世で仕方ないですね
白いご飯に漬物 最高です。


Commented by 松風 at 2016-01-05 13:59 x
IKUKO-IFさん
野沢菜の葉っぱを海苔のように広げ
熱々のご飯にかぶせて食べる、
そんな食べ方しませんでしたか。
信州人にはなくてはならない野沢菜漬け
美味しいですよね!
Commented by 松風 at 2016-01-05 14:06 x
hohsi117さん
昔の子供は大人の役に立ちましたね
特等米の香りと味をしみじみ感じながら
昔を思い出していました
苦しみの全ては戦争が原因
あの気ちがいじみた戦争がなければ 
とつくづく思いますよ。
当時の大人たちのご苦労は計り知れませんが
食糧難は子どもたちにも容赦はしませんでした。
豪華な食事も〆は白いご飯ですね。
Commented by MOM at 2016-01-05 16:44 x
松風さんのお話も胸が詰まりますが「オレオレ詐欺を防ぐのは俺だった」を見て不覚にも涙してしまいました。
今の私には心配して電話をかける親がいませんから、かけてもらうほうになりました。

お餅は毎日食べられませんが、白いご飯は毎日食べても飽きませんね。
私はお漬物はいただきませんが、ふりかけでも海苔をまいた塩結びでもおかずはいりません。
それが特等米ならなおさらです。
私の最後の食事は熱々のおいしいお米とお塩のお結びに海苔を巻いたのがいいです。
Commented by 松風 at 2016-01-05 19:42 x
MOMさん
「オレオレ詐欺を防ぐのは俺だった」というのは
テレビの話ですか?
私は見ていないので解らないのですよ。

農耕民族である日本人はやっぱりお米ですね
漬物とお味噌汁で育ったので多分塩分過多になるのでしょうが
いまの所は大丈夫のようです。
豪華な食事を欲しいとは思わない年齢になりました。
Commented by MOM at 2016-01-05 21:18 x
松風さんの今日のブログにくっついてましたよ。
Commented by fuchan_k at 2016-01-05 23:16
白いご飯は、噛めば噛むほど美味しいですね。
おっしゃるとおり、昔は誰にでも!とはいきませんでしたね。
農家生まれの私でも、供出とかいう制度のおかげで
麦を混ぜたご飯が多かったです。

それが今では、お米はあるけど御菜が買えない!という
貧困家庭もあるとか。
新聞の記事で目にした母子家庭では、ご飯にバターと醤油だけ。
今や、戦中戦後とは違う貧しさがあるのですね。

Commented by 松風 at 2016-01-05 23:36 x
fuchan_kさん
週末は寒さが来るようですね
今日もぜいたくな銀シャリで夕食が終わりました
やっぱり美味しい!
そうです、供出米制度がありましたね、年貢米と同じ。
男手のない農家では子どもたちも重要な労働力となって
割り当て出荷量を必死に生産していました。

コンビニやスーパーでは
賞味期限を読みながら食品の廃棄しています。
賞味期限って何を基準にしているのでしょうね。


Commented by jarippe at 2016-01-06 06:33
おはようございます
今のこのだらしない食事
飽食というのでしょうか
食べるもののために
苦労された方々に申し訳ないです
頑張って繋いでくださったから
今があるのに
このありさまを見たら何と思われるかと
時々思います
一粒落としたご飯も拾って食べなさいときつく言われたものです
時代がどうこうの問題ではないと思います
Commented by 松風 at 2016-01-06 07:38 x
jarippeさん
故郷産の特等米と野沢菜を味わいながら
ふっと子供の頃が蘇ってきました。
国中が大変な時代、よくぞ復興したと思います。
お弁当箱の蓋についた米粒 茶碗の縁の一粒も
箸でつまんで食べるように躾けられましたね
まだまだ食べられるのに賞味期限とやらで廃棄される食品を見て
ワンガ・マータイさんの”もったいな~い”が思い出されます。
Commented by 湘南ジージ at 2016-01-06 08:23 x
今年の正月は娘も来なかったので 老妻と二人っきりの新年でした
特別正月料理を作るわけでもなし!
スーパーから買って来た正月料理でチョンでした
今年も湘南オフ会を開かないといけませんね!
Commented by 松風 at 2016-01-06 09:35 x
湘南ジージさん
お風邪はいかがですか
我家の正月は子どもたちの都合で
皆さんの正月気分が抜けたころの
10日からですから
簡単にレストランで食事会になります。
多分焼き肉となりますが総勢9人、
母のフトコロは新年から寒風が吹きすさびます。
Commented by oss102 at 2016-01-06 17:13
あきのさんが見たらよだれを垂らすでしょうね。いえ、私だってこんな食事が最高です。!! 樺太から5年生の夏、引き揚げてきて、カボチャとトウキビばかり、成長期でもあったので、おできがひどくて、丸坊主にされました。少々色気づいてきた年頃で、辛かったです。;;;澱粉カスに入ったミミズをより分けて、団子汁になりましたが臭くて食べられません。今ではその思い出が財産になりました。(^◇^)
Commented by 松風 at 2016-01-07 05:32 x
oss102さん
本当にいろいろ食べましたね~。
コーリャン ふすま 米ぬか 雑草まで
食べられるものはすべて工夫しながら
大人はさぞ大変だったろうと思います。
それでも80過ぎまで元気で生きている
人間、大したものです。
 
Commented by suirenn2 at 2016-01-07 23:41
わ~、美味しそう!
特等米と地元産の野沢菜ですか、何と贅沢なことでしょう。
今日は七草、七草粥の日でしたが、しみじみと感じ入るものがありますね。

そういえば、家でも田舎にいた頃、母が田植えの手伝いに出たりしていました。
子ども達も一緒に夕御飯をいただける、それが目当てだったようです。
でも、それはそれとして、いまのこの時代に、食べることにも困っている人もいる、
育ち盛りに一日一食の食事すら満足に摂れない子ともがいる・・・・・・
それが日本の現実でもあるのですね。考えてしまいますね。

この一枚のお写真がいろいろなことを考えさせてくれます。

Commented by 松風 at 2016-01-08 18:51 x
suirenn2さん
おいしそうでしょう
本当に美味しいのです!
こんなに美味しいご飯を食べながら
思うことは暗く沈みます
ニコニコしながら食べないと罰が当たりますよね。

今日もコンビニでは賞味期限切れだからと
お弁当を廃棄処分していました。
ご飯に醤油をかけて食べている家族もいるのです
日本人の食生活、見直さなければなりませんね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ストーブ あけましておめでとうございます >>